ジャンル

『その裁きは死』あらすじとネタバレ感想!ホーソーン&ホロヴィッツシリーズ第二弾

実直さが評判の弁護士が殺害された。裁判の相手方が口走った脅しに似た方法で。現場の壁にはペンキで乱暴に描かれた謎の数字“182”。被害者が殺される直前に残した奇妙な言葉。わたし、アンソニー・ホロヴィッツは、元刑事の探偵ホーソーンによって、奇妙な事件の捜査に引きずりこまれて―。絶賛を博した『メインテーマは殺人』に続く、驚嘆確実、完全無比の犯人当てミステリ。

「BOOK」データベースより

『メインテーマは殺人』に続く『ホーソーン&ホロヴィッツ』シリーズ第二弾となる本書。

前回同様、正統派ミステリとしてフェアな推理が楽しめる一方で、他にはない魅力も含まれていて、ミステリ好きでも大満足できる一冊になっています。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

再会

アンソニー・ホロヴィッツは自身が脚本家を務めたドラマの撮影現場に立ち会っていました。

撮影現場を使用できる時間には限りがあり、現場は緊張感に包まれていましたが、突然、撮影現場のど真ん中に車が現れます。

中から出てきたのは探偵、ダニエル・ホーソーンでした。

彼は自身が捜査する姿をホロヴィッツに本にさせたことがあり、それが前作『メインテーマは殺人』です。

ホーソーンは再び殺人事件を捜査することになり、それもまた本にするためにホロヴィッツの前に現れたのでした。

第二の事件

今回、殺害されたのは離婚弁護士であるリチャード・プライス。

未開封のワインボトルで殴打され、砕けたボトルで喉を刺されて殺害されました。

これだけであれば普通の殺人事件に聞こえますが、それだけではありません。

プライスは一千万ポンドの財産をめぐる離婚訴訟を受け持っていて、その相手はアキラ・アンノという有名な小説家・詩人でした。

アキラは多くの人がいるレストランにて、プライスをワインのボトルでぶん殴ってやると脅しともとれる言葉を放っていたのです。

脅しの言葉と似た方法で殺害されたプライス。

犯人はアキラなのか。

また現場にはペンキで『182』という謎の数字が残されていて、これは何を意味するのか。

ホロヴィッツはうんざりしつつも、早くもこの事件が気になって仕方ありませんでした。

脅し

二人の捜査には、グランショー警部とその部下・ダレンが度々登場します。

グランショー警部は事件にホーソーンが出てきたことが不愉快で仕方なく、その鬱憤を容赦なくホロヴィッツにぶつけます。

ホロヴィッツがホーソーンに同行した中で得た情報は常に報告しするように。

ホロヴィッツはそう脅されますが、恐怖を抱きつつもホーソーンと共に捜査を続けます。

事件を解決するのはホーソーンが先か、それともグランショー警部が先か。

この競い合いが見られるかと思いきや、ホーソーンはホロヴィッツの一つも二つも先を行っていました。

スポンサーリンク



感想

ワクワクするフーダニット

最初の五〇ページで読者はきっと本書に夢中になるはず。

それくらい魅力的な主人公の二人と、魅力的な事件です。

本書は徹底的にフェアを貫いていて、読者はホロヴィッツの視点から事件のことを知り、それに関する情報や証拠を掴み、それらから犯人を導くことが出来るようにできています。

ここまでワクワクするフーダニット(誰が犯人かに主眼を置いた推理小説)はなかなかありません。

前作よりもテンポ良く読めますので、ぜひホロヴィッツになったつもりで、ホーソーンの先を越すくらいの気持ちで推理に臨んでみてください。

まだまだ秘密だらけ

本シリーズは全十冊を予定しているので、本書はシリーズでいうまだまだ序盤の話。

前巻よりも多少ホーソーンについて情報が開示されますが、彼が謎めいた人物であることに変わりはありません。

僕にとって、ホーソーンは決して好きなタイプではありません。

読んでいてホロヴィッツに同情したくなることも多々あります。

しかし、ここまで秘密にされると、ホーソーンはどんな人物なのだろうと好奇心を抑えられません。

二人の追う事件はこれからも続くので、ぜひホーソーン自身にも注目しながら新刊を追いかけたいと思います。

おわりに

『メインテーマは殺人』であれだけの上質なミステリを突きつけてきて、その後も同様のク

オリティを保ちながら新刊を出してくるとは夢にも思いませんでした。

これは何年かかっても良いから追いかけたい名作で、自分のこれからのミステリに対する価値観を変えてくる一冊だと確信しています。

アンソニー・ホロヴィッツさんの他の作品はこちら。