ミステリー

『犯人IAのインテリジェンス・アンプリファー―探偵AI 2―』あらすじとネタバレ感想!

人工知能探偵・相以の驚異的な推理力に大敗を喫した以相。復讐に燃える彼女は、人間の知能を増幅させ完璧な共犯者を造り、相以に挑戦状を叩きつけた。ゴムボートで漂着した死体、密室で殺された漁協長、首相公邸内殺人事件。連鎖する不可解な事象を読み解く一筋の推理の紐は、なんと以相の仕掛けた恐るべきトリックの導火線だった!?奇想とロジックが宙を舞う超絶推理バトル再燃。

「BOOK」データベースより

シリーズ第二弾となる本書。

前作がウォーミングアップだったのかと思えるくらい、本書では事件の難易度が跳ね上がり、相以と以相のバトルが一気に白熱します。

フィクションらしい登場人物の設定、性格からくるコミカルなやりとりと本格推理の両方が楽しめるのもポイントです。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

依頼

ある日、輔と相以のもとに刑事の左虎から依頼が舞い込みます。

その依頼には、前作に登場した公安の捜査官で左虎の元恋人・右龍司法が関係していました。

右龍は現総理・右龍都子の息子であり、彼はなんと三つ子でした。

それぞれ三権分立にちなんだ名前、職業で、立法(たつのり)は衆議院議員、行政(ゆきまさ)は外務省官僚として活躍していて、今回の依頼は立法からのものでした。

立法はAI戦略特別委員会のリーダーとして、将来的に警察業務の一部をAIに代行させる法案を立案していて、そのための実験として白羽の矢が立ったのが相以でした。

輔は金銭的な理由で、相以は謎欲しさにこの依頼を受けることにします。

一つ目の事件

立法からサポートを頼まれ、輔たちは長崎の壱岐に向かいます。

そこで起きた事件では、地元の漁業協同組合の会長・坂東が自宅裏庭で死体となって発見されています。

坂東は後頭部を殴られて死亡したものと見られ、現場は一種の密室でした。

状況から坂東の家族、知り合いが共犯である可能性が真っ先に浮かびますが、相以の知能をもってしても解決は容易ではなく、その場では何ともいえません。

現場にはなぜか韓国のウォン硬貨が残されていて、同時期に対馬で起きたゴムボート事件との関連性も疑われます。

二つ目の事件

輔たちは壱岐での事件を解決するために、対馬で起きた事件の捜査にも参加します。

この事件ではゴムボートに載せられた射殺体が発見されていて、被害者はなんと総理の息子である右龍行政でした。

行政は韓国に出張していて、壱岐の事件の現場に残されたウォンも含めて、一気に国際的な犯罪の可能性にまで広がります。

さらに行政の指紋が壱岐の事件現場から発見され事件への関与が疑われますが、行政が坂東を殺害するのは時間的に不可能であり、指紋の持つ意味が今一つ分かりません。

輔と相以はこの複雑に絡み合う二つの事件を追いかけ、やがて真実に辿り着きますが、そこにはAI犯人である以相のある狙いが隠されていました。

スポンサーリンク




感想

解き応えのある事件

前作において、このシリーズが人工知能(AI)というアイディアだけでない、本格ミステリとして緻密に構成されていることがすでに証明されていますが、本書において本格ミステリとしての上質さはさらに増しています。

九州における、一見なんら関係のなさそうに見える二つの事件。

辿っていくと右龍家を巻き込んだ壮大なスケールになり、その派手さでまず読者を楽しませてくれます。

そして、相以の披露してくれる推理も事件の壮大さを損なわない、理路整然とした内容で、ミステリファンを楽しませるには十分すぎるものでした。

ヒントは分かりやすい

事件を解決するには様々な要素を読み解き、組み合わせないといけないので難解であることに違いはありませんが、決して解けないということはありません。

謎の手掛かりは分かりやすいくらいに明示されるので、あとはその手掛かりをどう事件解決に役立てるかで、ここでの機転において読者は試されます。

ただ良い点として、AIである相以が真実を導き出す前提で組まれている事件なので、動機や結果にはちゃんとした理由があり、決して単なる偶然で片付けられるものではありません。

この本書ならではの特性をしっかり理解していれば、事件解決に一歩近づきます。

僕は解き明かすことはできませんでしたがある程度のところまで近づけたので、我こそはという人はぜひ輔と相以になったつもりで挑戦してみてください。

おわりに

二作目というと設定に頼り、早くも失速してしまうシリーズも少なからずありますが、本書は見事により一層輝き、このシリーズが面白いことを証明してくれました。

相以と以相はお互いから探偵、犯人として必要な知識を磨き、どんな展開を見せてくれるのか。

次作が楽しみで仕方ありません。

次の話はこちら。

おすすめミステリ小説のランキングを作りました。