MENU
小説

『推し、燃ゆ』あらすじとネタバレ感想!推しに人生を懸けた少女の生き辛くも懸命な物語

推しが炎上した。ままならない人生を引きずり、祈るように推しを推す。そんなある日、推しがファンを殴った。

「BOOK」データベースより

第164回芥川賞受賞作の本書。

宇佐見りんさんの二作品目で、僕ははじめて彼女の作品を読みましたが、あっという間に引き込まれました。

テンポ良く、かつ繊細な感情を巧みに表現する文章はとても二作品目とは思えない風格を備えていて、この作品は絶対に心に刻まれるという確信がありました。

『推す』という行為について、妻が腐女子ということもあり近くでその様子を見ているので、とてもリアルに描かれていると実感できたところも良かったです。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

『推し』の意味

今でこそSNS等で当たり前のように飛び交う『推し』という言葉ですが、意味がよく分かっていないという人も結構いると思います。

『推し』とは『一押しのメンバー』が短縮された言葉で、アイドルグループなどにおいて『自分は○○(メンバーの名前)推し』のように使います。

もちろんアイドルだけでなく、アニメキャラクターや俳優、もっと言ってしまえば自分の好きなものに対して何でも使えます。

『推し』という言葉には好きという感情以外にも、他の人にも知ってほしい、推しをもっと幸せにしたいといった献身的な気持ちが見られ、他の言葉では代替できない唯一無二の存在にまで確立されています。

スポンサーリンク




あらすじ

推しがファンを殴った

本書の主人公は、高校生のあかり。

あかりは一年ほど前からアイドルグループ『まざま座』の上野真幸(うえのまさき)を推し始めました。

本書では具体的な病名は明かされていませんが、あかりにはふたつの診断名が下されていて、精神的にかなり生きづらいことが分かります。

そんなあかりですが、真幸を見ていると莫大なエネルギーが噴き上がり、それがあることで生きているという実感を得ることが出来ました。

しかし、その真幸がファンを殴ったというニュースが流れ、SNSが炎上します。

真幸は本当にファンを殴ったのか。

自分はどう反応したら良いのか。

あかりは判断がつかずにいますが、真幸を推し続けることだけは決めていました。

重さに苦しむ

成長と共にやらなければいけないこと、責任などが増え、あかりはその重さに苦しんでいました。

しかし、家族も友人もそのことを理解してくれません。

例え理解しようとしてくれても、それはあかりの感じていることとは全く違う、間違った解釈です。

生きる意味を見出せないあかりですが、真幸を見ていると重さを辛いと思って良いのだと肯定されている気になれます。

それによって真幸やまざま座のファンと繋がることができ、あかりにも居場所が出来ました。

あかりにとって推すということが単なる『好き』という感情でないことは一目瞭然です。

推しを解釈するということ

あかりは真幸と触れ合ったり、直接話したいわけではありません。

ただ真幸も彼が関わる作品も全て解釈して、彼の見ている世界が見たいと願っていました。

真幸を解釈することで、解釈する自分の存在を感じることが出来る。

肉体も精神も不安定な中で、それだけは揺るがない確固たるもので、あかりは推すということを背骨と表現しています。

推しを取り巻く環境が激変する中で、あかりは真幸をどう解釈するのか。

そのことが最初から最後まで徹底されています。

感想

生々しい執着

本書を読んで、推すという行為を大袈裟に書いていると感じる人もいると思います。

僕は以前であればそう感じたかもしれません。

しかし、妻と結婚して彼女が推しのことで一喜一憂している姿を目の当たりにして、本書に描かれているあかりは紛れもなく等身大の人間だとすぐに分かりました。

意味の分からない行動が多くありますが、本人も意味を考えて行動しているわけではありません。

なぜか分からないけれど推しのことが好きになって、その人のためであれば出来ることは全てしたい。

そんな単純かつ強靭な気持ちで『推す』という行為は成り立っています。

この迷いのない強さが本書には描かれていて、生々しい執着を感じました。

喜びと苦しみ

推しに限らずですが、自分の好きなことを持っている人間は幸せです。

誰かを貶めたり貶したりせずとも、自分の好きなことに熱中することで自分自身を満たすことが出来ます。

しかし、推すという行為は永遠とは限りません。

アニメや漫画のキャラクターであれば止まった時間のことを永遠に推し続けることが出来るかもしれませんが、あかりのように三次元の人間を推す場合、高確率で推せなくなる日がきます。

相手が有名人を止めてしまった。

誰かと結婚して割り込む隙間がなくなってしまった。

時の経過によって変わってしまって推せなくなってしまった。

こうなってしまった場合、推していた熱量に応じた悲しみや苦しみが待っているかもしれません。

それはきっと推しを持たない人には決して測ることのできないほどの感情で、立ち直るには時間とパワーを必要とします。

喜びと苦しみが両極端で、苛烈な人生で自分には真似できない生き方だと感じました。

胸に突き刺さる表現

これは本書に寄せられたレビューにも数多く書かれていましたが、表現方法がとにかく素晴らしいです。

あかりの心情を表現する言葉は、僕が生きてきた中で一度も考えたことのないようものばかりでした。

それでいて心のストンと落ち、あかりの喜びや辛さを少しだけれども共有することができました。

小説という媒体は、まだまだ新しい可能性に満ちている。

久しぶりにワクワクしたし、濃密な読書を楽しむことが出来ました。

あかりと全く違うタイプの人であっても、感情移入できるよう丁寧かつものすごい熱量で描かれていますので、『推し』という行為や考え方に否定的な人にもぜひ読んで欲しい一冊です。

スポンサーリンク




おわりに

人を糾弾するばかりで、失敗や過ちに寛容でない生きにくい現代ですが、本書はその厳しい環境下で生きていく上での光になる作品ではないかと思います。

あかりにとっての真幸のように、本書は読者にとっての推しとなり、重さに苦しむことを理解してくれる存在なのかもしれません。

芥川賞について知りたい人はこちら。