MENU
ミステリー

『薔薇のなかの蛇』あらすじとネタバレ感想!理瀬シリーズ17年ぶりの新作!

変貌する少女。呪われた館の謎。「理瀬」シリーズ、17年ぶりの最新長編!

英国へ留学中のリセ・ミズノは、友人のアリスから「ブラックローズハウス」と呼ばれる薔薇をかたどった館のパーティに招かれる。そこには国家の経済や政治に大きな影響力を持つ貴族・レミントン一家が住んでいた。美貌の長兄・アーサーや、闊達な次兄・ディヴらアリスの家族と交流を深めるリセ。折しもその近くでは、首と胴体が切断された遺体が見つかり「祭壇殺人事件」と名付けられた謎めいた事件が起きていた。このパーティで屋敷の主、オズワルドが一族に伝わる秘宝を披露するのでは、とまことしやかに招待客が囁く中、悲劇が訪れる。屋敷の敷地内で、真っ二つに切られた人間の死体が見つかったのだ。さながら、あの凄惨な事件をなぞらえたかのごとく。

可憐な「百合」から、妖美な「薔薇」へ。正統派ゴシック・ミステリの到達点!

Amazon商品ページより

理瀬シリーズとして前作『黄昏の百合の骨』以来17年ぶりとなる新作の本書。

印象的なタイトルや北見隆さんによるお馴染みのイラストにまず惹かれ、本編ではイギリスという日本以外が舞台となった物語、第三者から見た理瀬の驚くべき成長を楽しむことが出来ます。

本書に関する恩田陸さんへのインタビューはこちら。


恩田陸が趣味全開で描くゴシック・ミステリ『薔薇の中の蛇』インタビュー

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

祭壇殺人事件

イギリスのソールズベリー。

集落の外れにある遺跡で首と両手首が持ち去られ、胴体が腹のところで真っ二つに切断された遺体が発見されます。

顔や手がないことから被害者の特定はできておらず、犯人の、被害者の身元を知られたくないという意思が感じられます。

その一方で、なぜ胴体が切断されているのかについては、いくつか仮説は立てられるもののはっきりしたことは分かっていません。

この事件は祭壇殺人事件と呼ばれ、世間を賑わせます。

パーティ

同じくソールズベリーにある『ブラッククローバーハウス』と呼ばれる館。

ここではパーティが予定されていて、聖杯なるものがお披露目されるという噂から多くの招待客が集まっていました。

館の主であるレミントン家の兄弟はそれぞれ友人を招いていて、次女のアリスが正体したのが理瀬でした。

理瀬はイギリスに留学中で、美術史を納めています。

長男のアーサーは理瀬の美しさに目を奪われつつも、彼女の放つ尋常ではない雰囲気に警戒していました。

聖なる魚

その夜、アーサーたちは林の中で明かりを見つけ、誰かいるのではと探しに行きます。

すると明かりは消え、一同は明かりのついていた場所に向かい、驚くべきものを見つけます。

そこにあったのは、頭と両手足を切断され、かつ真っ二つに切断された胴体でした。

祭壇殺人事件との関連も含めて警察は捜査を始め、そこでパーティの主催者であるオズワルド・レミントンが何者かによって脅迫されていることが判明します。

手紙の相手は『聖なる魚』と名乗り、オズワルドだけでなくその一族に対して危害を加えようとしていることが分かります。

聖なる魚は誰なのか。

祭壇殺人事件とはどんな関係があるのか。

その後も謎が湧きおこり、やがて思わぬ結末を迎えます。

スポンサーリンク




感想

シリーズ作として新鮮

十七年ぶりのシリーズ新作ですが、読み始めてすぐにその空気感を思い出すことが出来ました。

とはいっても、僕が『黄昏の百合の骨』を読んだのがちょうど一年くらい前なので、あまり時間が経っていないからかもしれません。

物語の舞台はイギリスのソールズベリーで、シリーズではじめて日本以外が舞台となっています。

そのため薔薇をかたどった館『ブラッククローバーハウス』のような舞台装置が映え、いつもとは違う新鮮な読み応えがありました。

またもう一つの特徴として、本書の視点は理瀬ではありません。

そのため第三者から見た理瀬は妖しい美しさを秘め、底の知れない女性という印象をより強くしてくれます。

帯にある通り、百合から薔薇になったことが分かります。

もはや少女の面影は朧気で、これから野望を果たすために着々と準備を重ねてきた様子がうかがえます。

やや物足りなさも

正直、理瀬シリーズの新作が読めると思っていなかったし、本格ミステリに近くも、それ以上に放たれる理瀬の圧倒的な魅力など、とにかく最高の仕上がりでした。

そのせいか、物足りなさを感じてしまったことも事実です。

一つは祭壇殺人事件や館の謎に傾注しすぎるあまり、シリーズとしての関連性が薄かったことです。

確かに理瀬やシリーズを連想させることが随所に挿入されていますが、それでもちょっと少なかったかなと。

あと、これは賛否両論分かれる点だと思いますが、肝心の謎についてです。

確かに謎が解き明かされた時、一応の納得はできます。

しかし、それは正解を言われれば手元にある材料から納得がいくというだけで、手元にある材料でその正解にたどり着けるというわけではありません。

ご都合主義というか、自力で推理したい人にとってはあまりフェアではない気もします。

個人的にはそういった部分も恩田陸さんの良さであり。物語の持つ雰囲気を楽しめたので特に問題はありませんでした。

続編について

インタビューで恩田さんが答えていますが、続編は検討しているものの、具体的な時期は未定のようです。

あれだけ多数の出版社とお仕事をされているので、それも仕方ありません。

また人気シリーズをいくつも抱えているので、節目が来たらそちらも手掛けないといけないという事情もあり、シリーズとしていつ完結するのかは全く見当もつきません。

ただ、本書を読む限り、恩田さんの感性や文章に全く衰えが見られなかったので、とにかく気長に待ちたいと思います。

おわりに

中身はもちろんですが、北見隆さんのイラストが随所に挿入され、それが物語の雰囲気を作ることにかなり貢献していて、それだけでもかなり楽しめました。

単行本の紙質だからこそ映えるイラストなので、購入を検討している人はぜひ紙の本をオススメします。

おすすめミステリ小説のランキングを作りました。

恩田陸さんのランキングを作りました。

おすすめ文庫小説もご紹介しています。

電子書籍をより楽しむために『Kindle Paperwhite』をオススメしています。

『本は、聴く』の『Audible(オーディブル)』を無料で体験してみませんか?