サスペンス

『最後の証人』あらすじとネタバレ感想!どんでん返しが待つリーガルサスペンス

検事を辞して弁護士に転身した佐方貞人のもとに殺人事件の弁護依頼が舞い込む。ホテルの密室で男女の痴情のもつれが引き起こした刺殺事件。現場の状況証拠などから被告人は有罪が濃厚とされていた。それにもかかわらず、佐方は弁護を引き受けた。「面白くなりそう」だから。佐方は法廷で若手敏腕検事・真生と対峙しながら事件の裏に隠された真相を手繰り寄せていく。やがて7年前に起きたある交通事故との関連が明らかになり…。

「BOOK」データベースより

柚月裕子さんの代表作である佐方貞人シリーズの第一弾となる本書。

本書は弁護士である佐方が臨む裁判パートと、裁判で争われている事件の様子が描かれる過去パートに分かれていて、次第に全体像が見えてくる構成になっています。

被告人が終盤まで徹底的に隠されていて、それが分かった時に物語がひっくり返るような衝撃があり、ミステリとしても楽しむことができます。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

事件

本書で繰り広げられる裁判から七年前の話。

小学五年生の高瀬卓は塾の帰り道、車に轢かれてそのまま亡くなってしまいます。

卓と一緒にいた友人は運転手の島津邦明が飲酒をしていて、信号無視したと証言。

しかし、島津が県の公安委員長をしていたことから警察は友人の証言に信用性がないとして、不起訴。

高瀬夫婦は島津に罰を与えようと出来る限りのことをしますが、夫婦の味方になってくれる人はいませんでした。

六年後、妻の美津子に胸腺癌が見つかり、あと一年も生きられないことが判明します。

一方、この頃に偶然、夫の光治は島津と会い、彼が本当に飲酒運転をしていたことを知ります。

どうせ死ぬのであれば、島津を裁いてから死ぬ。

美津子の決意は固く、光治は彼女の執念に押される形で同意し、島津の罪を裁くための計画を実行に移すのでした。

それぞれの正義

現在進行する裁判。

とある殺人事件が焦点になっていました。

ここでは被害者、弁護の依頼人の名前は終盤まで明かされず、この正体が物語の肝になっています。

弁護士の佐方貞人はかつて検察官でしたが、その仕事に疑問を感じ、罪が正当に裁かれるために弁護士になりました。

今回、裁判で佐方と対峙するのが検察官の庄司真生です。

彼女は若くして優秀で、かつて佐方の上司だった筒井の部下でした。

罪人は裁かれなければならない。

筒井の見込んだ二人の人間が己の信念を胸に、裁判でぶつかることになりました。

被告人は誰なのか

三日間の裁判と並行して少しずつ事件の状況、そこに至るまでの経緯が明らかになります。

誰が被害者で、誰が佐方の依頼人なのか。

これが明らかになった時、佐方の快進撃が始まります。

そして、読者は正しく裁かれなければならない本当の罪を知るのでした。

スポンサーリンク




感想

正統派サスペンス

読み始めてすぐに本書の虜になりました。

理不尽な事件と、罪が正しく裁かれることを願う悲痛な叫び。

その気持ちを受けて裁判に望む検察官と弁護士。

どちらも正義を胸にしていて、どちらも正しく見える。

信念がぶつかる裁判は緊迫感に包まれ、息を止めながら読みました。

柚月さんの描く登場人物には血が通い、目が離せない魅了と気迫があります。

それが再確認できて、素晴らしい読書時間でした。

被告人を隠すことによるミステリ要素

骨太な部分だけでなく、読者を驚かせる仕掛けにも工夫が凝らされています。

被害者、佐方の依頼人共に終盤まで名前が隠されているので、読者は自分の想像で物語を読み進めると思います。

どんな人に対して、佐方と真生は信念を燃やしているのか。

事件が起きるまでの経緯を見て、誰を思い浮かべるのか。

僕は王道な考えをするタイプだと思っているのですが、終盤で被害者、佐方の依頼人が明かされた時、驚きを隠せませんでした。

まさにどんでん返しです。

この要素にはミステリのテイストが込められていて、これがあることで本書の面白さは一段も二段階も上がっていると思います。

おわりに

柚月さんの得意な重厚な物語、そして信念が見える登場人物が魅力的に描かれる名作でした。

グイグイ読ませてくれるパワーを持っているので、安心して身を委ねて読書を楽しんでもらえたらと思います。

次の話はこちら。

柚月裕子ランキングのランキングを作りました。

おすすめミステリ小説のランキングを作りました。