小説

『新釈 走れメロス 他四篇』あらすじとネタバレ感想!森見登美彦によって再構築された名作の数々

芽野史郎は激怒した―大学内の暴君に反抗し、世にも破廉恥な桃色ブリーフの刑に瀕した芽野は、全力で京都を疾走していた。そう、人質となってくれた無二の親友を見捨てるために!(「走れメロス」)。最強の矜持を持った、孤高の自称天才が歩む前代未聞の運命とは?(「山月記」)。近代文学の傑作五篇が、森見登美彦によって現代京都に華麗なる転生をとげる!こじらせすぎた青年達の、阿呆らしくも気高い生き様をとくと見よ!

「BOOK」データベースより

明治、大正、昭和の名作が森見登美彦さんの手によって再構築され、しかもそれが五つも収録されている本書。

元の作品を読んだことがなくても、名前くらいは聞いたことがあるという人も多いはず。

森見さんらしさを盛り込みながらも、原作を名作たらしめている要素はしっかり残っている。

このバランスが絶妙で、近代文学に興味を持つ入門書として優秀だと思います。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

山月記

元の作品は1942年に発表された中島敦の『山月記』。

この物語の主人公は斎藤秀太郎という我が道を行く大学生で、留年と休学を巧みに使い分けていつまでも大学に在籍していました。

周りに流されずに自分の信念を貫いていた斎藤ですが、執筆活動は実らず、かつての友人たちの差を感じて日に日に憔悴していきます。

そしてある日、斎藤は夜の山へ消えていき、行方をくらまします。

誰もその後の齋藤の消息は知りませんでしたが、翌年の夏の夜、事件が起きました。

藪の中

元の作品は1922年に発表された芥川龍之介の『藪の中』。

この物語では映画サークルの製作した『屋上』という映画が登場しますが、これが物議をかもしていました。

内容は元恋人の男女が屋上で逢引きする内によりを戻すというものですが、問題は主演の男女が本当に元恋人で、監督が女優の現彼氏だという点にありました。

映画を見た人からは主に監督の鵜山に対して非難が寄せられますが、当の役者や鵜山は何を思って映画の撮影に臨んだのか。

様々な人物のインタビューのような形式で描かれ、次第に全体像が浮かび上がってきます。

スポンサーリンク




走れメロス

元の作品は1940年に発表された太宰治の『走れメロス』。

芽野史郎『詭弁論部』に所属していますが、図書館警察の長官の手によって強引に部室を取り上げられてしまいます。

芽野は怒って長官に直訴。

誰のことも信用していない長官は、部室を返す条件として無茶なことを提示し、芽野もそれに了承します。

芽野は姉の結婚式を理由に一日の猶予をもらい、代わりに人質として親友の芹名を長官に預けます。

しかし、芹名は知っていました。

芽野に姉はいないし、彼が戻ってこないことを。

一方、芽野もまた長官のもとに戻るつもりなどありませんでした。

桜の森の満開の下

元の作品は1947年に発表された坂口安吾の『桜の森の満開の下』。

大学生の男は小説を書くことを何よりも生きがいとして、人と関わらずに生きていきました。

そんな男ですが、四年生になった時に好きになった女と付き合うことになり、生活が一変します。

女のことを小説に書くと一躍有名になり、やがて東京で華やかな生活を始めます。

傍から見ればお似合いの二人ですが、男は満たされない思いを抱えていました。

百物語

元の作品は1911年に発表された森鷗外の『百物語』。

私は大学四年生の夏、友人のFの誘いで百物語に参加することになりますが、人の多さに耐えられずに始まる前に退散。

帰り際、会場の持ち主である鹿島に会い、何事もなく帰路についた私ですが、恐怖の出来事はその後に起こりました。

スポンサーリンク




感想

名作の森見的解釈

本書に収録された物語はどれも京都を舞台にしていて、登場人物はまさに森見さんの血が通っています。

表面的な部分だけを見るとどう見ても森見作品ですが、作品の深くまで潜るにつれて原作の持つ意味や魅力がしっかり息づいていることが分かり、見事に森見的解釈で元の作品が再構築されていることが分かります。

表題作の『走れメロス』については原作を知る人も多いと思うので、どのあたりが現実を再現しているのかというのが分かりやすいのではないでしょうか。

元作品を知らなくても楽しめる

僕は全て名前こそ知っているものの、内容をしっかり把握しているのは『走れメロス』のみ、おぼろげに覚えているのが『藪の中』のみという状態で本書を読みました。

そのため全く内容を知らない作品に関しては、どのようにして元の作品を再構築しているのか判断がつかず、物語単体として楽しむしかありませんでした。

なので本書を十二分に楽しめたのか判断はつけることは出来ませんが、少なくとも僕にとっては満足のいく読書でした。

特に坂口安吾の『桜の森の満開の下』が個人的にツボで、その切なさは本書に収録された他の作品とは少し違ったテイストをしていて、元の作品にも挑戦しようと思います。

話同士で繋がっている

元の作品を知らなくても楽しめる理由として、本書に収録された話同士で繋がっている点が挙げられます。

別々の作品が森見さんによって再構築されて、同じ世界観の別々の場所、人物という形で切り取られる。

そのため読み進めるほどに各作品への理解が深まり、のめり込めるという設計になっています。

単一の作品の再構築にとどまらないところに本書の読みやすさと、森見さんだからこそ生み出せる面白さがあるのだと考えています。

おわりに

従来の森見作品の魅力を踏襲しつつも、元の作品の面白さも損なわずに見事に調和させている。

それだけにパワーがあり、しかもそれが五作品も収録されているので、短編とは思えない密度の読書を楽しむことが出来ました。

あとがきで森見さんも書いていますが、ぜひ元の作品にも挑戦してみてください。

そうすれば、二回目の読書では前回とは違った楽しみ方が出来ると思います。