ホラー

『秋の牢獄』あらすじとネタバレ感想!切なさ、妖しさを内包した三つの短編ホラー

十一月七日水曜日。女子大生の藍は秋のその一日を何度も繰り返している。何をしても、どこに行っても、朝になれば全てがリセットされ、再び十一月七日が始まる。悪夢のような日々の中、藍は自分と同じ「リプレイヤー」の隆一に出会うが…。世界は確実に変質した。この繰り返しに終わりは来るのか。表題作他二編を収録。名作『夜市』の著者が新たに紡ぐ、圧倒的に美しく切なく恐ろしい物語。

「BOOK」データベースより

『夜市』でデビューし、他にない発想力と魅力を見せてくれた恒川光太郎さんの作品である本書。

表題作の他に二作の短編で構成されています。

それぞれ違った魅力を持っていますが、どれも幻想的なぼんやりとして、でもある時ハッとする恐怖を内包していて、どこか『夜市』に通じるものを感じました。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

秋の牢獄

繰り返す十一月七日

大学二年の藍は何気なく十一月七日を過ごすと、翌朝、再び十一月七日を迎えていました。

いわゆるタイムスリップです。

しかも行動を変えても、翌日になるとまた十一月七日に戻ってしまうのです。

寝ないようにしてもいつの間にか意識を奪われ、気が付くとまた新しい十一月七日が始まり、終わることのない日々に藍は絶望を覚えます。

そんな時、同じように秋の牢獄に閉じ込められている人と出会い、同様の現象に直面している人が数十人もいることを知ります。

彼らは同じ日を何度もリプレイすることから、自分たちのことをリプレイヤーと読んでいました。

藍は彼らと過ごすことで、繰り返される十一月七日を出来るだけ有意義に過ごし、やがて訪れるであろう十一月八日を待ちます。

北風伯爵

例え死んでも翌日には生き返る世界ですが、唯一、リプレイヤーたちが恐れる存在がありました。

それは白い布をかぶったお化けのような存在で、北風伯爵と呼ばれていました。

北風伯爵によってリプレイヤーの何人かが行方不明にされていて、藍の周囲のリプレイヤーも一人、また一人と消されていきます。

北風伯爵に捕まった人間は十一月八日に送られたのかもしれない。

そう考えるとリプレイヤーたちの覚悟は決まり、いつか訪れる最後までそれぞれの時間を過ごすことにするのでした。

神家没落

主人公のぼくは酔っていたせいか見知らぬ道に入りこみ、そこで一軒の家を見つけます。

家には翁の面を被った男が暮らしていて、ぼくが来るのを待っていたのだといいます。

この家は神域と呼ばれるような特殊な場所で、男の村では代々守り継がれてきました。

しかし、男の次の継承者は現れず、男は死んでもなおこの家から出ることが出来ずにいました。

そこで男は待っていました。

男の代わりに、この家を守ってくれる人間が現れるのを。

ぼくが家の敷地に入ったことで男は自由を手に入れ、ぼくは代わりに家に閉じ込められてしまいます。

再び出るには、身代わりを新たに用意しないといけません。

家は数日ごとに日本全国のどこかに移動し、そのスケジュールはあらかじめ決められています。

ぼくは策を練ってついに身代わりの男を家の敷地に入れることに成功しますが、やがて自分の犯したミスに気が付きます。

幻は夜に成長する

主人公のリオは魔法使いの祖母と一緒に暮らしていました。

祖母は霊狐の力と呼ばれる幻術を使うことができ、周囲の人間から恐れられていました。

ある日、祖母を好ましく思っていない誰かによって家は焼かれ、祖母は亡くなってしまいます。

残されたリオですが、両親を名乗る人たちによって引き取られ、ここで魔法使いが本当の祖母でなかったことを知らされます。

リオは海に行った時に祖母に誘拐され、記憶を操作されていたのでした。

こうして日常に戻ったリオですが、魔法使いから霊狐の力が受け継がれていて、日に日に幻術は強くなっていきます。

それはリオの人生を大きく歪めてしまうほど強大なものでした。

生死の自由すら奪われた中で、リオは自分の内で怪物を育て始めるのでした。

スポンサーリンク



感想

閉じ込められた人の末路

『秋の牢獄』はタイトルにある通り、秋の牢獄に閉じ込められた人たちが描かれ、そこからどうやって脱出するかが描かれます。

他の二編についても同じことがいえ、それぞれ『神域というべき家』、『己の生み出す幻想の世界』に閉じ込められています。

特に『幻は夜に成長する』では閉じ込められたまま物語の幕は下り、リオの行く先は読者の想像に委ねられています。

設定こそ違えど『閉じ込められる』ことと『脱出』という部分で共通しているので、一冊の作品としてまとまりが生まれています。

するりと忍び寄る恐怖

三つの物語はどれもテイストこそ違いますが、上述以外にも共通しているものがあります。

それはいつの間にか目の前に、もしくは自分の内に忍び寄る恐怖です。

明らかに恐怖を感じるものが描かれることは少なく、はじめは何となく不安を感じる程度で、そこまでホラーという感じではありません。

しかし、やがてその不安が大きくなっていき、気が付くとすぐ側に恐怖という形でこちらを見つめています。

叫び声を上げるようなホラーを求める人からすれば物足りないかもしれません。

一方で、背筋を冷たいものが伝うような恐怖なので、ホラーが苦手な人でもそこまで無理なく読めるのではないでしょうか。

秋の牢獄が特におすすめ

どれも設定自体に魅力がありぜひ読んでほしい作品ですが、あえておすすめするなら僕は『秋の牢獄』を推します。

いつか自分の身にも起こるかもしれないという身近さ、北風伯爵という正体不明で抗う術のない絶対的な存在、特殊な環境下において暴かれる人間の本性。

それらが絶妙に組み合わさっていて、いつまでもまとわりつくような嫌な感じがたまりませんでした。

『秋の牢獄』という美しい言葉も好きです。

一般的にイメージするような堅牢な牢獄とは違いますが、それ以上に絶対に破ることの出来ない絶対的な牢獄で、哀愁漂う秋という季節も合わさって物語のタイトルにぴったりです。

おわりに

どれも短編集でページ数としてはすっきりしていますが、読み応えはどれもしっかりあります。

それは物語への圧倒的な没入感から生まれるもので、描写されたものが自然とイメージできてしまうほどに丁寧かつ緻密に描かれています。

この没入感は他の小説ではなかなか味わうことが出来ないので、ぜひ丁寧に読んでみてください。

恒川光太郎さんの他の作品はこちら。