小説

『藪の中』あらすじとネタバレ感想!芥川竜之介の代表的な短編小説

大正期に活躍した「新思潮派」の作家、芥川竜之介の代表的な短編小説。初出は「新潮」[1922(大正11)年]。短編集「将軍」[新潮社、1922(大正11)年]に収録。検非違使の尋問に答えた旅法師らの供述と当事者である「多襄丸」の陳述など、複数の人間の証言からなる形式で殺人事件の真相にせまる物語。「今昔物語集」巻二十九第二十三「具妻行丹波国男 於大江山被縛語」を原典とする。発表当時から現在まで実に多くの関心を寄せられているが謎の多い名作。

Amazon商品ページより

森見登美彦さんの『新釈 走れメロス 他四篇』がきっかけとなって本書を読むことになりました。

『藪の中』という言葉の語源になった物語で、最後まで真実が何なのかが分からない未完結性から多くの議論が交わされています。

一つの事件に対する、七人の目撃者や当事者から検非違使(裁判官)への証言で構成されており、いくつもの矛盾をはらんでいます。

結論は未だにでていないため、それぞれが自分なりの考えを持ちながら読む楽しさがあります。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

ネタバレになりますので、未読の方はご注意ください。

あらすじ

木こり

木こりはいつものように裏山に向かい、山陰の藪の中で男の死体を見つけます。

太刀は見ておらず、死体の周辺にあったのは縄と櫛が一つだけ。

また藪の中は馬が入れる場所ではなく、馬も見ていません

旅法師

旅法師は死体の男と昨日会っていました。

男は馬に乗った女と一緒で、太刀や弓矢を携えていました。

放免

放免が捕まえたのは、多襄丸という名高い盗人でした。

捕らえた時には、多襄丸は石橋の上で馬から落ちたのかうんうん唸っていました。

多襄丸は太刀や弓矢を携えており、近くには馬もいて、全て死体の男が所持していたものと一致します。

女がまだ見つかっていないこと、多襄丸が女好きであることから、多襄丸が死体の男と一緒にいた女をどうにかしたのではと推測します。

媼(おうな)

死体の男は若狭の国府の侍・金沢武弘で、一緒にいた妻の名前は真砂。

嫗の娘でした。

多襄丸

多襄丸は男の殺害を認めるものの、女はどこかに行ってしまったと証言します。

男は二人を見かけて、例え男を殺害しても女を奪おうと決意。

多襄丸は山の陰の藪の中に鏡や太刀を埋めてあるから、欲しければ安い値で売り渡すと二人に持ち掛けます。

すると男は多襄丸についていくことになり、女は馬に乗ったまま待つことになりました。

多襄丸は男を不意を打って襲い掛かると、一本の杉の根に括りつけ、口を竹の落ち葉でふさぎます。

それから女の元に戻り、男が急病だから見に来てほしいと嘘をつき、藪の中に連れていきます。

女は男が縛られているのを見ると、すぐさま懐から小刀を引き抜いて多襄丸に襲い掛かります。

多襄丸は何とか太刀を使わずに女の小刀を打ち落とし、男の命を取らずに女を手に入れたと確信します。

ところが、女は急に叫びだし、二人の男に恥を見せるのは死ぬよりも辛いから、どちらかが死んでくれ、生き残った男と連れ添うと言い出します。

多襄丸は女の言葉でますます女を妻にしたいと思う一方で、卑怯な殺し方は望んでいませんでした。

男の縄を解くと、お互いに太刀を持って戦い、激戦の末、多襄丸が男を殺害します。

多襄丸は事を終えて振り向きますが、女はどこかに消えていました。

助けを呼びに行ったのかもしれないと思った多襄丸は、男の太刀や弓矢を奪うと残された馬に乗って逃げたのでした。

清水寺に来れる女の懺悔

女は縛られた夫のもとに走り寄ろうとしましたが、多襄丸にそこへ蹴倒されます。

その時、女は夫の目の中に、何ともいえない輝きが宿っていることを覚ります。

それは女を蔑んだ冷たい光で、女は何か叫んで気を失ってしまいました。

気が付くと多襄丸はどこかに消えていて、夫は縛られたままでした。

しかし、夫の目の色は変わりません。

女は夫ともう一緒にいられないこと、一緒に死んでほしいことを伝えました。

それでも夫の様子は変わらず、落ち葉を詰まらせたままの口で『殺せ』とだけいい、女は持っていた小刀で夫を刺します。

その後も気絶し、再び気が付くと夫は縛られたまま死んでいました。

女は泣きながら縄を解きますが自殺するだけの気力はなく、寺に駆け込んだのでした。

巫女の口を借りた死霊

男は縄に縛られているため、何とか妻に目配せで多襄丸のことを信じないよう訴えます。

ところが妻は多襄丸の言葉を聞き入っているようで、男は妬ましさに身悶えします。

妻は多襄丸の言葉に次第とうっとりとして、男はその時ほど美しい妻を見たことはありませんでした。

やがて「どこへでもつれて行ってください」と言い出し、さらに男を殺してくれと多襄丸にお願いします。

その様子に多襄丸でさえ戸惑い、男の意思を確認すますが、その間に妻は逃げ出します。

その後、多襄丸は男の縄を解いて藪の外に消え、残された男は妻が落とした小刀で胸を一突きして自決するのでした。

スポンサーリンク




感想

真相は藪の中

この言葉に尽きます。

当事者三人の証言は食い違い、どの証言が正しいのか判断する材料はありません。

そのため武弘を誰が殺害したのか、という点でさえ確定することが出来ず、読者がそれぞれどのように解釈するかによって本書の意味合いは変わってきます。

こういう考察の余地が残る作品は普段あまり読まないのですが、結論の出ないもやもやというよりも考察できる楽しみがあり、読んだ後も楽しむことが出来ました。

一見、真砂が正気を失っているように見えるので、証言の信頼性は低く感じます。

一方で、多襄丸が武弘を殺害したと嘘をつくメリットが分からないので、この証言は正しいのか?

また武弘の証言はあくまで巫女を介しているので、こちらもまた信頼性が高くありません。

個人的にはこれ、という明確な筋書きを求めるというよりも、様々なバリエーションの筋書きを考える方が本書の楽しみ方として良いような気がします。

『新釈 走れメロス 他四篇』との違い

簡単に森見登美彦さんの『藪の中』との違いについて言及したいと思います。

本家『藪の中』では盗人と一組の夫婦の間に起きた出来事が中心になりますが、森見登美彦さんの『藪の中』では映画サークルが作った映画『屋上』に対する当事者、目撃者の証言が描かれています。

森見さんの場合、真実がどうか、というより映画『屋上』に対する当事者、目撃者の感じ方や思い入れがかなり異なっていて、それが積み重なることで『屋上』の見え方ががらりと変わります。

映画の内容はもちろんのこと、そこに込められた愛憎が歪んでいて、より情緒的に楽しめます。

スポンサーリンク




おわりに

百年近く昔の作品ですが非常に読みやすく、違和感なく楽しむことができました。

ただ事実を受け入れるだけでなく、自分の頭で考えて物語を補完するのも読書の楽しみ方の一つとして良いと思います。