ミステリー

『真夏の方程式』徹底ネタバレ解説!あらすじから結末まで!

 

夏休みを玻璃ヶ浦にある伯母一家経営の旅館で過ごすことになった少年・恭平。一方、仕事で訪れた湯川も、その宿に宿泊することになった。翌朝、もう1人の宿泊客が死体で見つかった。その客は元刑事で、かつて玻璃ヶ浦に縁のある男を逮捕したことがあったという。これは事故か、殺人か。湯川が気づいてしまった真相とは―。

【「BOOK」データベースより】

 

ガリレオシリーズの長編で、映画化もされた本書。

湯川にはあまり似合わない真夏の太陽、海が眩しい玻璃ヶ浦を舞台に、一つの死体をめぐって事故か殺人かを調べることになります。

 

他の方の感想にも書かれている通り、結末には賛否両論があるかと思いますが、僕は湯川のより人間らしい部分が見られて良かったと思っています。

 

この記事では、そんな本書の魅力をあらすじや個人的な感想を交えながら書いていきたいと思います。

ネタバレになりますので、未読の方はご注意ください。

夏休み

 

柄崎恭平は両親の都合で残りの夏休みの間、親戚の家に預けられることになり、一人で玻璃ヶ浦に向かいます。

道中の電車の中で恭平は居合わせた老人から携帯電話の使用を注意されますが、見知らぬ男が助けてくれます。

 

その男こそが湯川で、恭平は伯父たちが経営する緑岩荘に泊まることを教え、駅で別れます。

駅には恭平の父親の姉の娘・川畑成実が迎えにきていて、恭平は一人で緑岩荘に向かい、成実は市の公民館に向かいます。

 

玻璃ヶ浦は現在、海底鉱物資源の開発の話が持ち上がっていて、今日は公民館で海底金属鉱物資源機構(DESMEC、デスメック)による説明が行われます。

成実は玻璃ヶ浦の綺麗な海を守るためにこの計画に反対する集団の一人で、仲間と共に説明会に臨みます。

 

説明会中、成海たちのグループのリーダー格である沢村とデスメックの開発課長が質疑応答をする中、課長の言葉に苦言を呈する人物がいて、それは湯川でした。

説明会が終わって成実が緑岩荘に戻ると、宿泊客として説明会にいた人物がいて、名前を塚原正次といいます。

 

さらに湯川もまた宿泊客として宿を訪れ、その夜、成実は飲み屋で彼と話す機会を得ます。

湯川は海底の調査のためにデスメックから依頼を受けて玻璃ヶ浦を訪れていて、成実からすれば推進派と同じです。

 

彼女は環境を一度破壊したら元には戻らないことを主張し、湯川は公平な立場から検討するべきだと反論。

明日、討論会があるため、そこに決着は持ち越されることになりますが、ここでトラブルが発生します。

 

宿泊客である塚原が宿に戻ってこないのです。

宿の経営者である重治は朝になっても戻ってこなければ警察に連絡することを決めますが、翌日、死体となった塚原が見つかりました。

宿泊客の死体

 

塚原の死体は堤防下の岩場で見つかり、重治から捜索願いがあったことから、現地警察は緑岩荘に死体の身元を確認することにします。

警察官の西口は成実の同級生で、久しぶりの再会を喜びながらも、彼女に死体が塚原であることを確認します。

 

塚原の荷物を調べていると警察共済組合の組合員証が見つかり、彼はかつて警察官だったことが分かります。

そこで妻の早苗、かつて塚原にお世話になった多々良管理官を呼び、事情を聞きます。

 

しかし、なぜ塚原が玻璃ヶ浦に来て、あの説明会に参加したのかは誰も知りません。

死体の状況から自殺の線が濃厚ですが、他殺の線も捨てきれず、両方向から捜査が進められます。

東京での捜査

 

一方、東京では草薙が多々良に呼ばれ、塚原の件を聞かされます。

多々良は死体を見た瞬間、単なる転落死ではないと確信し、地元警察とは別に動く必要性を強く感じていました。

 

そこで死体を東京に送り、解剖に回します。

さらに独自の捜査を草薙に任せ、彼はそこで初めて玻璃ヶ浦に湯川がいることを知ります。

 

一方、県警本部から磯部たちがやってきて、手柄を挙げるために躍起になっていました。

西口たち地元の警察はいい気分ではありませんが、そこで新たな目撃情報を得ます。

 

塚原は高台にある仙波という人物が住んでいた家を眺めていて、仙波は殺人犯といわれていました。

この情報は東京にも知らされ、草薙と一緒に内海薫も捜査に当たります。

 

仙波英俊は十六年前に三宅伸子というホステスを殺害して刑務所に入り、八年前に出所していました。

金銭トラブルが原因で、仙波を逮捕したのが塚原でした。

 

また解剖結果が出て、塚原の死因が一酸化炭素中毒であることが判明。

県警の鑑識班は緑岩荘の火の元を中心に調べ、塚原がどこで亡くなったのかを調べます。

 

しかし、どこにも不審な点はなく、一酸化炭素が発生した可能性は極めて低いと判断せざるを得ませんでした。

塚原と仙波

 

塚原は退職後、仙波のことが一番印象的だったと多々良に明かしていて、草薙は仙波の消息を辿りますが、そもそもどこにいるのか分かりません。

そこで塚原の家の部屋を調べると、まだ新しいタウンページが見つかります。

 

草薙たちは、前科者で定職につけず、部屋を借りられない仙波のことを塚原が探していたのではと推測。

さらに草薙は昨夜、湯川に電話をかけていて、捜査協力を得ることに了承をもらっていました。

 

この時点で湯川は何かに気が付いているようで、草薙たちは彼の協力を得て独自に捜査を進めます。

一方、湯川は恭平の夏休みの宿題などを通じて彼と仲良くなり、『ハカセ』と呼ばれるまでになっていました。

 

湯川は重治たちの目を盗んで恭平にマスターキーを借りてきてもらい、『海原の間』という部屋の様子を見ます。

その頃、草薙たちは仙波の行方を追い、同時に塚原の当時の様子も調べます。

 

塚原は仙波を捕まえた後、不自然な状況に彼が嘘をついているのではと考えていましたが、その証拠は結局見つかりませんでした。

次なる手として、薫は仙波の行方を掴むために炊き出しのボランティアをやっている団体をあたり、草薙は事件前夜、被害者である伸子と仙波が飲みに行っていたお店をあたります。

 

その時、湯川から電話があり、事件に深く関わっているとして、重治とその家族について調べるよう依頼されるのでした。

川畑家の過去

 

デスメックの海底調査船の中を見学することになり、湯川だけでなく成実たちも参加します。

その中で湯川は、成実が以前は東京都北区王子に住んでいたことを聞きます。

 

また彼女が都会での暮らしを捨て、海を守るようなタイプには見えないと言うと、成実は怒りを露にしつつも、何か思うところがあるようでした。

その頃草薙たちは、重治がかつてアリマ発動機に勤めていたこと、王子に社宅があることを調べ、社宅に住んでいる人たちから川畑家について聞き込みをします。

 

さらに仙波のことを探すとそこには塚原の影が必ずあり、塚原が仙波のことを探していたのは確実です。

仙波はひどく衰弱していたという証言があり、そんな彼を見つけて塚原がどうするのかと考え、草薙たちはホームレスでも診てくれる病院に目をつけ、薫が探します。

 

一方、草薙は成実の中学時代の部活の友人をたずね、当時の彼女について聞きます。

すると詳細な場所は覚えていないが、成実は王子ではなく荻窪駅付近に住んでいたとその友人は証言。

 

また湯川は、重治の妻である節子が東京の小料理屋で働いていて、そこで重治と知り合ったことを知ります。

東京では薫の捜査の末に、仙波が入院しているホスピスを見つけます。

 

彼は末期癌に犯され、痛みを緩和するしかできないところまできていました。

その病院は、かつて塚原に受けた恩があり、彼からの頼みは断れないと仙波を受け入れたのでした。

 

草薙たちは仙波に会い、塚原が亡くなったことを教えると、仙波は動揺を見せます。

塚原が玻璃ヶ浦にいたことについて、仙波は自分が頼んだからだと答えますが、何かを隠しているのは明白でした。

 

その時、またしても湯川から電話があり、川畑夫妻が自首したことが告げられます。

自首

 

重治は自分が塚原を殺害し、節子に死体を運ぶ手伝いをさせたこと、成実は何も知らないということを話します。

塚原が亡くなった日の夜、恭平と重治は花火をしていて、塚原は見物のために海原の間にいました。

 

地下にはボイラー室があり、本来であればそこから出る煙は煙突に向かって出ていくはずですが、海原の間は老朽化で壁にひびが入っていて、壁の中には煙を逃がす管が通っています。

そのため海原の間に煙が流入し、そこで寝てしまっていた塚原は気が付かずに一酸化炭素中毒で亡くなってしまい、重治は父親から受け継いだ宿を潰したくなくてこのことを黙っていたのでした。

 

緑岩荘は改めて調査をすることになり、恭平と湯川は強制的に退去、たまたま同じホテルに移動します。

警察は死体を運ぶのに足の悪い重治や女性である節子では難しいと考え、成実のことも疑います。

 

すると沢村が名乗りでて、自分が死体を運ぶのを手伝ったのだと証言。

彼はこのことが公になって玻璃ヶ浦の評判が下がることを懸念し、重治に協力したのでした。

 

これで一件落着、警察はそう考えていました。

ところが再現実験をいくら行っても、海原の間の一酸化炭素濃度は致死濃度まで達しないのでした。

真実

 

草薙が湯川に連絡をとると、警察はこのままでは真実に辿りつけないと断言。

ここから進むには草薙たちの調べた情報が必要であり、節子がかつて働いていた小料理屋のことを話します。

 

節子はかつてホステスをしていて、仙波と交流がありました。

そこに小料理屋の店員募集の話があり、仙波が両者を取り次いだのでした。

 

湯川はこの話を聞いて、確信します。

仙波は冤罪であり、誰かを庇ったのだと、そして塚原は罪滅ぼしのために仙波のことを気にしていたのでした。

 

湯川は一度東京に戻って草薙たちと合流すると、入院する仙波に会いに行きます。

湯川が仙波に見せたのは玻璃ヶ浦の海が描かれた絵の写真で、緑岩荘に飾られていたものでした。

 

それは仙波、もしくはその妻が書いたものであり、宝物だったはずです。

そして、だからこそ最も大切な人に託したのではないか。

 

仙波は必死で否定しますが、もう一枚の写真を見て泣いたように笑います。

それは成実の写真でした。

 

ホスピスを出ると、次はなぜ伸子が荻窪を訪れたのかを考えます。

当時、伸子はお金に困っていて、節子に無心しにいったのではないか。

 

つまり、伸子は節子の弱みを握っていたことが考えられます。

湯川は、成実が仙波の娘であると考えていました。

 

そして、伸子がその秘密を暴きにきたため、家族を守るために成実が伸子を殺害し、仙波が庇ったのです。

その後、川畑家は玻璃ヶ浦に移り住み、それから成実は仙波の愛した海を守るために環境保護活動に打ち込んだのでした。

 

それから十五年、平穏な時間が流れましたが、そこに塚原が現れ、仙波が入院していることを節子に伝えます。

しかしその後、塚原が亡くなっているのが発見されたのでした。

結末

 

湯川は再び玻璃ヶ浦に戻り、成実に今回の事件の真相を伝えます。

塚原を殺害した犯人は恭平だといいます。

 

警察は一酸化炭素中毒の再現をできずにいましたが、一つだけ方法があります。

単に煙突をふさげばいいのですが、足の悪い重治にはできません。

 

湯川がこのことに気が付いたのは、恭平が屋上に煙突があると口にしたからでした。

下から煙突は見えないため、彼が煙突のところに上ったことになります。

 

そうすると花火の夜と繋がります。

ロケット花火を飛ばす際、宿に入らないようあらゆるところを閉め、そこには煙突も含められていて、指示したのは重治でした。

 

しかし、このことを警察に説明するには恭平のことも言及しなければなりません。

そして、恭平はすでに自分のしたことに気が付き、苦しんでいます。

 

そこで湯川は成実に、いつか恭平がこのことを聞いてきたら、隠さずに話してほしいと頼みます。

成実は自分への罰について考えていましたが、これまで以上に人生を大切にするべきだと湯川に言われ、返す言葉が見つからずただ涙をこらえるのでした。

 

湯川は最後に恭平と会い、今回のことで自分も一緒に同じ問題を抱え、悩み続けることを宣言。

一緒に行った自由研究用の実験データをもらい、恭平は花火の時の辛そうな重治の顔を思い出します。

 

しかし、いますぐ答えを出す必要はありません。

自分は一人ぼっちじゃないと、恭平は思うのでした。

最後に

 

いかがでしたでしょうか。

ガリレオシリーズ長編の湯川は本当に人間味が強く、彼なりの優しさを見せてくれるのが僕は本当に大好きです。

 

created by Rinker
文藝春秋
¥778
(2019/03/21 20:54:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

created by Rinker
ポニーキャニオン
¥2,000
(2019/03/21 20:54:09時点 Amazon調べ-詳細)

 

東野圭吾さんのランキングを作りました。

東野圭吾おすすめ文庫ベスト15!(2019年版)ミステリーから感動作まで!東野圭吾さんといえば数々の作品がドラマ化、映画化され、普段本を読まない人でも知っているくらい知名度の高い作家さんです。 作家として...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です