SF

『マイナス・ゼロ』あらすじとネタバレ感想!昭和の東京を巡るタイムトラベル小説

1945年の東京。空襲のさなか、浜田少年は息絶えようとする隣人の「先生」から奇妙な頼まれごとをする。18年後の今日、ここに来てほしい、というのだ。そして約束の日、約束の場所で彼が目にした不思議な機械―それは「先生」が密かに開発したタイムマシンだった。時を超え「昭和」の東京を旅する浜田が見たものは?失われた風景が鮮やかに甦る、早世の天才が遺したタイムトラベル小説の金字塔

「BOOK」データベースより

広瀬正さんの代表作である本書。

1970年に単行本化されたとは思えないほど、令和に読んでも色あせない魅力を誇っています。

詳細は後述しますが、SF小説の入門としても最適であり、SFファンであれば外せない名作です。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

本をお得に読みたい人には『Kindle Unlimited』をオススメします。

小説のみならずビジネス書、マンガ、専門書など様々なジャンルの作品が200万冊以上読み放題

新規加入なら30日間の無料体験ができるので、無料期間中に退会すればお金は一切かかりません。

また今なら期間限定で2か月1,960円→99円で利用できるキャンペーンも実施中です。

なかなか手に取れない数千円、数万円するような本を読むのもアリ。

マンガであれば一か月で数十冊読めてしまうので、シリーズものも無料で読破できます。

気になる人はぜひ30日間無料体験でお試しください。

【公式サイト】Kindle Unlimited

あらすじ

戦時中

物語の舞台は昭和二十五年の日本。

中学二年生の浜田俊夫は学徒動員で飛行機の部品を作っていました。

常に空腹で、空襲で夜も満足に寝られない日も続いていました。

そんな浜田にとって唯一の楽しみは、隣に住む三つ年上の啓子の存在でした。

小田切美子という映画女優そっくりの美人で、啓子の父親(先生)に勉強を見てもらうためによく啓子の家に行っています。

そんなある日、焼夷弾で隣の家が燃えてしまい、浜田は様子を見に行くと倒れた先生を見つけます。

怪我の状態が気になる中、先生はとある約束を浜田とし、そのまま亡くなってしまいます。

そして啓子は行方不明になってしまいました。

十八年前の約束

それから十八年後。

大人になって就職もした浜田は、約束を果たすために先生の家に向かいます。

そこには及川という別の人物が住んでいましたが、事情を説明すると快く了承してくれ、ここで浜田の交わした約束が明らかになります。

それは十八年後の午前零時、先生の研究室に行くことです。

及川の配慮によって浜田は一人で研究室に向かいます。

迎えた約束の時間。

研究室から出てきたのは、行方不明のはずの啓子でした。

タイムマシン

現れた啓子は十八年前とまったく同じ容姿で、かつ浜田のことを知らない様子でした。

混乱する啓子と粘り強く話し、それから浜田は研究室の中にあるロッカーを大きくしたような箱を見つけます。

これらを総合して、浜田は啓子がタイムマシンに乗ってあの空襲の日から時間を超越してここにやってきたことを理解します。

幸い、啓子は飲み込みが早く、自分の置かれた状況と十八年後の世界を驚くべき速度で吸収していきます。

落ち着くと二人は先生の遺したノートからタイムマシンについて学びますが、それがまた新たな波乱を生むことになります。

感想

タイムトラベルの魅力が凝縮されている

今では時間移動を物語に組み込んだ小説は無数にありますが、それらを含めても本書は飛びぬけた魅力をほこっています。

啓子がタイムマシンで乗ってきたということを確信するまでの思考。

先生のノートから読み取れる驚愕の事実。

タイムマシンがもたらした新たな問題。

どれもが良いアクセントになっていて、四〇〇ページを超えるボリュームでも一秒たりともダレることはありません。

最後まで本書の魅力の虜です。

結末が秀逸

僕が本書の中で特に気に入っているのが、結末に用意された真実です。

あまりに上手く進むがゆえに、怪しいと感じる場面。

タイムトラベルによって歴史はどう変わるのか。

こういったことに対する答えが最後に明かされるのですが、これには何度も頷くほどの納得感がありました。

今であればありふれたアイディアかもしれませんが、本書にはこれしかないというようなズバリな結末で、僕はこの部分を非常に秀逸だと感じました。

おわりに

SFを読んだことのない人にも、SFが大好きという人にもオススメしたい一冊です。

名作はいつまで経っても名作。

そんな当たり前のことに気づかされた、素敵な読書時間でした。

本をお得に読みたい人には『Kindle Unlimited』をオススメします。

小説のみならずビジネス書、マンガ、専門書など様々なジャンルの作品が200万冊以上読み放題

新規加入なら30日間の無料体験ができるので、無料期間中に退会すればお金は一切かかりません。

また今なら期間限定で2か月1,960円→99円で利用できるキャンペーンも実施中です。

なかなか手に取れない数千円、数万円するような本を読むのもアリ。

マンガであれば一か月で数十冊読めてしまうので、シリーズものも無料で読破できます。

気になる人はぜひ30日間無料体験でお試しください。

【公式サイト】Kindle Unlimited

関連記事はこちら。