エンタメ

原田マハ『本日は、お日柄もよく』あらすじとネタバレ感想!言葉を伝える極意がこの一冊に

created by Rinker
¥677
(2020/04/10 14:25:04時点 Amazon調べ-詳細)

OL二ノ宮こと葉は、想いをよせていた幼なじみ厚志の結婚式に最悪の気分で出席していた。ところがその結婚式で涙が溢れるほど感動する衝撃的なスピーチに出会う。それは伝説のスピーチライター久遠久美の祝辞だった。空気を一変させる言葉に魅せられてしまったこと葉はすぐに弟子入り。久美の教えを受け、「政権交代」を叫ぶ野党のスピーチライターに抜擢された!目頭が熱くなるお仕事小説。

【「BOOK」データベースより】

原田マハさんといえば美術関係の作品を思い浮かべる人も多いと思いますが、本書はそういった原田さんの専門分野が解禁される前の作品です。

しかし、侮ることなかれ。

本書は一言でいえばお仕事小説のようなもので、スピーチライターという職業にスポットライトが当てられています。

どんな言葉で、どんな気持ちを伝えたいのか。

一つ一つのフレーズ、単語に意味や感情が込められていて、一言一句見逃すことができない極上のエンタメ作品に仕上がっています。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

言葉のプロフェッショナル

二ノ宮こと葉は、幼なじみで好きだった今川厚志の結婚式に参列します。

寝不足もあり、退屈なスピーチで居眠りをしてスープに顔を突っ込むという大失態を晒してしまいます。

落ち込むこと葉ですが、見知らぬ女性に声を掛けられ、会場はあれによって救われたとフォローしてくれます。

名前も知らないまま女性は立ち去りますが、すぐに彼女のことを知ることになります。

その女性はこの後、披露宴会場で見事なスピーチを披露し、こと葉だけでなく会場の全員に感動を与えます。

これがこと葉と、言葉のプロフェッショナルでありスピーチライターの久遠久美との出会いでした。

依頼

久美は、厚志の今は亡き父親で国会議員だった篤郎のスピーチの原稿作りに関わっていて、その縁から結婚式に招待されていました。

こと葉は同僚で友人の千華の結婚式のスピーチを頼まれていて、コツを教えてもらえないかと厚志に頼んで久美を紹介してもらいます。

久美はお金をとらない代わりに仕事を手伝ってもらうことを条件に、こと葉のスピーチ作りの手伝いをします。

その結果、こと葉のスピーチは感動を生み、とある人物の目に留まります。

決意

こと葉は人事異動で広報部に異動となることが決まりました。

進言したのは厚志と同業のライバルで、勢いに乗っているコピーライター・和田日間足(わだかまたり)。

千華の結婚式でのこと葉のスピーチを聞いて、その素質に気が付いたのです。

こと葉は久美や和田との交流を経て、だんだん言葉を伝える面白さへの関心を高めていきます。

そんな中、野党である民衆党の党首・小山田の希望で、神奈川の選挙区から厚志に立候補してほしいと依頼があります。

迷った末に厚志はこの依頼を承諾。

こと葉もスピーチライターとして厚志を支えたいと思い、今の会社を退職すると共に正式に久美の事務所で所属するのでした。

言葉の力

厚志とこと葉は少しずつ世論を味方につけていきますが、予期せぬことが発覚します。

与党である進展党のブレーンが和田だったのです。

実力からいえばこと葉など和田の足元にも及びませんが、選挙はそれだけで決まるものではありません。

こと葉は周囲の協力を得ながらも厚志を影ながら支え、和田とは時にライバルとしてぶつかりつつも、徐々に惹かれていくのでした。

そして、ついに命運をかける選挙の日がやってきます。

スポンサーリンク



感想

スピーチの役割

人前で話すのが得意、と言い切れる人はあまり多くないと思います。

得意だという人も自分の話したいことが優先しがちで、受け手のことを考えて話せる人って本当に少ないんだなと本書を読んで思い知らされました。

どうしたら話を聞いてもらえるのか。

どうしたらインパクトを与えられるのか。

どうしたら相手の心を動かせるのか。

本書には、その極意がふんだんに盛り込まれています。

一方で、スピーチは魔法ではない、全てを変えたなんて思い上がらない方がよいとも書かれていて、いかにその道を追求し続けることが大事かも描かれています。

人前で話すことが苦手な人、もしくはもっと上手く気持ちを伝えたいという方は、ぜひ本書に書かれた極意を実践してみてはいかがでしょうか。

僕もプレゼンなどの場で活用してみたいと思います。

名言の数々

スピーチライターに焦点が当たっていることもあり、本書には名言がいくつも登場します。

僕は王道ですが、『困難に向かい合ったとき~』のフレーズがいつまでも頭が離れません。

物語の終盤、どれだけの人がこの言葉に救われ、再び歩き出すことが出来たか。

力強く押し出すのではなく、優しく支えてくれる言葉で、これを口にした人の性格やその素晴らしさがこれでもかと表現されています。

それから広告やCMなどで目にしたり耳にしたりする印象的なフレーズの数々。

それらがどうやって生まれたのかなども説明されていて、本書を読めば読むほど言葉をもっと大事しようと思えました。

極上のエンタメ

『ロマンシエ』を読んだ時も驚きましたが、美術関係を扱った作品とは全く違った表情を見せてくれる作品で、原田さんの豊かな感性には驚かされました。

序盤も序盤、スープが十分に温かった時点で、電車内で読んだことを後悔しました。

無表情で読むのが大変なくらいに面白い。

本書はスピーチライターという職業の在り方について語りながらも、一方でこと葉という女性の挫折や成長がクローズアップされ、この二つが組み合わさることで本書は極上のエンタメ作品として成り立っているのだと思います。

そして、何よりも僕が気に入ったのはその締め方です。

選挙の話になってスケールが大きくなりますが、最後にはタイトルの『本日は、お日柄もよく』に戻ってくる。

序盤で見る言葉ですが、最後に見るとこの言葉の素晴らしさが身にしみて、自然と涙腺が緩んでしまいました。

おわりに

単純に面白い話が読みたい。

そんな人に本書をおすすめしたいと思います。

理屈抜きで、あるがままを読めば本書の素晴らしさが分かります。

それくらい本書は言葉の一つ一つを選び抜いていて、問答無用で読者を虜にしてくれます。

created by Rinker
¥677
(2020/04/10 14:25:04時点 Amazon調べ-詳細)

読書に特化した端末『Kindle Paperwhite』
詳細はコチラ
読書に特化した端末『Kindle Paperwhite』
詳細はコチラ