ソードアート・オンライン

『ソードアート・オンライン13 アリシゼーション・ディバイディング』あらすじとネタバレ感想!

「咲け、青薔薇」“公理教会”の象徴である白亜の塔“セントラル・カセドラル”、最高司祭“アドミニストレータ”の待つ最上階を目指すキリトとユージオ。ついに二人は、“金木犀”の整合騎士アリスと再び対面する。しかし、キリトとアリスの“武装完全支配術”が暴走して塔の外壁を破壊、二人はカセドラルの外へと投げ出されてしまう。キリトと離ればなれになったユージオは、相棒の存命を信じ、単身塔を上り続ける。そんな彼の前に現れたのは、最古にして最強の整合騎士、ベルクーリ・シンセシス・ワン。子供の頃から憧れていた伝説の武人を前に、ユージオは青薔薇の剣を抜く。その決闘の結末は、一人の剣士の誕生により幕を閉じる。キリト不在の中、ユージオは整合騎士の鎧に身を包み、瞳に冷たい光を浮かべ―。

「BOOK」データベースより

シリーズ第十三弾となる本書。

ようやく本格的な戦いが始まり、最後の敵が見えてくるなどアリシゼーション編がいよいよ盛り上がってきました。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

不信感

キリトとアリスは前巻の戦いでカセドラルから落ち、キリトが壁に剣を突き立てることでギリギリ持ちこたえました。

命の危機が迫る中、二人はお互いの主張をぶつけ、やがてアリスの中に迷いが生じ、彼女はキリトからの一時休戦を受け入れます。

二人は協議の結果、壁を登って内部に戻る方法を選択します。

順調に上層に向かいますが、そこで待っていたのはガーゴイルの姿をした石造でした。

動き出した石造を撃退する二人ですが、それはダークテリトリーの暗黒術師が作り出すミニオンと呼ばれる魔物で、本来、人界で一番神聖なこの場所にいるはずがありません。

この一件がきっかけとなり、アリスの教会に対する不信感が生まれることとなりました。

壮絶な戦い

一方、キリトと離れ離れになったユージオは一人でカセドラルをのぼり、そこで整合騎士長・ベルクーリと遭遇します。

相手の実力に加えて自穿剣の持つ武装完全支配術の絶大なる威力もあり、ユージオは劣勢に立たされます。

しかし、ユージオもここで引き下がるわけにはいきません。

そこで自身の持つ青薔薇の剣の武装完全支配術を発動させ、ギリギリの勝負に持ち込みますが、そこで予想外の横やりが入ってしまいます。

矛盾

キリトは、記憶を書き換えられる前のアリスの人生について語ります。

それは整合騎士であるアリスには受け入れられない内容でしたが、全てを知りたいと願う気持ちを抑えられず、引き続きキリトと行動を共にします。

しかし、そこでアリスの右目にもユージオの時と同様、アラートの表示が出ます。

キリトはそこに矛盾を感じました。

ラースが仕込んだことであれば、アンダーワールドで行っている実験の成功を遅らせることになり、それをする意味がありません。

つまり、ラース以外の人間が介入している可能性があります。

キリトはこの場で答えは出せませんでしたが、アリスは自身の考えすら操作されていることに怒りを覚え、最高司祭アドミニストレータと戦うことを明確に示します。

そして、ユージオと同じく、右目を失うのでした。

スポンサーリンク




感想

これまでアリスを助けることが物語の目的でしたが、そのアリスが本書にて三人目の主人公として動き出します。

キリトから自分の知らなかった真実を告げられ、それに抗おうと立ち上がる。

美しさと強さを兼ね備えたそのキャラクターは、次巻以降でさらに活躍すること間違いなしです。

そして、二人目の主人公であるユージオがまさかの敵として再登場します。

衝撃的なことであることはもちろんのこと、彼との戦いにおける心理描写においてキリトが彼のことをいかに大事に思っているのかが分かり、とても辛い展開となりました。

どちらかが倒れるまで戦いは続くのか。

ユージオを元に戻す方法はあるのか。

次巻に向けてますます盛り上がってきました。

おわりに

いよいよアドミニストレータが登場し、クライマックスに向けてより一層高まってきました。

親友同士の戦いの末に何があるのか。

次巻にさらなる期待をしたいと思います。