ソードアート・オンライン

『ソードアート・オンライン14 アリシゼーション・ユナイティング』あらすじとネタバレ感想!

“公理教会”の象徴である白亜の塔“セントラル・カセドラル”。隔離された大図書室の賢者“カーディナル”の助けを借り、ユージオは整合騎士となってしまったアリスを“本当の姿”に戻すため、キリトはこのアンダーワールドの消滅を回避するため、最高司祭“アドミニストレータ”の待つカセドラル最上階、一〇〇階を目指す。そして到達した九十九階。キリトとアリスの前に現れたのは、整合騎士の鎧に身を包み、瞳に冷たい光を浮かべたユージオだった。躊躇いなく剣を抜くユージオを、やむなく迎え撃つキリト。旅立ちの日、遠い雷鳴に感じた戦いと別離の予兆は真実となってしまうのか。キリトの必死の呼びかけは、記憶を封じられたユージオに届くのか。アリシゼーション・人界編、完結!

「BOOK」データベースより

シリーズ第十四弾となる本書。

長く続いたアリシゼーション編に一区切りがつきます。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

奪われた記憶

激突するキリトとユージオ。

ユージオのシンセサイズの秘儀を破るには、アドミニストレータによって抜かれた最も大切している記憶を当てるしかありません。

これまでの旅を考えればアリスに関する記憶が妥当ですが、当のアリスが目の前にいてもユージオに何ら変化は見られず、違っていることになります。

答えが出ない中、思いがけないことが起こります。

ユージオは記憶を取り戻したかのように思えましたが、次の瞬間には青薔薇の剣の力を解放し、キリトとアリスを氷で縛ると上層階に姿を消すのでした。

誤算

キリトたちの呼びかけによって辛うじて意識を取り戻したユージオですが、それもそう長くは持ちません。

何としてでもその間にアドミニストレータを倒す必要があり、ユージオはカーディナルから授かった短剣を向けますが、アドミニストレータも対策をしていました。

今の彼女に金属武器で傷をつけることはできず、作戦はご破算になってしまいます。

それでもユージオは諦めず抵抗を続け、やがてキリトとアリスも追いつきます。

絶望

アドミニストレータ打倒の前に、元老長のチュデルキンが立ちはだかります。

ふざけた相手ですが、神聖術には誰よりも長けていて圧倒的な力を見せつけますが、三人は協力してこれを撃破。

残るはアドミニストレータだけでしたが、彼女は余裕を崩しません。

それもそのはず。

アドミニストレータには、誰も敵わないような秘策があったのです。

スポンサーリンク




感想

ついにアンダーワールドにおける悪である、アドミニストレータが本格的に登場します。

その強さはラスボスにふさわしいものですが、それ以上に自分以外のことを考えられない性根が悪意で満ち溢れていて、発する言葉の一つ一つに嫌悪感を覚えずにはいられませんでした。

これまで何度も奇跡を起こしてきたキリトたち三人すらも凌駕するアドミニストレータですが、そこで奇跡が起きます。

この展開が本当に胸熱で、アリシゼーション編のひと段落にふさわしい怒涛の展開、結末だったと思います。

しかし、本書を読んでほっと一息つけるわけではありません。

リアルワールドの方ではすでに別の問題が起きていて、そこに依存するアンダーワールド側もそれに巻き込まれていき、キリトはさらなる戦いに誘われることになります。

なお、次巻からはアスナなどリアルワールドにいる懐かしい登場人物たちの活躍の場が一気に増えそうなので、シリーズ通してのファンの人にとってはたまらない展開になると思います。

おわりに

長かったアリシゼーション編に一区切りがつきましたが、本当の戦いはこれからです。

精神的に堪えるエピソードが続くので読み進めるのに苦労すると思いますが、それだけの価値のある内容になっているので、ぜひ次巻以降も引き続き楽しみたいと思います。