小説

『対岸の彼女』あらすじとネタバレ感想!立場の違う女性たちが行き着いた先とは

女の人を区別するのは女の人だ。既婚と未婚、働く女と家事をする女、子のいる女といない女。立場が違うということは、ときに女同士を決裂させる。

「BOOK」データベースより

第132回直木賞受賞作である本書。

徹底的に女性を女性目線で描いていて、男として感じたことのない不安や苛立ち、葛藤の連続に圧倒されっぱなしでした。

しかしマイナス面だけでなく、それらを経て一つの答えを見つけ出すところまで描いているので、決して負の作品として終わらなかったのが個人的にとても良かったと思いました。

以下に一部ですが本書に関するインタビューが掲載されています。

多忙を極める中で書いた『対岸の彼女』で直木賞を受賞。つねに新しい「課題」と向き合う――角田光代(2)

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

新たな世界

田村小夜子は娘のあかりを育てる専業主婦で、ママ友や夫・義母との関係に疲れていました。

そんな時、あかりを預けて働くに出る決心をし、プラチナ・プラネットという会社から採用通知をもらいます。

旅行会社とは表向きで小夜子は汚い空き家や家を清掃する仕事につきますが、代表の楢橋葵の人柄に惹かれ、次第に仕事を楽しめるようになりました。

そうすると家庭での振る舞いにも変化が生じ、以前ほどの窮屈さは感じません。

葵とだったら何でも出来る。

そう思っていた小夜子ですが、別の社員から葵に関する話を聞かされ、その関係に変化が訪れます。

不思議な絆

小夜子の話と同時に、葵の高校時代の話も進行します。

葵は中学時代にいじめられていましたが、引っ越した母親の実家近くにある高校ではいじめられることなく、野口魚子(ナナコ)と友達になります。

どのグループにも属さないナナコは不思議な雰囲気を持っていましたが、葵にとってはかけがえのない、そして唯一無二の友人でした。

しかしある日、小夜子はナナコの本当の姿を知り、二人で家出をします。

当てもなく、でもどこか遠くに行けると思っていた二人。

このことは後に新聞で報道されるほどの大事に発展し、小夜子はこの時のことを知ったのでした。

重なる二人

物語が終盤になると、二つの物語が徐々に重なり始めます。

小夜子は学生時代にこの事件のことを知り、自分と同い年の少女二人の絆のことを知りたいと思っていました。

葵は、何のためらいもなく自分とナナコの家出やその後のことを話してくれて、小夜子は一度葵の会社を辞めます。

小夜子は葵を知らなかった頃の生活に戻り、葵とナナコのことや自分の抱えている悩みに

一つの答えを見出します。

そして、小夜子はある選択をするのでした。

スポンサーリンク



感想

心理描写が深く丁寧

本書を読んでいて常に思っていたのが、心理描写の深さとその丁寧さでした。

小夜子の嫁、そして母としての閉塞感、狭い世界と飛び出してからの活き活きした気持ちが文章からこれでもかと伝わってきて、小夜子と同じ立場でない自分でも彼女の気持ちがよく理解できた気がしました。

一方で、葵について。

小夜子の見る葵と高校生の葵はちぐはぐで、どんな人生を経て今のようになったのかとても関心を持って読み進めることが出来ました。

小夜子の夫の修司と義母への腹立たしさは最後まで収まりませんでしたが、小夜子が次第に折り合いをつけられるようになり、気持ちが楽になったのも良かったです。

それこそ掃除屋の仕事を経てひどいこびりつきを取り去ったような達成感に包まれた気がして、暗く重たい話で終わらないところに好感が持てました。

二つが重なった時の驚きと感動

どうして描かれるのか分からなかった学生時代の葵のエピソードですが、終盤になって小夜子と重なるとは思いもしませんでした。

そして、二つが重なったことで本書は大きな問題の答えを提示してくれます。

なぜ私たちは年齢を重ねるのか。

生活に疲れ切っていたはずの小夜子ですが、新たな世界や人と出会い、この大きな問題に自分なりの答えを見つけ、葵にも分けてあげます。

この関係が葵とナナコのようになるのか。

それとももっと違った形になるのか。

どちらにせよ、とてもスッキリする結末だと思いました。

年齢を重ねることがただ老いることではないと提示してくれた本書に、僕は少し救われた気がします。

白黒つけたい人には向かない

本書では散りばめられた疑問の多くがそのまま放置されています。

特にナナコについて、彼女の目線で語られることはありませんので、葵が知っていること以上のことを読者が知ることはありません。

問題の本質はそこではないので、放置されていても構わないですし、放置されていることで読者に想像の余地を与え、物語に奥深さを生んでいることは間違いありません。

しかし白黒はっきりさせ、明確な物語を読みたい人にとっては消化不良の元になるかもしれません。

アマゾンのレビューを見ていても概ね高評価でしたが一部こういった意見も見受けられたので、思い当たる節がある人はよく検討してから読んでください。

おわりに

僕は『坂の途中の家』で角田さんを知り、話が重たくてちょっとな、という印象を受けていました。

しかし、意を決して本書に手を伸ばして良かったと思っています。

読んだ時期のせいかもしれませんが、小夜子や葵の抱える問題を共有できたことで本書の答えが自分にとってプラスなものにすることが出来ました。

角田光代さんの他の作品はこちら。