サスペンス

『ネメシスの使者』あらすじとネタバレ感想!殺人の動機は義憤か?私怨か?

死刑判決を免れた殺人犯たちの家族が、次々に殺される事件が起きた―。現場に残されていたのは、ギリシア神話に登場する「義憤」の女神を意味する「ネメシス」という血文字。事件は遺族による加害者家族への復讐か、それとも司法に対する挑戦か?司法システムと死刑制度を正面から取り上げた社会派ミステリ。 

「BOOK」データベースより

本書では中山七里作品でお馴染みの渡瀬、古手川、岬らが登場し、事件の犯人を追うだけでなく、司法制度の問題について向き合うこととなります。

理性でどれだけ正しくあろうとしても、人間の本質は暗く残酷で、理想と現実の差がこれでもかと登場人物たちを襲います。

後半になるにつれて読者を置いてきぼりにするくらいに物語が加速していくので、そこからはもう一気読み必至です。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

ネメシス

熊谷で戸野原貴美子が殺害され、埼玉県警の渡瀬と古手川が捜査に当たります。

現場には『ネメシス』という文字が残されていました。

ネメシスとはギリシア神話に登場する女神の名前で、その語源は義憤。

中には間違って復讐と解釈されるケースもあり、渡瀬は復讐、もしくは義憤目的で貴美子が殺害されたのだと考えます。

貴美子は旧姓・軽部で、息子の亮一は十年前、自分より弱い女性二人を殺害していました。

当時の裁判で検察官の岬恭平は死刑を求刑しますが、下された判決は無期懲役。

被害者遺族からすれば到底納得できるものではなく、その復讐から遺族の誰か、もしくはその思いを代行したいと考えた人物が犯行に及んだ可能性があります。

こうして、渡瀬たちとネメシスの戦いが始まりました。

ターゲット

捜査を始めますが、亮一の殺害した被害者の遺族にはアリバイがありました。

渡瀬は当時の裁判で判決を下した裁判長・渋沢や弁護士の堤をネメシスが狙ってくるとも考えますが、そうすると二人に恨みを覚える人物が途端に増え、容疑者が絞れません。

そんな中で、二件目の事件が発生。

今度も死刑ではなく懲役を科されただけだった加害者の家族が被害者となりました。

もし、ネメシスが現在の司法制度に対する復讐目的で犯行に及んでいるのであれば、次のターゲット候補は無数にあり、絞ることが出来ません。

渡瀬は岬とも連絡をとりながら捜査を続けますが、進捗は芳しくありませんでした。

怒涛の展開

警察が苛立つ中、三件目の事件が起こる前にネメシスは逮捕されます。

あまりに出来過ぎた逮捕劇にすっきりしない渡瀬ですが、本当の驚きはここからでした。

スポンサーリンク




感想

人間の本質を考えさせられる

本書では犯人が『ネメシス=復讐、義憤の女神』のメッセージを残し、然るべき裁きを受けなかった犯罪者の家族に刃を向けます。

自分には関係ない大衆はネメシスを支持し、現代の司法制度に対して憤りをあらわにします。

第三者目線から見れば、ネメシスがしたことは単なる殺人であり、どんな大義名分があったとしても許されるものではありません。

しかし、大切な人を失った家族からすれば、加害者の家族を殺害したネメシスは自分に代わって復讐を果たしてくれた救世主であり、称賛されるべき存在に映ります。

捜査に当たる渡瀬や古手川は、司法制度と犯罪者、被害者家族の間で板ばさみとなり、苦しみながら真実を見つけるために捜査することになります。

この点だけでも、人間の本質について改めて考えるきっかけになり、犯人が分かったからといって胸のつかえがとれるような爽快感はありません。

それに加えて、『温情判事』と呼ばれる渋沢は、どんな気持ちから死刑ではなく懲役を科したのか。

最後にそれが明かされた時、人間の底知れぬ暗い気持ちに当てられ、人間の本当の怖さというものを思い知らされました、

真価は後半から

ある程度物語が進むまでは正直、物足りない感じがします。

ネメシスの正体、目的は不透明だし、被害者の共通点も薄い。

目玉となる部分が欠けているので、淡々とした読書でした。

しかし、三件目の事件の予兆が現れてから流れが一気に変わります。

それまで停滞していた物語が一気に動き出し、読者に構うことなく全速力で衝撃的な事実をいくつも突きつけてきます。

本書は中山さんの作品の中でも特に評価が高かったのですが、その理由が分かったのは後半に入ってからでした。

もし同じような感想を抱く人がいるとすれば、ぜひ本書が面白いことを信じて読み続けてください。

その思いを良い意味で裏切る衝撃があなたを待っています。

どんでん返しの連続

ミステリなのでどんでん返しがあるのは当たり前に思うかもしれませんが、本書はその言葉で片付けることが出来ないほどのどんでん返しがいくつも待っています。

犯人の正体。

犯行の目的。

渋沢が死刑ではなく懲役を科すことになぜこだわったのか。

どれも読者の予想を裏切る一級品の衝撃で、これが最後の百ページくらいにギュッと詰まっているので、理解がなかなか追いつきませんでした。

驚きの真実が分かると、あそこは伏線だったのか、とようやく気が付ける細かな描写があり、非常に完成度の高い構成であることが分かりました。

久しぶりに二度読みしないともったいないと思うほどに、一回の読書では消化しきれない上手さと驚きがあり、中山さんの作品の中でも群を抜いた傑作であることは間違いありません。

スポンサーリンク




おわりに

ミステリは物語の全体像が見えてくると全くの別物に見えてくるので、二度読みした方がより楽しめるというのは珍しいことではありません。

しかし、本書はその中でも見えている物語と本質があまりにもかけ離れているので、二度読みしないと損をしていると言ってもいいくらいの作品です。

決して後味の良い終わり方ではありませんが、それらの真実を胸にもう一度一ページ目から読んでほしいと思います。

おすすめミステリ小説のランキングを作りました。