ミステリー

『さよならドビュッシー』あらすじとネタバレ感想!音楽とミステリが融合した岬洋介シリーズ第一弾

ピアニストからも絶賛!ドビュッシーの調べにのせて贈る、音楽ミステリー。ピアニストを目指す遙、16歳。祖父と従姉妹とともに火事に遭い、ひとりだけ生き残ったものの、全身大火傷の大怪我を負う。それでもピアニストになることを固く誓い、コンクール優勝を目指して猛レッスンに励む。ところが周囲で不吉な出来事が次々と起こり、やがて殺人事件まで発生する―。第8回『このミス』大賞受賞作品。

「BOOK」データベースより

『どんでん返しの帝王』などと呼ばれるほど不動の地位を築いている中山七里さんのデビュー作である本書。

第8回「このミステリーがすごい!」大賞の大賞受賞作であり、『岬洋介』シリーズとして中山さんの作品の中でも特に人気のあるいわば土台の作品でもあります。

ミステリとしての驚きだけでなく、題材となっているクラシック音楽の瑞々しく迫力のある音が文章で楽しめるので、エンタメ好きにもオススメです。

以下は本書に関する中山さんへのインタビューです。

楽天ブックス:著者インタビュー 中山七里

ちなみに映画化もされています。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

奇跡の生存

香月遥は音楽科のある高校への進学が決まり、ピアノの練習に励んでいました。

彼女にはルシアという従姉妹がいて、ルシアはスマトラ島沖地震で両親を亡くし、香月家に引き取られていました。

二人は同い年、背格好が同じにも関わらず性格は正反対。

なのに相性は抜群で、親友として日々ピアノの練習に明け暮れていました。

そんなある日、香月家が火事になり、祖父の玄太郎とルシアが命を落とし、遥は生き残ったものの重度の全身やけどを負います。

皮膚を移植しても手術痕は残りませんでしたが、様々な皮膚を移植しているため色の違いまでは誤魔化せず、また喉にも後遺症が残ってまるでカエルの声でした。

莫大な遺産

退院後、遥や家族の元に香月家の弁護士である加納が現れ、玄太郎の遺産の行方について説明します。

玄太郎は十億円以上の莫大な資産を遺していましたが、驚くことにその半分は遥に向けられていました。

信託財産に組み込まれているので好きに使えるわけではありませんが、彼女の人生が金銭的に豊かになることは間違いありません。

親族の中にはこの遺産相続に納得のいかないものもいて、香月家に不穏な空気が流れ始めます。

魔法使いの弟子

遥は移植した皮膚がまだ馴染まないまま学校に通い始めますが、音楽科である以上、ピアノが出来なければどうしようもありません。

しかし、今の遥にとってピアノを弾く以前に、日常生活のあらゆる動作が難しく、ピアノを弾くことなど夢のまた夢のように思えました。

そんな時、遥のピアノの講師に名乗りを挙げてくれたのが、期待の新鋭ピアニスト・岬洋介でした。

岬のアドバイスはまるで魔法のように遥の指を動かし、驚くべきスピードでピアノの演奏技術が上達していきます。

もちろん、それは遥の血も滲むような努力があったからこそであり、二人は二人三脚で目標のコンクールに向けて猛レッスンを開始します。

遥を狙う何者かの影

その頃、遥の周りでトラブルが連続します。

階段のすべり止めが剥がれて階段を落ちかけたり、何者かに押されて車に轢かれてかけたりしたこともありました。

岬は偶然ではなく、何者かによる作為を感じていましたが、こんなことが出来る可能性があるのは香月家にいる誰かということになります。

岬はこのことを遥に内緒にするよういい、レッスンの傍ら、警察のように調査を始めます。

後に岬の父親が凄腕検察官の岬恭平で、岬自身も司法試験をトップで合格し、それでもピアニストの道に進んでいたことが判明します。

遥の命を狙うのは誰なのか。

コンクールで演奏が出来るのか。

様々な不安がよぎる中で、今度は殺人事件が起きて事態はさらに複雑になっていきます。

スポンサーリンク




感想

立体感のある音楽描写

僕の第一印象として、本書はミステリではなく音楽を題材としてエンタメ小説です。

それくらい演奏、特に岬によるピアノの演奏のシーンが印象的でした。

ただ音楽にまつわる事実や歴史などを語るだけでなく、演奏一つにしても描写がとにかく豊かで、まるで目の前でピアノが鳴っているのではないかと錯覚するほど立体的な描写でした。

感覚としては、恩田陸さんの『蜜蜂と遠雷』を読んだ時のものに似ています。

僕は中山さんの作品の中でも本書を読んだのはかなり後期ですが、それでも特に印象に残る作品で、改めてこれが本当にデビュー作かと驚きを隠せません。

中山作品の中で音楽が取り上げられることはしばしばありますが、本書に込められた情熱はその比ではなく、人気の高さにも素直に頷けました。

ミステリも忘れていない

僕は第一印象で音楽ばかりに気を取られていましたが、決してミステリ部分が面白くないわけではありません。

事件としてはそこまで広く展開しませんが、そこには細かな伏線が張られていて、最後にあっと言わされてしまうほどの驚きがありました。

この頃からどんでん返しの威力は凄まじいです。

岬の推理は淀みなく、いつでも真実を見抜いているかのような安定感を誇っているので、ハラハラドキドキというよりは安心して結末を見届けるミステリといえば伝わりやすいかもしれません。

ややくどい

気になったのが、四百ページというボリュームに対して内容が少し薄いことです。

特にセリフで長いものが多く、一ページ丸々使ったセリフもありました。

それがミステリ部分の説明などであれば良いのですが、中には登場人物の自己満足に過ぎない心情の吐露などもあり、少しくどいと感じました。

それを読み飛ばすと少し集中力が切れてしまって元に戻すのに苦労したので、気になるといえば気になりました。

おわりに

『岬洋介』シリーズの立ち上げとして、これ以上ないスタートを本書が切ってくれたと思います。

岬洋介および恭平は中山さんの別の作品にも度々登場しますので、要チェックです。

前日譚はこちら。

次の話はこちら。

おすすめミステリ小説のランキングを作りました。

おすすめ文庫小説もご紹介しています。

電子書籍をより楽しむために『Kindle Paperwhite』をオススメしています。

『本は、聴く』の『Audible(オーディブル)』を無料で体験してみませんか?