エンタメ

『まほろ駅前多田便利軒』あらすじとネタバレ感想!東京のはずれで便利屋の二人が織りなすドタバタ劇

まほろ市は東京のはずれに位置する都南西部最大の町。駅前で便利屋を営む多田啓介のもとに高校時代の同級生・行天春彦がころがりこんだ。ペットあずかりに塾の送迎、納屋の整理etc.―ありふれた依頼のはずがこのコンビにかかると何故かきな臭い状況に。多田・行天の魅力全開の第135回直木賞受賞作。

「BOOK」データベースより

第135回直木賞を受賞した本書。

そもそも直木賞ってなに?という人はこちらの記事をご参照ください。

映画化もされています。

便利屋を営む多田のもとに転がり込んできた高校時代の同級生である行天。

二人は一緒に暮らしながら日々舞い込む依頼をこなすわけですが、とにかく行天が事態をややこしくします。

それだけでも大変なのに、多田もまた問題を引き起こすので、ただの雑事が一大仕事にまで発展します。

その中で二人の過去が語られ、笑っていると不意に感動が押し寄せる。

そんな作品に仕上がっています。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

本をお得に読みたい人には『Kindle Unlimited』をオススメします。

小説のみならずビジネス書、マンガ、専門書など様々なジャンルの作品が200万冊以上読み放題

新規加入なら30日間の無料体験ができるので、無料期間中に退会すればお金は一切かかりません。

また今なら期間限定で2か月1,960円→99円で利用できるキャンペーンも実施中です。

なかなか手に取れない数千円、数万円するような本を読むのもアリ。

マンガであれば一か月で数十冊読めてしまうので、シリーズものも無料で読破できます。

気になる人はぜひ30日間無料体験でお試しください。

【公式サイト】Kindle Unlimited

あらすじ

便利屋

物語の舞台は東京のはずれにあるまほろ市。

東京か神奈川かどっちつかずな中途半端な場所に位置しますが、市内であらゆることが事足りるためそれなりに栄えています。

多田啓介はそんなまほろ市の駅前で多田便利軒という便利屋を営んでいます。

病院のお見舞いの代理に、バス停の見張り、犬の預かりなどなど。

仕事とも思えないような依頼が数多く舞い込み、多田は文句もいわずにそれらの依頼をこなしていました。

唐突な同居人

ある日、多田は依頼人から預かっていた犬を見失ってしまい、探していました。

その時、とある男性がその犬を捕まえていて、多田は驚きます。

その男性は高校時代の同級生・行天春彦だったのです。

行天は当時、頭が良いものの何も話さないため変人扱いされていました。

唯一しゃべったのは、誤って裁断機で右手の小指を切ってしまった時で、それ以降も沈黙を貫いていました。

久しぶりに会った行天は性格が変わったのか多少はコミュニケーションがとれるようになっていて、小指もぎこちないながらも繋がっています。

多田はすぐに行天に行く当てがないことに気が付き、仕方なく家に連れて帰るのでした。

二人の過去

行天が家に住み着いて以来、多田の生活に変化が訪れます。

行天は仕事に一応ついてきますが、ほとんど役に立つことはありません。

食費や光熱費など余計にかかりますし、多田はほんの少しですが給料も払っています。

これだけだと多田の負担が多くなっただけに見えますが、多田はそんな生活に不満を特に思うこともなく、日々を過ごしていました。

しかし、一緒にいる中で二人それぞれに人に言えない過去があることが浮き彫りになります。

二人はどんな人生を歩んできたのか。

これから先、二人はどこに進んでいくのか。

様々な依頼を通じて二人の人生が再生していく様子が描かれています。

感想

嚙み合っていないようで噛み合う二人

冴えないおじさんが二人で同居。

このワードだけでいかに華がないかが分かります。

幸い、二人は性格の不一致などで嚙み合っておらず、適度な距離感を保っているのでむさくるしすぎるということはありません。

しかし、読み進めていくとなんだかんだお互いを必要としていることが随所に描かれています。

これが微笑ましく、本書の一番の魅力ではないかと思います。

少しずつ明かされる過去

その他に魅力を挙げると、主人公である多田と行天の過去があります。

無職で行く当てのない行天は見るからにわけありですが、複雑な過去が想像以上であることが次第に明かされます。

それだけでなく、便利屋として一応自立している多田にも人に言えない過去があります。

問題の深さでいうと行天と同程度で、なかなかにヘビーです。

人生はやり直せる

本書では多田と行天の過去が描かれ、それで終わりということではありません。

その過去についてもう片方の意見が添えられ、今までと違う形で受け入れられていきます。

人生は何度でもやり直せる。

きれいごとですが、過去は時間が経てば形が変わりますし、誰かが許してくれる時がくることもあります。

人生の再生。

そこまで大袈裟ではありませんが、そんなテイストが本書の根底には流れ、僕はこの部分が一番好きです。

おわりに

多田と行天をはじめとした強烈なキャラクターにまず魅せられた本書。

次第に彼らの歩んできたこれまでの人生を含めて好きになり、フィクションだからこそ出来る形でほんの少しだけ救われるところに何度も胸を打たれました。

シリーズ作品なので、本書にはまったという人はぜひ次巻以降にも挑戦してみてください。

本をお得に読みたい人には『Kindle Unlimited』をオススメします。

小説のみならずビジネス書、マンガ、専門書など様々なジャンルの作品が200万冊以上読み放題

新規加入なら30日間の無料体験ができるので、無料期間中に退会すればお金は一切かかりません。

また今なら期間限定で2か月1,960円→99円で利用できるキャンペーンも実施中です。

なかなか手に取れない数千円、数万円するような本を読むのもアリ。

マンガであれば一か月で数十冊読めてしまうので、シリーズものも無料で読破できます。

気になる人はぜひ30日間無料体験でお試しください。

【公式サイト】Kindle Unlimited

関連記事はこちら。