MENU
小説

『店長がバカすぎて』あらすじとネタバレ感想!書店での忙しくも小さな幸せを描いた作品

谷原京子、二十八歳。吉祥寺の書店の契約社員。超多忙なのに薄給。お客様からのクレームは日常茶飯事。店長は山本猛という名前ばかり勇ましい「非」敏腕。人を苛立たせる天才だ。ああ、店長がバカすぎる! 毎日「マジで辞めてやる」と思いながら、しかし仕事を、本を、小説を愛する京子は――。全国の読者、書店員から感動、共感、応援をいただいた、二〇二〇年本屋大賞ノミネート作にして大ヒット作。巻末にボーナストラック&早見和真×角川春樹のオリジナル対談を収録。

Amazon商品ページより

2020年本屋大賞ノミネート作である本書。

早見和馬さんというと『イノセントデイズ』のイメージが強かったので、まさかこんなコメディとミステリの融合作を読めるとは思ってもいませんでした。

書店員の方々に好評なのが頷ける内容ですが、それ以外の人にもぜひオススメしたい一冊です。

本書に関する早見さんへのインタビューはこちら。

早見和真さん『店長がバカすぎて』 小説丸

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

本をお得に読みたい人には『Kindle Unlimited』をオススメします。

小説のみならずビジネス書、マンガ、専門書など様々なジャンルの作品が200万冊以上読み放題

新規加入なら30日間の無料体験ができるので、無料期間中に退会すればお金は一切かかりません。

また今なら期間限定で2か月1,960円→99円で利用できるキャンペーンも実施中です。

なかなか手に取れない数千円、数万円するような本を読むのもアリ。

マンガであれば一か月で数十冊読めてしまうので、シリーズものも無料で読破できます。

気になる人はぜひ30日間無料体験でお試しください。

【公式サイト】Kindle Unlimited

あらすじ

バカな店長

主人公は、吉祥寺にある武蔵野書店という中規模グループ書店の本店で働く契約社員・谷原京子。

同じ書店で働く優秀な社員・小柳真理に憧れて武蔵野書店に入社し、しばらく経ちます。

本が好きな京子にとって書店での仕事は薄給でもそれなりに魅力がありますが、彼女を悩ませる存在がいくつかあり、最大の悩みは店長である山本猛の存在です。

山本は朝のクソ忙しい時間帯に長い朝礼を開き、ビジネス本の受け売りのような安っぽい言葉で社員やバイトを刺激しますが、この時点でかなりウザい。

それだけでなく人の名前をよく間違えたり、空気の読めない言動・行動によって京子を苛立たせたりしたことは数知れず。

日々ストレスの溜まる京子にとって、真理だけが心の拠り所でした。

喪失感

そんな時、真理が唐突に会社を辞めることを切り出します。

彼女は本部の部長と何年もの間不倫関係にあり、それが原因でここにいられなくなったのだといいます。

この会社にいる意味がなくなった。

その言葉は京子を悲しませ、怒らせます。

真理に憧れて入社したのに、なぜそんなことを言うのか。

京子は拠り所を失い、武蔵野書店に残る意味をなくしていました。

慕う後輩

気力を失っていたある日、京子は勤務時間外にたまたまアルバイトの磯田と偶然会います。

京子は磯田とどうも折り合いが悪く、気まずい雰囲気が流れます。

磯田は京子の機微を察し、辞めるのは少し傲慢だと批判します。

意味の分からない京子ですが、やがて意外な事実が判明をします。

磯田は京子の推薦文によって自分の人生を救ってくれた作品と出会うことができ、京子に憧れて武蔵野書店でのバイトを選んだのです。

かつての京子のようにキラキラと輝く。

京子はそんな後輩の夢を壊さぬよう、新たな決意をもとに仕事に取り組みます。

ところが、店長は相変わらずバカで、様々なトラブルが日々京子を襲います。

感想

出版業界のあれこれ

僕は書店員の経験はありませんが、書店には週一以上通っているので、本書で描かれる書店あるあるがまず面白かったです。

出版業界の不振がずっといわれていて、売れる作品しか売れない。

しかも売れる作品すら入荷できない。

そんな書店の苦しみが生々しいほどに描かれていて、隠れた名作を多くの人に読んでもらいたいという崇高な夢を実現させるのがいかに難しいかが分かります。

でも、京子の日々には潤いも少なからずあり、それはこれまでのことを振り返ることでようやく見えてくるような些細なものです。

本書がきっかけとなり、書店の方々が新たな希望を見出し、本屋のみならず出版業界がもっと夢にあふれてほしいと願わずにいられませんでした。

店長が最後まで謎

タイトルにもなった、問題の店長である山本。

最初はただただ話の通じないヤバい人で、京子でなくても彼と一緒に仕事をすることに強いストレスを感じるはずです。

ところが、店長はたまに鋭い一面を見せ、京子をはじめ周囲を驚かせます。

しかし、それもたまたまなのか狙ってやったのかが分からず、結局優秀なのバカなのどっち?と読者の頭を悩ませます。

この時点で僕らの頭の中は店長で占められているわけで、このウザいけれど僕らを離してくれない店長の魅力が本書を最後まで支えてくれます。

意外性のあるミステリ

本書は中盤くらいまでただのコメディですが、終盤になると一気にミステリに変わります。

これまでの何気ない言動、描写が実は伏線になっていて、京子の周囲に散りばめられた謎を解く手掛かりになってくれます。

これがあることによって本書の面白さは一段階も二段階も上がり、各方面で絶賛されるほどの完成度に至ったことが分かります。

本好きにはもちろんのこと、ミステリ好きにもぜひオススメしたいです。

おわりに

タイトル、表紙から受けるイメージ通りの笑いを提供してもらい、それが謎解きによって新たな快感に変わっていくのはとにかく最高でした。

本に巻かれた帯のコメント一つ一つにこんなドラマがあるのだと知ると、これからの本との出会いは違ったものになりそうです。

本を愛し、読者に良い作品を届けようとする書店の方々には感謝です。

本をお得に読みたい人には『Kindle Unlimited』をオススメします。

小説のみならずビジネス書、マンガ、専門書など様々なジャンルの作品が200万冊以上読み放題

新規加入なら30日間の無料体験ができるので、無料期間中に退会すればお金は一切かかりません。

また今なら期間限定で2か月1,960円→99円で利用できるキャンペーンも実施中です。

なかなか手に取れない数千円、数万円するような本を読むのもアリ。

マンガであれば一か月で数十冊読めてしまうので、シリーズものも無料で読破できます。

気になる人はぜひ30日間無料体験でお試しください。

【公式サイト】Kindle Unlimited

関連記事はこちら。