ミステリー

『どちらかが彼女を殺した』徹底ネタバレ解説!あらすじから結末まで!

スポンサーリンク

最愛の妹が偽装を施され殺害された。愛知県警豊橋署に勤務する兄・和泉康正は独自の“現場検証”の結果、容疑者を二人に絞り込む。一人は妹の親友。もう一人は、かつての恋人。妹の復讐に燃え真犯人に肉迫する兄、その前に立ちはだかる練馬署の加賀刑事。殺したのは男か?女か?究極の「推理」小説。

【「BOOK」データベースより】

通常、推理小説には探偵役にあたる人物が登場し、事件を解決するのですが、本書は一味違います。

推理が進み、犯人は二人にまで絞られるのですが、ついに名前が明かされず終わってしまうのです。

そこからの推理は読者に委ねられ、読者は提示された数々の証拠から『推理』する小説となっています。

タイトルの通り、二人のうち『どちらかが彼女を殺した』のです。

さらに文庫化するに当たって犯人推理に重要なワードが削除され、推理の難易度がグッと上がっているのも特徴で、そういった読者のために袋とじで『推理の手引き』というものまで用意されています。

 

この記事では、あらすじはそこそこにして、犯人を特定するための根拠などを解説していきたいと思います。

本の性質上、ネタバレが最も面白さを損なう要因なので、未読の方はご注意ください。

スポンサーリンク

あらすじ

自殺ではなく他殺

名古屋に住む和泉康正は、東京に住む唯一の肉親である妹・園子から電話をもらいますが、彼女は信じていた相手に裏切られとてもショックを受けていました。

康正は名古屋に帰ってくることを勧めますが、彼女が帰ってくることはなく、嫌な予感がして数日後、東京に行くことを急遽決めます。

園子の住むマンションに着くとインターホンを押しますが応答はなく、合鍵で中に入ります。

するとそこには、園子の死体がありました。

彼女の体には胸と背中にコードがつけられていて、時間が来ると自動で電気が流れ、ショック死するよう仕掛けられていました。

それだけであれば自殺で済むのですが、部屋の状況から彼女が誰かと一緒にいたことがうかがえ、康正は他殺だと確信。

しかし、彼は警察に任せず、自分で解決して復讐を果たすために証拠の数々を持ち帰り、捜査をかく乱します。

康正は警察の交通課に所属し、その作業は手慣れたものでした。

部屋には『J』と『カヨコ』という人物の電話番号が残されていて、友人の少ない園子にとって重要な人物であることがうかがえます。

康正は後に両者と連絡をとり、やがてJこと佃純一とカヨコこと弓場佳世子のどちらかが園子を殺害したのだと確信し、さらなる捜査を続けます。

犯人候補は二人

佃と佳世子ははじめ、園子との接触は最近なかったと話しますが、それは全て嘘でした。

園子は佃と交際していましたが、佳世子に紹介したことで佃の気持ちは佳世子に向いてしまい、今では佃と佳世子が交際していました。

動機の面からどちらが園子を殺害してもおかしくなく、康正は二人を執拗に追及しますが、お互いにかばい合い、なかなか真実が見えてきません。

そんな中、康正に何度も接触してくる刑事がおり、それが加賀恭一郎でした。

彼は康正によって手が加えられた現場を見て、かすかな違和感をもとに彼が何らかの工作をしていることを見抜きます。

さらに地道な捜査で佃と佳世子にたどり着き、康正がどちらかに復讐をしようとしていることに気が付き、それを止めます。

しかし、康正は聞く耳を持ちません。

決定的な証拠を得るために、嘘の情報を流して佳世子を事件現場に呼び出し、真実を吐かせます。

佳世子は園子を殺害するつもりで彼女の家を訪れ、しかし途中で思いとどまりますが、結局、園子は自殺してしまった。

これが佳世子の言い分ですが、康正が信じるはずがありません。

康正は佳世子に睡眠薬を飲むよういい、彼女の手足を拘束。

今度は佃を呼び出し、彼の言い分を聞きます。

しかし、彼も殺人に及ぼうとしたが思いとどまり、園子が自殺したのだと主張。

もはや康正も我慢の限界でした。

ところがそこに加賀が現れ、真実を明らかにするとして一つずつ丁寧に推理していきます。

すると康正が知りえなかった情報から犯人が判明。

康正は園子に仕掛けてあったコードと同じものを佃と佳世子に仕掛けてあって、犯人の方のスイッチを押します。

しかし、スイッチは元々繋がっていませんでした。

加賀は安堵し、後の処理を任されるのでした。

 

細かいことはほとんど省きましたが、ここからが解決編です。

もう一度言いますが、未読の方はご注意ください。

スポンサーリンク



解決編

まずは状況整理。

園子はコードが繋がった状態で見つかっており、コードは絆創膏で止められていました。

絆創膏は高い場所に置かれていたため、背の低い佳世子ではとれません。

では佃が犯人かというと、そう簡単にはいきません。

事件の夜、二人とも別々に園子の家に行っていて、先に着いたのが佃でした。

彼はワインの中に睡眠薬をいれ、園子を眠らせます。

それから仕掛けを施しますが、そこに佳世子が現れ一時中断、彼女がコードなどを片付けます。

二人はこの時点では園子を殺害しませんが、後に佳世子は現場に戻ってきたことを明かし、佃にも戻って殺害を再開することは可能です。

結果、事件現場には睡眠薬の袋が二つ残されていて、このことからあることが浮かび上がります。

それは、犯人がもう一人に自殺だと見せかけるために再度工作したということです。

睡眠薬の袋がすでに一つ破られていることは二人とも知っているため、園子が起きてから自分で再度睡眠薬を飲み、自殺したように見せかけるためにはもう一袋破る必要がありました。

ここで加賀が注目したのは、利き手です。

加賀は、破壊には必ずメッセージがあるとして、袋の破り方で利き手が分かると話しています。

園子は左利きですが、食事などは右利きの人間と変わりません。

佃は食事の時に園子が右利きであると勘違いし、自殺に見せかけるために一つ目の睡眠薬の袋を右利きの破り方で開けます。

佃は右利きだと明記されていますが、佳世子の利き手、そして二袋目の破れ方は明記されておらず、決め手に欠けるように思われます。

 

ところが、そうではありません。

まずは二袋目の破れ方ですが、仮に左利きの破り方をされていれば、園子の自殺の可能性を否定できず、加賀が他殺だと断定することができません。

つまり、二袋目も右利きの破り方をされていると推測することができます。

あとは、佳世子の利き手が問題ですが、実は単行本では『左利き』だと分かる描写があり、推理は比較的簡単でした。

しかし、文庫版ではその部分が削除されているため、読者は彼女の利き手を推理しないといけません。

そのヒントは、佳世子が自分で飲んだ睡眠薬にあります。

佳世子は康正に脅され、自分で睡眠薬の袋を破り、その袋をゴミ箱に捨てています。

康正が、それが事件解決のヒントだと気が付くころには、すでに加賀が回収していました。

本文ではこれが決め手となり、康正は犯人を特定しますが、本文中に明記されていません。

しかし、これも推理することができます。

もし袋の破り方が右利きのものだった場合、佃と同じになってしまい、事件の時の二つの睡眠薬の袋を開けた人物を特定することはできません。

逆にいうと、それが決め手となって犯人が特定できた=佳世子は左利きだったということになります。

つまり、犯人は佃です。

彼は様々なアリバイ工作をしていましたが、本文中でしっかりと見破られています。

犯行動機は、ある秘密を園子にバラされそうになったからでした。

それは、かつて佳世子は遊び半分でアダルトビデオに出演し、そのことを知った園子は、二人の仲を裂くためにそのことを佃の両親にバラすと脅していたのです。

しかし、途中で思いとどまったのが園子の手紙から読み取れますが、それを知らない佃は犯行に及んだのでした。

最後に

本文中で丁寧に説明してもらったにもかかわらず、僕はしばらく犯人の特定ができませんでした。

しかし、推理の手引きを読んでなんとなく分かり、他の読者の考察を見てようやくその仕組みを理解することができました。

いかに探偵と呼ばれる人たちが有能かが身に染みて分かった作品であり、自分でちゃんと推理する面白さに気が付きました。

東野さんの作品には、さらに容疑者が増えた推理ものをありますので、本書では物足りないという方は以下の作品もぜひ挑戦してみてください。

created by Rinker
¥788
(2019/08/19 04:45:22時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥659
(2019/08/19 04:45:22時点 Amazon調べ-詳細)

次の話はこちら。

『悪意』徹底ネタバレ解説!あらすじから結末まで! 人はなぜ人を殺すのか。東野文学の最高峰。人気作家が仕事場で殺された。第一発見者は、その妻と昔からの友人だった。逮捕された犯人が決して...

東野圭吾さんのランキングを作りました。

東野圭吾おすすめ文庫ベスト15!(2019年版)ミステリーから感動作まで! ※東野圭吾さんは電子書籍化を許諾していないため、Kindle版はありません。 https://hyakuhon.com/n...
スポンサーリンク

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です