ソードアート・オンライン

『ソードアート・オンライン6 ファントム・バレット』あらすじとネタバレ感想!

銃と鋼鉄のVRMMO“ガンゲイル・オンライン”で発生した“死銃”事件を調査するため、“GGO”へとログインしたキリト。一見超美少女キャラと見間違えるアバターにコンバートされるトラブルに遭った彼だったが、スナイパーの少女・シノンのナビゲートにより、全ガンナーの頂点たる対人トーナメント“BoB”に無事参戦を果たす。キリトは、銃が支配するこのゲームで唯一“光剣”を駆使、“BoB”を勝ち進む。その奇抜な戦闘スタイルが話題となり、徐々にゲーム内での知名度は上がっていった。そして“BoB”決勝。数多の強敵がひしめく“バトルロイヤル”の中、ついに“死銃”が姿を現す。果たして“死銃”とは何者なのか。本当に“仮想世界”から“現実世界”へ影響を及ぼすことができるのか…キリトは単身、“死銃”へと挑む!!『ファントム・バレット』編、完結。

「BOOK」データベースより

シリーズ第六弾となる本書。

前の話はこちら。

死銃との過去の因縁だけでなく、シノンの過去との決別など色々と決着がつく内容になっています。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

本番

キリトとシノンは予選を勝ち抜き、バレット・オブ・バレッツ(BoB)第三回大会の本大会に出場を果たします。

参加者は三十人。

この中に死銃がいるとキリトは考えています。

死銃が自身の正体を隠したがっていることから、今回初出場の選手がそうであると予測をつけ、該当者は三人います。

ここからは大会を通じて死銃を見極めるしかありませんが、問題はまだあります。

予選でシノンと対決した時、キリトは事情を隠しながら戦ったゆえに彼女のプライドを傷つけてしまい、少し険悪になっていました。

対峙

大会が始まり別行動をとっていたキリトとシノン。

シノンはターゲットを見定めますが、突然現れたキリトに止められ、一時様子見をします。

すると、異変は起きました。

死銃の候補者のうちの一人が電磁スタン弾で身動きがとれなくなり、マントを身にまとった男が現れます。

男は候補者に近づくと、ただのハンドガンを構えます。

キリトはその男が死銃だと確信してシノンに狙撃を求めますが、男は二人の存在に気が付いていて、シノンの狙撃を何となく交わし、ハンドガンの銃弾を候補者に撃ち込みます。

HPから考えていて、その一発で相手がやられるはずはありませんでした。

ところが、候補者は突如消滅してしまいます。

これは、これまでの死銃による犠牲者と同様の現象でした。

キリトはついに死銃の存在をその目で確かめます。

共同戦線

キリトはここで死銃のことをシノンに説明します。

到底信じられる話ではありませんが、目の前であり得ないことが繰り広げられたシノンはもう信じるしかありません。

候補者が一人やられたことで、死銃であろうと候補者は残る二人。

キリトとシノンはこの二人に狙いをつけ、死銃の正体を明かすために共同戦線を張ります。

死銃はかつてSAOでキリトと命のやりとりをした元殺人ギルド『ラフィン・コフィン』所属のSAO生還者であることまでは分かっていますが、その正体は誰なのか。

死銃はどうやって現実世界のプレイヤーを殺害しているのか。

想像を絶する戦いの中で、キリトとシノンは事件の全容を知ることになります。

スポンサーリンク




感想

ただのゲームではあり得ない緊迫感に包まれ、キリトとシノンの過去に迫るやりとりは時に息苦しくありました。

してしまった過去をないことにできるはずがなく、キリトもシノンもいまだに苦しんでいます。

しかし、彼らがしたことによって救われたこともあり、物事には様々な側面があることを本書は教えてくれます。

過去を受け止め、それを忘れずに強くなるにはどうすれば良いのか。

この点においてキリトとシノンは共通していて、二人の悩みの末に待っていた答えが本書にて描かれます。

二人の過去が重たいせいかいつものようなラブコメ要素が少なめになっていて、ハードな仕上がりになっています。

あと『ファントム・バレット』編において影の薄いアスナでしたが、ちょっとした役目も与えられていて、正ヒロインとしての存在感を少しだけ出してくれました。

おわりに

命のやりとりという点でSAOを思い出させるような緊迫した展開で、僕はかなり好きでした。

あとシノンのキャラクターもかなり好みで、シビアな状況下での彼女のプライドの詰まったスナイピングにはしびれました。