読書をより楽しむ

ライトノベルってどういう意味?定義から一般小説との違いまで

 

こんばんは、ハルトです。

今日のテーマですが、「ライトノベルってどういう意味?」です。

 

ライドノベルという言葉が一般に知れ渡っていますが、じゃあどういう意味? と聞くと皆さん答えがバラバラというのが現状です。

そもそもライトノベルの定義自体が曖昧なので、それも致し方ありません。

 

そこで今回はライトノベルの誕生の経緯から、その意味まで解説していきたいと思います。

・ライトノベルの誕生

 

ライトノベルという言葉が誕生したのは1990年代初めといわれています。

参照は以下の記事。

d.hatena.ne.jp

 

一部を引用すると、

『「ライトノベル」という和製英語は、1990年代初め、SFやファンタジー小説ファンが集ったパソコン通信の電子会議室で生まれた。名付け親は、同会議室のシスオペ(管理人)を務めた神北恵太さん(45)。「70年代に創刊されたコバルト文庫やソノラマ文庫の少年少女向け小説について、ひとくくりにできる新しい名前が必要だと考えた」と振り返る。漫画のようにスピーディーな「コミックノベル」、あるいは「ニート(Neat)ノベル」などの案も考えたが、結局「軽やかな=ライト」に落ち着いた』

 

とあります。

アニメなどと並んでオタクの読むものみたいな偏見が未だにありますが、始まりはかなり昔にあったようです。

 

今も昔も人間の欲求にそう差はないみたいですね。

スポンサーリンク



・そもそもライトノベルとは?

 

これが難しいところですが、ライトノベルの特徴を以下に挙げてみました。

 

・主に若年層(主に10代~20代)をターゲットにした軽妙な文章が特徴で、キャラクターとストーリーを重視している。

・通常の小説と比べると、挿絵が多い。

・出版社がライトノベルとして出版した作品、もしくはライトノベル専門のレーベルが出版された作品。

・漫画やアニメのような虚構の世界を写生する作品

 

ざっと並べただけでもこれだけあり、この特徴でくくってしまうと大概の作品がライトノベルに含まれてしまうことになります。

そのため、分かりやすい判断基準として、ライトノベル専門のレーベルから出版されているのか、または作者自身がライトノベルを自称している場合は、ライトノベルとして扱ってよいと思います。

 

レーベルとして、電撃文庫やMF文庫などがこれに当たります。

一方で、メディアワークス文庫など表紙がアニメタッチなイラストで、かつ挿絵があるなどライトノベルの特徴に当てはまりつつも、キャラを活かした上で正統派な文章と物語が売りですよ、というコンセプトで、ライトノベルから一般文芸への橋渡し的な役割を担うレーベルも登場しています。

 

僕もよく読みますが、ライトノベルと誰かが言ってもそれはそれでおかしくないような気がします。

もはや誰がどう捉えるか、という問題な気がします……。

 

またライトノベル自体、誕生してから数十年経ちますので、当時少年少女だった方々も三十代、四十代になり、十代向けという定義も、もはや意味をなさなくなっています。

さらにレーベルの件を深堀りすると、一度ライトノベル専門のレーベルから出版され、後に角川文庫など一般文芸のレーベルで再出版されるケースもあります。

 

そうとは知らずに手に取り、読んだ後も一般文芸だと思い込み、しかし実はライトノベルでした、なんてこともままあります。

極めつけは、「源氏物語」や「南総里見八犬伝」にライトノベルと共通の特徴があるなんて議論もあるそうです。

 

ここまでくると、よくやるなと感心してしまいます。人間というのは、定義しないと何かと不安なんでしょうかね? という僕も気になってこういう記事を書いているので、人のことは言えませんが。

まあとにかく、定義を決めることにあまり意味はなく、その時代に合った形に変わっていくライトノベルをぼんやりと捉える、その程度で良いと思います。

 

宝島社から発行するガイドブックである「このライトノベルがすごい!」ではアンケートがとられるが、アンケート対象は「回答者がライトノベルと思う対象期間内の作品であれば投票可能」としていますので、まさにその通りだと思います。

以上、はっきりとしたことは分かりませんでしたが、あまり先入観にとらわれずに、様々な作品と触れ合うことをお勧めします。

 

触れ合った数だけ人生は豊かになると信じ、これからも僕は本を読んでいきたいと思います。

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

created by Rinker
¥1,480
(2019/04/22 14:27:28時点 Amazon調べ-詳細)
本をネット注文するならAmazonプライム!

 

本好きなあなた、ネットショッピングが好きなあなたにおすすめしたいのが『Amazonプライム』です。

年間プラン4,900円(税込)、または月間プラン500円(税込)と、ちょっと高く感じますが、30日間無料で以下の特典を得ることができます。

 

・配送料が無料で、対象商品はお急ぎ便、お届け日指定便も無料で利用できる。

→通常、2,000円以下の買い物では地域によって違いますが400~440円の配送料がかかり、お急ぎ便などオプションを利用するとそれ以上かかります。本や日用品などで少額の買い物を月に一回以上するのであれば、配送料だけで元がとれます。特に本は少額になりやすいので、一冊から気兼ねなく買えてとても便利です。

 

・Prime Now

→Amazonの商品が最短2時間で届きます。対象エリアが東京都・神奈川県・千葉県・大阪府・兵庫県の一部なので恩恵を得られる方は限られますが、急ぎで欲しい時にめちゃくちゃ便利なサービスです。対象エリアはこちら

 

・Prime Video

→会員特典対象の映画やTV番組が追加料金なしで見放題です。対象の作品はこちら。ちなみに『すべてのビデオ』を選択すれば、レンタル、購入できる作品も選択できます。

 

・Prime Music

100万曲以上の楽曲やアルバム、プレイリストを広告の表示なしで楽しむことができます。詳細はこちら。また邦楽アーティストについて力づくで調べてくださったユーザーの方がいらっしゃったので、こちらも参考にどうぞ。ただし、削除されているアーティストもいる可能性があるので、ご了承ください。

 

・Kindleオーナーライブラリーの利用

→対象タイトルの本の中から1か月に1冊、無料で読むことができます。ただし、利用するにはKindle端末またはFireタブレットが必要です。詳細はこちら

 

・Prime Reading

→対象のKindle本(雑誌、マンガ、Kindle Singlesを含む)が読み放題です。対象作品はこちら。正直、物足りない気もしましたが、僕は辻村深月さん、池井戸潤さんの作品があって嬉しかったです。

 

この他にも特典が数多くあり、『配送料+以上の特典のどれか一つ』が一致するようであれば、十分利用する価値があります。

 

あなたは以下のことに当てはまりますか?

・毎月何かしらの本を買っている

・欲しい本は決まっている

・近くに書店がない

・電子書籍よりも紙の書籍が良い

 

もし当てはまるのであれば、『Amazonプライム』が断然おすすめです!

 

僕の場合、

・本を一冊から躊躇なく買える

・飲み物を箱買いする時、無料で時間指定できるので間違いなく受け取れる

・お急ぎ便で午前中までの注文なら当日、18時くらいまでの注文なら翌日受け取れることが多い。しかも無料!

 

以上のメリットがあるため、もうヘビーユーザーと化しています。

今なら30日間無料なので、ぜひお試しください!

 

また手軽に、今まで読んだことのない様々なジャンルの本に挑戦したいという方には『Kindle Unlimited』がおすすめです。

月額¥980で、豊富な本、コミック、雑誌および洋書が読み放題なので、読みたいけど買うにはちょっと…と思う作品も気軽に読むことが出来ます。

中には数万円の書籍もあるので、予想以上にお得です。まずは30日間無料体験を利用してください。

より具体的に本サービスについて知りたいという方は以下の記事も合わせてお読みください。

【2019年版】Kindle Unlimited を試して分かったメリット・デメリットを徹底解説!Amazonで書籍を探していると、Kindle Unlimitedなら0円というクリックボタンを見かけたことはありませんか? Ki...

(上記サービスは2019年4月22日現在のものです。詳細は公式ホームページをご確認ください。)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です