ミステリ

『消滅 VANISHING POINT』あらすじとネタバレ感想!正体不明のテロリストの目的とは?

harutoautumn

超大型台風接近中の日本。国際空港の入管で突如11人が別室に連行された。時間だけが経過し焦燥する彼ら。大規模な通信障害で機器は使用不能。その中の一人の女が「当局はこの中にテロ首謀者がいると見ている。それを皆さんに見つけ出していただきたい」と言った。女は高性能AIを持つヒューマノイドだった。10人は恐怖に戦きながら推理を開始する。

「BOOK」データベースより

北米からの帰国者に感染力の高い新型肺炎の疑いが生じる。連行は細菌兵器ゆえの隔離、ヒューマノイド対応だったのか。テロ集団はなぜ「破壊」でなく「消滅」という用語を使うのか。様々な憶測が渦巻くが依然、首謀者が誰か掴めない。やがて孤絶した空港に近づく高潮の危険。隔離された10人の忍耐と疲労が限界を超え「消滅」が近づいた時、爆発音が! 

「BOOK」データベースより

恩田陸さんによる群像劇×ミステリな本書。

空港にいるとされるテロリストと、『消滅』というキーワード。

最後まで読めない展開が、読者を掴んで離しません。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

本をお得に読みたい人には『Kindle Unlimited』をオススメします。

小説のみならずビジネス書、マンガ、専門書など様々なジャンルの作品が200万冊以上読み放題

新規加入なら30日間の無料体験ができるので、無料期間中に退会すればお金は一切かかりません。

また期間限定で2か月1 ,960円→99円のお得なプランもあります。

なかなか手に取れない数千円、数万円するような本を読むのもアリ。

マンガであれば一か月で数十冊読めてしまうので、シリーズものも無料で読破できます。

気になる人はぜひ30日間無料体験でお試しください。

スポンサードリンク

あらすじ

足止め

空港に鳴り響くサイレン。

それは国家警戒レベルが最高級まで引き上げられたことを意味します。

同時に十人の男女が入管で引っかかり、別室に連れていかれます。

テロリスト

別室に集められた十人。

彼らの前に現れた職員は、人間ではなく、人間そっくりに造られたヒューマノイドでした。

ヒューマノイドはキャスリンと名乗り、状況を教えてくれます。

超大型台風が接近していて、空港が閉鎖されること。

十人の中にテロリストがいること。

集められた意味を知った十人は顔色を変えます。

キーワード

キャスリンは事前にテロリストの条件をいくつか知っていて、その条件からこの十人にまで絞っていました。

空港側はテロリストを見つけるまで、集めた人たちを解放するつもりはありません。

テロリストの目的は分かっていませんが、彼らがテロを起こすことで何かが『消滅』するのだといいます。

破壊ではなく、消滅という言葉を選んだ理由は何なのか。

与えられた情報は少なく、一同は疑心暗鬼になりながら少しずつお互いの情報を収集し、誰がテロリストなのかを推理することになります。

感想

群像劇

本書は十人もの登場人物の視点を行ったり来たりしながら展開します。

恩田さんの著書だと『ドミノ』が似ています。

この中にテロリストがいるかもしれない、ということで、誰もがお互いに疑心暗鬼になり、気を抜けない状況が続きます。

状況を打破しようとそれぞれが推理したり、カマをかけたりして、勝手に動くことで物語の予測がつかないようにできていて、この辺りのやり取りが非常に上手いなと感じました。

一部、説明がつかないファンタジー的な要素もありますが、それはそういうものとして受け入れるのが楽しく読むコツかなと思います。

本書はミステリだけれど、推理に主眼が置かれているわけではないので、あくまで要素の一つとして捉えておくと期待値と実際のズレが少なくて良いでしょう。

ややダレル

本書は上下巻なので、長いです。

もちろんそれぞれの場面で面白い展開が用意されているので楽しめるのですが、いかんせん、どうしてもダレます。

特に登場人物が十人もいて視点が頻繁に入れ替わるので、一人ひとりのキャラクターがよく掴めず、最後までこの人誰だっけ?状態の人もいました。

これは恩田さんの力量の問題というよりも、選んだ手法のデメリット部分に該当すると思うので、仕方ないと割り切るしかありません。

結末が良い

僕は下巻途中まで、恩田作品の中では微妙な部類かなと思っていました。

ところが、結末が予想外の方向で、非常に恩田さんらしいというか、タイトルや作品が醸し出す雰囲気からは想像もつかないものだったので、これが良かったです。

結末を知った上で読み返すと、違った楽しみ方ができそうなので、余裕のある方は二度読みをするのも良いのではないでしょうか。

おわりに

魅力的なタイトルと、その意味を最後まで予想させずに描いた作品でした。

厳密なミステリではないので、一言一句を読むというよりも、本書の持つライブ感を楽しめば問題ありません。

本をお得に読みたい人には『Kindle Unlimited』をオススメします。

小説のみならずビジネス書、マンガ、専門書など様々なジャンルの作品が200万冊以上読み放題

新規加入なら30日間の無料体験ができるので、無料期間中に退会すればお金は一切かかりません。

また期間限定で2か月1 ,960円→99円のお得なプランもあります。

なかなか手に取れない数千円、数万円するような本を読むのもアリ。

マンガであれば一か月で数十冊読めてしまうので、シリーズものも無料で読破できます。

気になる人はぜひ30日間無料体験でお試しください。

関連記事はこちら。

あわせて読みたい
【2023年】恩田陸おすすめ文庫小説ベスト10!ミステリだけでない名作選!
【2023年】恩田陸おすすめ文庫小説ベスト10!ミステリだけでない名作選!
あわせて読みたい
【2023年】厳選おすすめ文庫本小説50選!初心者でも読みやすい不朽の名作揃い
【2023年】厳選おすすめ文庫本小説50選!初心者でも読みやすい不朽の名作揃い
スポンサードリンク
記事URLをコピーしました