ミステリー

『硝子のハンマー』あらすじとネタバレ感想!あらゆる可能性を潰して密室の謎を解くミステリ

日曜の昼下がり、株式上場を目前に、出社を余儀なくされた介護会社の役員たち。エレベーターには暗証番号、廊下には監視カメラ、有人のフロア。厳重なセキュリティ網を破り、自室で社長は撲殺された。凶器は。殺害方法は。すべてが不明のまま、逮捕されたのは、続き扉の向こうで仮眠をとっていた専務・久永だった。青砥純子は、弁護を担当することになった久永の無実を信じ、密室の謎を解くべく、防犯コンサルタント榎本径の許を訪れるが―。

「BOOK」データベースより

『防犯探偵・榎本シリーズ』第一弾である本書。

弁護士・青砥純子と防犯コンサルタントの榎本径という異色コンビが主人公で、それぞれの長所を活かしながら密室の謎に挑みます。

しかもただ密室の謎を推理するのではなく、明らかに有り得ない馬鹿げた考えすらも口にしてあらゆる可能性を潰すという『別解潰し』という手法を採用しています。

これによってミステリに詳しくない読者でも推理の筋道が見えやすくなっていて、エンタメとしてだけでなくミステリの考え方を知る上でも大切な一冊です。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

密室殺人

老人や障害者の介護を行う会社・ベイリーフは来年、株式上場を控えていました。

社長や副社長、専務にその秘書たちは土日関係なく出勤し、ビルの警備員にとってそれは日常茶飯事でした。

そんなある日、ビルの窓の清掃員が外から倒れている社長を発見。

そのことを伝えて社員たちは社長室に入りますが、社長はすでに亡くなっていました。

後頭部に打撲の痕がありますが、部屋は密室であり、誰かが部屋の中で犯行に及んだという証拠がありません。

唯一、防犯カメラに映らずに社長室に入れるのが専務室で、それだけの理由で専務は殺人の容疑をかけられてしまいます。

弁護士と防犯コンサルタント

専務の家族から依頼された弁護士・青砥純子はこの密室を崩すことが出来ず、防犯コンサルタントの榎本径に密室崩しを依頼します。

榎本は防犯のプロであると同時に泥棒としても現役でもあり、警察ですら思いつかない方法を武器に密室に挑みます。

しかし、一方を立たせればもう一方が立たず、という具合に推理は一向にうまくいきません。

純子も思ったことを口にしますが、頭の良さと天然の入り混じった推理はほとんどが的外れでした。

それでも純子の言葉にもヒントがあり、二人は少しずつ可能性を潰していきますが、依然、密室は崩れません。

読者からすると、このまま謎は解かれずに迷宮入りするのではと一抹の不安が脳裏をよぎります。

真相はどこにあるのか

密室が崩れないまま三〇〇ページ以上が進み、今度は視点が一気に変わり、犯人の視点から犯行に及ぶ経緯までが語られます。

その手口は非常に巧妙で、これでは榎本も純子も分からないのも仕方ないと頷くしかありません。

では、どのようにして榎本と純子は真相にたどり着くことが出来るのか。

事件はどのようにして結末を迎えるのか。

六〇〇ページ近くあるのでかなりのボリュームですが、後半にいくほど加速度的に面白くなってくるので、ぜひ最後まで密室の謎をお楽しみください。

スポンサーリンク



感想

ミステリが好きになる

ミステリ好きであれば、そこに密室があればどうにかして密室でないことを証明したくなるはず。

もちろん本書の密室は、そういった欲望を掻き立て、満たしてくれます。

一方で、密室のみならずミステリにあまり馴染みのない人にとっても、本書は入門書となりえる可能性を秘めています。

ミステリは主に探偵役によって解説されてスッキリしますが、難解なものだと理解が追いつかず、スッキリするどころかモヤモヤが募るばかり、なんてこともあります。

しかし、本書は違います。

榎本と純子が次々に推理を披露してくれて、その案を潰すうちに問題の争点が分かるように出来ています。

しかも純子の推理は口にするのも憚られるほど安直だったり稚拙なものもあるので、これなら自分も思いついたと読者は勇気づけられるはずです。

また『別解潰し』はミステリを作る側にとっても有益で、どのトリックにどんな穴があるのか丁寧に教えてくれるので、創作に携わる人にとっては非常に参考になるでしょう。

登場人物が魅力的

推理モノとしてももちろん優秀ですが、本書がここまで面白いのはやはり物語の中心に榎本と純子がいるからです。

自分の好みの女性に自分の能力を見せつけるように知識を披露する榎本。

純粋な正義に溢れ、抜けているように見えてたまに鋭い観察眼を見せつける純子。

真逆といってもいいほどの二人だからこそ、合わさった時の魅力が抜群で、つい作品に引き込まれてしまうこと間違いなしです。

怖くない貴志作品

貴志祐介さんの作品といえば『黒い家』、『クリムゾンの迷宮』、『新世界より』、『悪の教典』などジャンルが違えど恐怖が内包されています。

怖いものが苦手な人にはどの作品もあまりオススメできません。

しかし、本書は貴志作品にしては珍しく怖さはありません。

密室殺人を中心に据えながらも推理の過程はまるでコメディで、重たいパートを除いては楽しんで読むことが出来ます。

なので、以前に貴志作品を読んで警戒している人も、安心してお読みください。

おわりに

密室の魅力がこれでもかと詰まった作品で、ミステリすらも得意ジャンルのように書いてしまう貴志さんにはもう脱帽です。

六〇〇ページ近いボリュームから手にとるのを躊躇してしまいがちですが、読み始めてしまえば後は作品に没頭するだけですので、ぜひ騙されたと思って読んでみてください。

次の話はこちら。