ソードアート・オンライン

『ソードアート・オンライン21 ユナイタル・リングI』あらすじとネタバレ感想!

キリトとアスナが“アンダーワールド”から帰還して1カ月。二人の傍らには、現実世界で実体を得たアリスの姿があった。しかしその平穏は突如破られる。「…レベル1…」「わたしもレベル1になってる!」3人が突如巻き込まれた謎のゲーム、“ユナイタル・リング”。それは“ザ・シード”プログラムで構築された全てのVRMMOが融合した“サバイバルMMO”だった。キリトは開幕早々、愛用の装備をすべて失い、パンツ一枚を残すだけとなってしまう。絶体絶命の過酷な状況下、謎に包まれた“VRMMOSVG”に、キリトが挑む―! 

「BOOK」データベースより

シリーズ第二十一弾となる本書。

ネット連載時にはなかった完全オリジナルで、初期を思わせるような新鮮さを感じさせるとともにこれまでの話ともリンクしていて、大きな期待が膨らみます。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

異変

キリトとアスナがアンダーワールドから帰還して一か月後のこと。

以前と変わらず仲間と共にALOを楽しんでいて、アリスもそこに参加していましたが、ある日突然異変が起きます。

SAO事件を思い出させるように空が赤くなり、地震が起きてアインクラッドのフロアが分断され落下してしまいます。

キリト、アスナ、アリスはなんとか助かりますが、異変はそれだけではありませんでした。

レベルがないはずのALOの世界でレベル1になり、装備している道具以外はなくなっていました。

ステータスがリセットされたことで重量的に現在の装備は約に立たず、スキルも最も熟練度の高いものが一つ残されただけ。

見慣れないステータスもあり、何かが起きていることは確かでした。

サバイバルゲーム

ログハウスは落下の衝撃で大きく破壊されてしまいますが、現在のシステムで修復することが可能であることが判明します。

しかし、修復には膨大な量の素材が必要になり、かつプレイヤーには新たに渇き、飢えというポイントが付与されたため、常に補給しないと戦闘でなくても死んでしまうことが判明します。

キリトたちはタイトルこそ分かりませんが別のゲームに切り替わったことを理解し、この世界で生き抜くための活動を開始します。

ユナイタル・リング

のちにこのゲームはユナイタル・リングという名前で、ALOだけでなくザ・シードネクサス全体で起きている現象であることが判明します。

その影響でユイのシステム・アクセス権限は剥奪され、一般プレイヤーと同じ立場になります。

またこのゲームでは一度死ぬと二度とログインできない仕様になっていました。

キリトたちは他のプレイヤーたちと情報交換しながらこの世界について少しでも知ろうとしますが、有名であることだ仇になって不意打ちにあいます。

スポンサーリンク




感想

まさに原点回帰という言葉がぴったりくる内容で、ゲームを一から始めるドキドキにあふれています。

何が正しいのか分からない状況で、精一杯知恵を絞って選択し、ゲームの仕組みを少しずつ理解していく。

これまでの強さは適用されないので新たな戦略が必要になり、ゲームならではの設定が相変わらず上手いです。

本書ではそこまで物語が展開しなかったので、かなり壮大な物語になるのではと予想されますが、それゆえに本書単体でいうとやや単調で退屈だという印象がぬぐえません。

例えるなら、他人がしている戦闘ではない作業ゲームを延々と眺めているようなもので、起伏がないのでなかなかしんどかったです。

ただ様々なゲームが統合されたことで面白い展開が生まれそうな予感はひしひし伝わってくるので、しばらくは様子見かなと思います。

おわりに

かなり壮大になりそうな新しい物語が始まりました。

巻を重ねるごとに加速度的に面白くなりそうなので、次巻以降に期待したいと思います。