シュタインズ・ゲート

『ソードアート・オンライン23 ユナイタル・リングII』あらすじとネタバレ感想!

キリトとアスナ、アリスが謎のVRMMOゲーム《ユナイタル・リング》に強制コンバートされたその頃。シノンもまた同じ世界に招き入れられていた。
「私としたことが、こんな状況に追い込まれるなんて……」
 数々のミスの末に、仲間も装備もなく、《サースト(渇き)ポイント》も残りわずかの窮地に追い込まれたシノンは、生存を懸けてボスモンスターとの戦いに挑む。
 一方、キリトたちもまた、ホーム防衛とシノン探索の二手に分かれて行動を起こしていた。だが行く手には、過酷な自然現象と強大なモンスター、そしてキリトたちを狙う襲撃者の影が――。

Amazon商品ページより

シリーズ第二十三弾となる本書。

キリトの仲間が少しずつ集結してくるので、ようやくいつもの面子が揃う様子が描かれます。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

孤軍奮闘

キリトたちと離れ、一人ユナイタル・リングの世界をさまようシノン。

猶予期間を終え、この世界での新たなステータスでこの状況を切り抜ける必要があります。

様々な困難を乗り越えて生き残ろうとするシノンですが、そこで思わぬものと出会います。

転校生

いきなり帰還者学校に転校してきたアルゴ。

キリトとアスナは彼女との再会を喜びますが、この時期にわざわざ帰還者学校に転校してくるには相応の理由があるはず。

この巻にてアルゴはそこまで詳しく言及しませんが、次巻以降への伏線になっていることは間違いありません。

もう一人の転校生

アルゴの他にも転校生がいて、それが神邑樒(かむらしきみ)です。

レクトのライバル企業であるカムラの創業者の娘で、アスナが通っていた女学校の高等科に在籍していた少女。

アスナにとって彼女は、SAO事件に巻き込まれていなかった場合の自分のようであり、心を乱す存在でした。

樒が何の目的でこの時期に転校してきたのかは明かされていませんが、今後に重要な意味を持ってくると予想されます。

僕は読んでいないので詳細は知りませんが、『アクセルワールド』の登場人物との関係について言及されていることもあり、そのあたりも今後描かれるかもしれません。

スポンサーリンク




感想

ユナイタル・リング編としては二冊目になりますが、正直、あまり進展したという感じはしません。

いまだにゲームの序盤を見せられているだけのようで、味気ないことこの上ありません。

初期に比べると丁寧に書いているというか、無駄な描写を強調しているという感じで、冗長に感じてしまいます。

ただシノンなどいつもの面子が少しずつ集結してきたので、次巻以降からは少しずつ面白くなってきそうな予感がします。

とりあえずは、様子見というところです。

おわりに

惰性で読んでいる側面もありますが、少しずつ面白くなってきた気もします。

次巻以降に期待したいと思います。