さよならポニーテール

さよならポニーテール『銀河』8枚目はあらゆるベクトルに振り切りつつもバランスの取れたアルバム

【さよポニの最新モードが詰まった 8 枚目のニュー・アルバム】

作品至上主義とも言えるその独自のスタイルで、このコロナ禍においても黙々と音楽制作を続けてきた
さよポニが、ここ数年の集大成とも言えるニュー・アルバムをついに完成させました! みぃなソロや、
おはようツインテールなど、サイドプロジェクトのリリースも精力的だったこの 1 年間ですが、実は
水面下でコツコツと作り続けていたのがこのニュー・アルバム『銀河』です!
4 月にカセットのみで限定リリースされ即完売したシングル「楽園」や、先月に先行で配信されたばかり
のグルーヴィーな新曲「キマイラ」など、バラエティ豊かな全 11 曲を収録。キュートなジャケットイラ
ストは、 2019 年リリースの さよ ポニ 10 周年ベスト盤『ROM』のジャケットも手がけたイラストレータ・
中森煙(kemurismoke)による描き下ろし! キャッチーなアートワークにも注目です!

Amazon内容紹介より

1年ぶり8枚目のアルバム『銀河』がリリースされました。

今年はサイドプロジェクトのおはようツインテールでもアルバムリリースがあったので、さよポニには本当にお世話になりました。

すでに発表されていた楽曲が素晴らしいのはもちろんのこと、新たに収録された楽曲も聴き応え抜群です。

この記事では、アルバムの簡単な解説や個人的な感想を書いています。

音楽に決して詳しいわけではありませんが、楽曲を聴く際の何らかの気づきになれば嬉しいです。

そもそもさよポニって何?という人は以下の記事をご参照ください。

概要

全体の感想

すでに配信されていた『楽園』、『キマイラ』など含めて11曲が収録されています。

今回は良い意味で統一感がないアルバムだ、というのが第一印象です。

各々が今作りたい楽曲を最高に仕上げ、それが集まったアルバムはタイトルの通り、『銀河』のように壮大です。

クロネコのツイートから、このアルバムの裏テーマが『時間(の経過)』と『距離感(の変化)』であることが分かります。

統一感がないと言及されているので、自分の感じたことはそう外れていなくて一安心。

一方で見えない重力のように楽曲同士が干渉して不思議とバランス関係を保っているというのが面白く、さよポニならではのアルバムに仕上がっています。

あとポップさはいつもより控えめで、実験的なイメージも受けました。

これで完成というよりも、これからに向けてのスタートとも言えるかもしれません。

ジャケット

今回のアルバムのジャケットは、さよポニのベストアルバムである『ROM』のジャケットも手掛けた中森煙(kemurismoke)さんが担当しています。

もう、眺めているだけで幸せです。

しかも可愛いだけではありません。

ジャケットの中にはさよポニに関するあらゆる仕掛けがほどこされていて、気づくたびにニヤニヤがとまりません。

ぜひ端から端まで堪能してほしいです。

ちなみにアルバムのトレイにもクロネコのこだわりがつまっています。

次は緑ということで、アルバムがリリースされたばかりだというのに、次にもう期待してしまっている自分がいます。

初回購入特典

タワレコオンライン特典として、全五種類のサコッシュが用意されています。

僕はこれが欲しくてタワレコで予約したのですが、なんと間違えて特典不要にしてしまったのです。

痛恨のミス。

個人的にどのCDを注文する時も特典の有無で戸惑っているので、もう少し見やすい表記にしてもらえると非常に助かります。

楽曲紹介

1. はじまった

みぃなによる作詞・作曲で、アルバムのオープニングを飾ること自体がまず感慨深いです。

2020年にソロプロジェクトのアルバムが発表されて、それが活かされているからこその成果だと思います。

世界観が美しく、みぃなの歌声すらも一つの楽器として捉えているような気がしました。

語り掛けが優しく、はじまりにぴったりです。

2. 劇場

ふっくん作詞・作曲で、ゆゆによるボーカルの一曲。

『ゆあーんゆよーん』という謎の言葉に気を取られがちですが、静かに気持ち良く広がっていく音、ボーカルがとにかく素敵です。

あとメロディを支えるベースがとにかく好きで、目を閉じると淡いスポットライトを浴びて歌うゆゆが思い浮かびました。

ちなみにこの部分は中原中也さんの詩の一節からきているようなので、そちらも読んでみようと思っています。

3. キマイラ

詳細はこちらの記事をご参照ください。

相変わらずカッコ良く、アルバムの中では曲順的にも中心を担っているイメージです。

こういう正統派な曲があることで、アルバムとしてのバランスが取れているのかもしれません。

4. 楽園

配信された頃からずっと聴いていて、いつまでも飽きない一曲。

『キマイラ』同様、アルバムの中核となって他の楽曲とのバランスをとってくれています。

爽やかな曲調。

一音一音が気持ちよく、いつまでも浸っていたい。

そんな気分になります。

5. 昨日のように遠い日々(Acoustic ver.)

『きまぐれファンロード』に収録されている楽曲が、みぃなによってアレンジされています。

実は個人的に一番心に響いたのがこの曲です。

アコースティックアレンジによってテンポが落ちたことで歌詞がスッと入るようになり、すごく良い歌詞だなと言葉の素晴らしさを感じました。

原曲がファニーな感じだったのに対して、このアレンジでは胸を掴むような切なさがあって、聴き比べるとより幸せです。

6. 永遠の灰色

ふっくんによるインストナンバー。

曲順的にどうしても箸休めという意味合いが強いですが、僕はいつもさよポニのインストを楽しみにしているので嬉しい一曲です。

7. ちいさなへいわ

メグが作詞・作曲して、しかも歌っています。

とにかくアルバムにおいて異彩を放っていて、嬉しくてつい動き出したくなります。

複数人で曲を作っている強みがここにあり、さよポニの振り幅の大きさを改めて教えてくれる一曲です。

8. ゆめであえたら

同じくメグによる作詞、作曲で、あゆみんの大人っぽい声を堪能できます。

すでにリリースされている『シオン』に通ずる部分があり、合わせて聴くとアルバムの立ち位置とは違った印象があって素敵です。

9. 夜の冒険者たち

さよポニがまだボーカル三人だった時代からあった楽曲が満を持して収録されました。

このツイートの前に気づいていたファンの方はさすがです。

さよポニらしさが詰まっていて、夜の散歩のお供にしたいと思う今日この頃です。

10. みえないフレンド

今だからこその人間関係を歌っているのに、どこか懐かしさを感じるところにさよポニを感じられる一曲です。

淡い、切なくなる喜び、怖さなどが詰まっていて、青春時代に聴いていたらきっと違った風に聴こえたんだろうな、なんて思いながら聴いています。

11. この道

アルバムの最後を飾る堂々とした一曲です。

みぃなの歌声を目を閉じて聴いていると、歌詞にある風景が鮮明に浮かび上がります。

何時間でも浸っていたいと思えるほど心が一杯になる曲で、気を抜くと涙がうっすら浮かんできてしまいます。

おわりに

新たなステージに進もうという意志が強く感じられたアルバムでした。

聴けば聴くほど新たな発見があるので、あと数十回は聴いてしっかり染み込ませたいと思います。

さよポニについて知りたい人はこちら。