ソードアート・オンライン

『ソードアート・オンライン16 アリシゼーション・エクスプローディング』あらすじとネタバレ感想!

暗黒神ベクタことガブリエル・ミラー率いる侵略軍50,000に対するは、整合騎士ベルクーリ率いる人界守備軍5,000。“天穿剣”ファナティオをはじめとする整合騎士は、数的劣勢を跳ね返すべく奮闘を続けるが、敵軍・山ゴブリン族は奸計を用いて防衛線をすり抜け、彼方の補給部隊を狙う。心神喪失状態のキリトを守る少女練士ロニエとティーゼに危機が迫る。更に、侵略軍一の奸智を誇る暗黒術師ギルド総長ディー・アイ・エルもまた、恐るべき大規模術式によって守備軍の殱滅を図っていた…。そしてアンダーワールドへログインしたアスナの行方は―!

「BOOK」データベースより

シリーズ第十六弾となる本書。

ついに戦争の火ぶたが切って落とされました。

これまでにない規模の戦いが両軍から犠牲者を出す中、ついにアスナも参戦します。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

アンダーワールド大戦

ついにダークテリトリー側の五万の軍勢が人界に侵攻を開始します。

それに対して人界側も整合騎士が中心となって迎え撃ちます。

アリスも前線に立ち、キリトのことはかつての後輩、ティーゼとロニエが護衛してくれています。

これまでの戦いと違い、これは戦争でした。

両者ともに多くの犠牲を出しても戦いは終わらない。

親しい者が亡くなっても悲しむ暇のない、まるで地獄のようでした。

敵の目的

戦いの中で、人界側は相手の狙いが光の巫女なる存在であることを知ります。

誰もその存在について知りませんが、のちにアリスのことを指していることを知ります。

アリスはその目的を逆手にとり、自分が囮になった作戦を提案します。

一方、相手にも大きな動きがあります。

暗黒術師、ディー・アイ・エルは整合騎士を排除するための大規模術式を用意していて、その源となるのは三千ものオークの命でした。

救援

戦いが苛烈さを極める中、天から一人の女性が舞い降り、圧倒的な力で敵を倒します。

それは創世神ステイシアのアカウントでアンダーワールドにログインしたアスナでした。

アスナはステイシアに付与された管理者権限『無制限地形操作』によって戦いを一気に人界有利に持ち込むことに成功します。

そして、ついにキリトとの再会を果たし、今度は彼を守って戦うことを誓うのでした。

スポンサーリンク




感想

整合騎士の圧倒的な強さを改めて認識するとともに、戦いにおいて数の有利を覆すことがいかに難しいのかがよく分かる内容でもありました。

メインキャラクターはもちろんのこと、この戦争では味方敵ともに脇役にもちゃんとスポットライトが当たり、それぞれの見せ場が用意されています。

誰もが自分の思いを抱えて、自分の理想のために戦いに臨む。

これだけの人数をしっかり把握し、書きこなす著者の川原さんには脱帽です。

一方で、戦争という規模の都合上、視点が数ページごとに切り替わるので、慣れないと何が何だか把握できないという人も出てくるかもしれません。

正直、対局だけでも理解できていればそこまで支障はないので、まずは雰囲気だけでも存分に味わうのが良いのではないかと思います。

おわりに

まだ戦争は始まったばかりですが、序盤から盛り上がりっぱなしです。

次巻からはシノンとリーファも参戦しますので、ますます熱い戦いになりそうです。