ミステリー

『蟻の菜園-アントガーデン-』あらすじとネタバレ感想!殺人の容疑者の本当の姿は三十年前にあった

結婚詐欺容疑で介護士の円藤冬香が逮捕された。婚活サイトで彼女と知り合った複数の男性が相次いで死亡していたのだ。しかし冬香は容疑を否認。アリバイも完璧だった。美貌の冬香の身にいったい何があったのか。関心を抱いたフリーライターの今林由美が冬香の過去を追い北陸に向かうと、30年前に起きたある未成年事件にたどり着く。由美は、父親を刺した少女と冬香との関連を疑うが、証拠がなく暗礁に乗り上げてしまう…。

「BOOK」データベースより

柚月さんのミステリは本当に重厚で、読んでいて胸が苦しくなるのにページをめくる手が止まらなくなる魅力を持っています。

本書もそんな一冊で、愛情と憎悪がこれでもかと込められています。

結婚詐欺をしていた女性が逮捕され、殺人の容疑を掛けられるがアリバイがあるところから始まり、様々な角度から女性が描かれます。

点がやがて線になり、報道で目にするだけだった女性が生身の人間となって読者の目の前に現れます。

ただの事件が容疑者の人生をすることで大きく印象を変わるので、最後まで目が離せません。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

殺人容疑

結婚詐欺の容疑で円藤冬香という女性が逮捕されます。

万人が認める美しさを誇る彼女が、なぜ犯罪に手を染めたのか。

しかも冬香は別の容疑もかけられていました。

彼女と親しい交際をしていた男性が車に練炭を引き込んで自殺しますが、自殺と片付けるには不可解な点が多く残り、警察は冬香が犯人、もしくは事件に関係しているとみて捜査を進めます。

しかし、冬香は容疑を否認。

アリバイもありました。

ところが、冬香と交際した他の複数の男性も不審な死を遂げていて、彼女が不審死に関わっていることは明らかに思えました。

容疑者の本当の顔

フリーライターの今林由美は冬香の事件に興味を持ちます。

テレビなど大手メディアが報道しない冬香の本当の顔を知ろうと取材を開始。

知人の紹介から千葉新報の記者・片芝と知り合い、情報共有をしながら冬香を追います。

諦めずに小さな断片を集めた結果、由美は千葉出身である冬香と北陸に関係を見出し、少しずつ冬香の本当の顔に近づいていきます。

壮絶な幼少期

由美の取材と並行して沢越早紀、冬香という姉妹が描かれます。

母親が病死し、二人は父親の手で育てられました。

しかし、父親は重度のアルコール依存症で育児を放棄。

気に食わないとすぐに二人に手を上げ、生きていたことが不思議なほどの地獄の日々でした。

そんな姉妹の人生に転機が訪れます。

早紀は隠し持っていたカッターで父親を切りつけ、逃げ出しそのまま行方不明。

父親はアルコール依存症の治療のために入院し、冬香は施設に預けられることになりました。

冬香はそこで食事と安らかな眠りが約束された日々を手に入れますが、心の中ではいつまでも姉への恋しさが募っていました。

そして、地獄の日々はまだ終わっていませんでした。

由美は取材によってこの一連の出来事に関係した人物に辿り着きますが、円藤冬香との事件と繋げられずにいました。

冬香という名前は同じだが、今回の容疑者とは別人だという沢越冬香。

由美は失意の中、取材を打ち切ろうとしますが、違う方向からもたらされた情報によって事態は急変します。

スポンサーリンク



感想

点が線になる

冒頭、殺人事件の容疑者としての冬香が登場します。

テレビや新聞などで取り上げられる容疑者たちと同じで、特に印象などはありません。

しかし、由美の取材を通して少しずつではありますが冬香の人間像に血が通い始め、なぜ彼女は犯罪に手を染めたのだろうと疑問に感じました。

そして、冬香の過去が明かされた時、これまで点だった彼女のイメージが繋がり、それまでメディアを通じて遠くにあったはずの事件がグッと近づきます。

事件の真相自体、そう複雑なものではないので、ミステリを読み慣れている人であればある程度予想はつくでしょう。

しかし、分かっていても点が線になった時の興奮はすさまじく、僕は由美の同じ気持ちで事件を追っていたような気がします。

特段珍しい構成ではありませんが、過去と現在の使い分けが非常に上手く、自然と事件に興味が持てるよう導線が敷かれています。

難しい言葉は少なく安心して読めるけれど、目が離せないほどの強い感情が込められている本書。

本当に柚月さんの作品に外れはないと改めて尊敬しました。

視点が変われば事件も変わる

僕の個人的な考えですが、ミステリで取り扱う事件をどれだけ他人事から自分のことのように思えるようになるか。

これによって作品の評価が大きく変わると考えていて、もちろん他人事とは思えなくなっていればその作品は間違いなく名作です。

そして、本書はそういう意味において名作です。

東野圭吾さんの『白夜行』や早見和真さんの『イノセント・デイズ』を読んだ時も似た感覚を経験して、これらの感覚に覚えのある人であれば、本書がどんな作品かピンとくるかもしれません。

様々な視点を経てから冒頭の事件に戻ると、事件はもう全くの別物に変わります。

犯していい犯罪なんてないはずなのに、罪として断ずることができない。

この苦しさやもどかしさが味わえたことで、本当に読んで良かったと心から思いました。

おわりに

強い驚きがあるわけではありませんが、事件の真相が頭から離れない。

そんな強烈な印象を本書は与えてくれます。

事件解決に向けた推理ではなく、事件に隠された動機の部分にこそ最大の魅力があり、この強い感情もまたミステリの醍醐味だと、個人的には思っています。