ミステリー

『月光ゲーム Yの悲劇’88』あらすじとネタバレ感想!月の魔力漂う有栖川有栖のデビュー作

夏合宿のために矢吹山のキャンプ場へやってきた英都大学推理小説研究会の面々―江神部長や有栖川有栖らの一行を、予想だにしない事態が待ち構えていた。矢吹山が噴火し、偶然一緒になった三グループの学生たちは、一瞬にして陸の孤島と化したキャンプ場に閉じ込められてしまったのだ。その極限状況の中、まるで月の魔力に誘われでもしたように出没する殺人鬼。その魔の手にかかり、ひとり、またひとりとキャンプ仲間が殺されていく…。いったい犯人は誰なのか。そして、現場に遺されたyの意味するものは何。

「BOOK」データベースより

有栖川有栖さんのデビュー作であり、学生アリスシリーズ第一弾である本書。

火山の噴火で孤立したキャンプ場を舞台として殺人が起こるという、クローズドサークル物を扱っています。

ミステリが好きな人であれば思わずニヤついてしまうようなミステリネタが満載ですが、ミステリ初心者でも楽しめる一冊ですのでご安心ください。

また本書では読者にも平等に謎を解くカギが全て開示され、著者である有栖川さんから挑戦状をたたきつけられますので、ぜひ自分でも推理しながら答え合わせをするつもりで読んでもらえればと思います。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

夏合宿

英都大学推理小説研究会に所属する江神次郎、望月周平、織田幸次郎、有栖川有栖は夏休みを利用して、矢吹山のキャンプ場で合宿をすることにしました。

道中、雄林大学、神南学院短期大学の男女と出会い、総勢十七人の大所帯でキャンプを共にすることにします。

次第にグループの垣根を超えて交流を深め、大学生活の楽しい思い出の一ページになるはずでした。

ところが、一行をアクシデントが襲います。

火山の噴火

三日目の朝、神南学院短期大学の山崎小百合が下山すると書き置きを残して姿を消します。

そして突然、矢吹山が噴火。

幸い、怪我人が出たものの、全員が無事でしたが、噴火によって状況が一変。

山崩れによって道が塞がれ、自力での下山は不可能になってしまいます。

一同が矢吹山に登っていることは他の人にも知られているため、いつか助けがくるはず。

そう信じて一同は救援を待ちますが、救援が訪れる前に新たな問題が発生します。

閉ざされた空間での殺人

噴火の翌朝、雄林大学の戸田が何かで刺されて殺害されているのが発見されます。

地面には、ダイイングメッセージと思われる『Y』の文字。

名前にYがつく人は一人のみですが、決定的な証拠とはいえません。

凶器は見つかりませんでしたが、次の殺人を阻止するために凶器となるナイフは一か所に集め、次の殺人を防ごうと一同は考えます。

しかし、月の魔力に誘われたかのように負の連鎖は止まりません。

再度噴火が起こり、さらに姿を消す人と新たな刺殺体。

そして、またしてもダイイングメッセージとして残されていた『Y』の文字。

極限の状態の中、江神と有栖はこの謎に挑みます。

スポンサーリンク



感想

これぞ本格ミステリ

本格ミステリとは何かという問題があると思いますが、僕は謎解きが魅力の中心にあり、論理的に考えれば真実に辿り着けるものを本格ミステリだと考えています。

その観点からいえば、本書はまさに本格ミステリです。

癖の強い大学生たちが青春を謳歌しているところから一転、殺人事件に巻き込まれる。

火山という特殊な設定を活かしたクローズドサークル、ダイイングメッセージの存在。

デビューが同時期なので当然といえば当然ですが、綾辻行人さんの『十角館の殺人』を思い出しました。

推理はちょうど良い難易度

本書では終盤、作者である有栖川さんから読者に挑戦状が叩きつけられます。

必要な情報は全て提示したから、解けるものなら解いてみろと。

僕はこの趣向がたまらなく好きで、何が何でも解いてやると何度も読み返してしまうほどです。

残念ながら僕の推理は外れていましたが、ある程度までは正しい推理が出来ていましたので、そこまで無理難題というわけではありません。

問題となるポイントはけっこう分かりやすく提示されていますので、あとはそれがどう事件に繋がるのか。

決めつけずに柔軟に考えれば、もしかしたら正解に辿りつけるかもしれません。

癖の強さは賛否が分かれる

登場人物の癖の強さが本格ミステリの魅力でありますが、それがあるゆえに読む人を選びます。

気障な言葉や仕草、現実離れした人物設定。

これを魅力と捉えるか、非現実的で受け入れられないと捉えるか。

ぜひその目で確かめてみてください。

おわりに

日本のミステリを知る中で、本書は欠かせない一冊だと思います。

癖の強い面々、閉ざされた空間での殺人にダイイングメッセージなど、ミステリの面白い要素がふんだんに盛り込まれ、それがうまくまとまっているので、ミステリ入門の一冊目としても良いのではないでしょうか。

次の話はこちら。