ソードアート・オンライン

『ソードアート・オンライン19 ムーン・クレイドル』あらすじとネタバレ感想!

アンダーワールドは、三百年に及ぶ争乱の果てに、ついに一つになった。どこからともなく現れた、たった一人の“ベクタの迷い子”が暗黒の神を倒し、この世界に平和をもたらしたのだ。しかし、そんな人界の中枢、白亜の塔“セントラル・カセドラル”にて―。“整合騎士見習い”へと昇進したロニエ・アラベルは、人界の最高意志決定者“代表剣士”キリトから、衝撃的な言葉を耳にする。「―いずれもう一度戦争が起きる」“アンダーワールド大戦”のその後を描いた“アリシゼーション編”最後を飾るエピソード! 

「BOOK」データベースより

シリーズ十九弾となる本書。

アンダーワールド大戦が終了してからキリトとアスナがリアルワールドに戻るまでの間のことを描いています。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

仮初の平和

アンダーワールド大戦終結後、ロニエとティーゼは整合騎士見習いとして日々を過ごしていました。

キリトは熱素を動力として動く機竜という乗り物の開発にこだわっていて、それは終わりの壁を超えることでした。

ある一定の高度に近づくと重力が無限に増大するようになり、その先へは絶対に行けないようになっていますが、人間全体を覆って無生物オブジェクトとして認識させられればその先へも行ける可能性があります。

そこで考案されたのが機竜でした。

現在、人界と暗黒界は何の問題もなく交流していますが、両者には土地の豊かさにおいて決定的な違いがあり、それがやがて新たな戦いを引き起こすとキリトは考えています。

アンダーワールドではリソースが限られているため、現状ではこの格差を埋めることが出来ません。

そこでキリトは終わりの壁を越え、暗黒界の住人が誇れる新たな居場所を作ろうと考えていました。

事件

そんな時、事件が起きます。

人界に観光に来ていたゴブリン・オロイが人界の市民を一人殺害したのです。

オロイはただちに拘束されますが、容疑を否認。

現場にはゴブリンの作る短剣が残されていましたが本物とは微妙に異なっており、保管したもののいつの間にかなくなっていました。

キリトは違和感を覚え、そこに何者かによる策略を感じます。

そこで事態を解決するべく、ロニエと共に機竜で暗黒界に飛び立ちます。

目的は、総司令官のイスカーン、そしてその妻であり人界全権大使であるシェータと会うためでした。

キリトは二人に状況を説明。

事態解決に向けて動き出しますが、そこで新たな問題が発生します。

スポンサーリンク




感想

アリシゼーション編の最後を飾るエピソードです。

あの壮絶な戦いを経たおかげで得られた平和が心地よいスタートですが、すぐにそれが仮初であることが分かります。

本当の平和を獲得するためにはさらなる挑戦が必要ですが、そこで邪悪な意思を持つ者が事件を引き起こし、キリトが解決に乗り出す。

簡単にいえばそんなお話です。

あれだけの戦いを経験したせいか緊迫感はそれほどでもなく、またキリトの圧倒的な力もあってリラックスしながら読むことが出来ました。

また次世代に引き継ぐという側面もあり、そういう意味では整合騎士見習いであるロニエとティーゼの今後の活躍に期待です。

おわりに

アリシゼーション編のおまけのような立ち位置ですが、キリトたちの奮闘によって勝ち得た平和を見れたのは嬉しかったです。

次巻で本当にアリシゼーション編が完結するので、しっかり最後まで見届けたいと思います。