ミステリー

『狐火の家』あらすじとネタバレ感想!防犯探偵・榎本シリーズ第二弾は短編集

長野県の旧家で、中学3年の長女が殺害されるという事件が発生。突き飛ばされて柱に頭をぶつけ、脳内出血を起こしたのが死因と思われた。現場は、築100年は経つ古い日本家屋。玄関は内側から鍵がかけられ、完全な密室状態。第一発見者の父が容疑者となるが……(「狐火の家」)。表題作ほか計4編を収録。防犯コンサルタント(本職は泥棒?)榎本と、美人弁護士・純子のコンビが究極の密室トリックに挑む、防犯探偵シリーズ、第2弾!

Amazon商品ページより

防犯探偵・榎本シリーズの第二弾となる本書。

前作と違い、表題作を含んだ四つの短編・中編で構成されています。

密室にこだわっている点は変わりなく、前作に登場した登場人物も何人か登場しますので、前作を読んでいれば読まない手はありません。

一方で、防犯コンサルタントの榎本と弁護士の青砥純子はあくまで狂言回しのような役割で、前作を読んでいないと話が分からないということはほとんどありません。

そのため本書がシリーズ初読書になったとしても問題ありませんので、防犯探偵・榎本シリーズを初めて読むという人もぜひお楽しみください。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

狐火の家

長野県の旧家で、中学三年生の西野愛美の死体が発見されます。

死体の状態から他殺は明らかでしたが、現場の西野家は密室。

家から外に出た痕跡はありませんでした。

そうすると、犯人として考えられるのは死体の第一発見者である父親だけ。

父親には弁護士がつきますが、密室の謎が解けないことには弁護方針が決められないということで、前回の事件で密室に強いといわれるようになった弁護士の純子も呼ばれることになりました。

しかし、前回は純子ではなく榎本の功績が大きいので、純子一人の手に負えるはずがありません。

純子は恥を覚悟の上で榎本に依頼し、二人で密室の謎に挑みます。

周辺からは西野家を出ていった長男・猛の仕業ではないかとささやかれますが、彼の姿はどこにも見当たりません。

まるで発光している本体とは別の場所に現れる狐火だという言葉から、事件の意外な真相が見えてきます。

黒い牙

蜘蛛愛好家の桑島雄司は、あろうことか猛毒を持つ蜘蛛に噛まれて亡くなってしまいます。

扱いには慣れているはずなのに、なぜこんなことになったのか。

純子は蜘蛛への恐怖を抱きながらも調査を進めます。

桑島の友人で、同じく蜘蛛愛好家の古溝。

桑島の妻で、蜘蛛が大嫌いな美香。

どちらかが意図的に桑島が蜘蛛に噛まれるよう仕組んだ可能性もありますが、現場はまたしても密室で、このままでは犯行方法が分かりません。

純子は再び榎本の手を借り、謎に挑みます。

スポンサーリンク




盤端の迷宮

将来有望な棋士・竹脇が何者かによって刺殺されているのが発見されます。

現場は密室で、警察のハゲコウこと鴻野に呼ばれて榎本が調査に乗り出します。

亡くなる前、竹脇は純子の弁護士事務所に電話していたことが分かっていて、現場は密室でした。

またしても榎本と純子は二人で密室の謎に挑むことになりますが、謎を解くヒントは将棋にありました。

犬のみぞ知る Dog knows

『硝子のハンマー』に登場した松本さやかの依頼で、純子は彼女の所属する劇団の座長が殺害された事件に首を突っ込むことになりました。

事件当時、アリバイのない劇団員は三人で、さやか含めて複数の劇団員が看板男優の飛鳥寺鳳也が犯人だと断言します。

座長の家には呑龍号というよく吠える犬が飼われていて、事件当時は吠えていませんでした。

ある意味、密室になっていたということになります。

皆の期待がのしかかる中、純子はやはり一人では解決できず、榎本を呼び出して事件解決に挑むのでした。

スポンサーリンク




感想

レパートリー豊かな密室

本書にはタイプの違う四つの密室が登場し、あれでもないこれでもないと別解潰しをしながら推理を進めていきます。

どれも緻密にかつ大胆によく練られていて、榎本と純子が可能性を丁寧に一つずつ潰していってくれるので、モチベーションを維持したまま推理に臨むことができました。

個人的には『黒い牙』のトリックが気に入っています。

大胆な発想からくるトリックと、犯行の様子を想像した時の気味悪さが極上で、短編とは思えないほど読み応えがありました。

あくまでメインは密室

本書を読んでいて面白かったのは、あくまでメインは密室であり、犯人が犯行に至る経緯だったりその後の結末をあまり重視していない点です。

密室の謎が解けたらそこで終了で、犯行を暴かれた後の犯人の描写はほぼありません。

潔いともいえますし、ちょっと情緒に欠けるといえなくもありません。

どうしても犯人の人間的な部分をしっかり描こうとすると長編になってしまうので、短編としてはこれくらいでちょうど良いのかもしれません。

コメディもいける

貴志さんの作品といえば何らかの形で恐怖を含んでいることが多いので、『犬のみぞ知る Dog knows』のコメディに振り切ったあの愉快さは意外でした。

『神のみぞ知る God knows』のオマージュともいえるタイトルもそうですし、登場人物が平気な顔で人のことを犯人扱いするなど、小説だからこそ面白さを発揮する内容だと感じました。

こんな話も回せてしまう榎本と純子は本当に汎用性が高いのだと感心し、彼らがいれば今後も違った面白さを持つ密室が読めそうで楽しみです。

おわりに

シリーズと銘打っているものの、作品ごとの関連は薄く、榎本も純子も狂言回しに徹しているので、順番に関係なく読める緩さが気に入りました。

このシリーズをもとに大野智さん主演でドラマ化された『鍵のかかった部屋』も好評だったようなので、ぜひそちらもチェックしてみたいと思います。

次の話はこちら。

貴志祐介さんのランキングを作りました。