ミステリ

『さよなら妖精』あらすじとネタバレ感想!異国の少女との不思議な日々と残された謎

一九九一年四月。雨宿りをする一人の少女との偶然の出会いが、謎に満ちた日々への扉を開けた。遠い国からはるばるおれたちの街にやって来た少女、マーヤ。彼女と過ごす、謎に満ちた日常。そして彼女が帰国したとき、おれたちの最大の謎解きが始まる。覗き込んでくる目、カールがかった黒髪、白い首筋、『哲学的意味がありますか?』、そして紫陽花。謎を解く鍵は記憶の中に――。忘れ難い余韻をもたらす、出会いと祈りの物語。著者の出世作となった清新なボーイ・ミーツ・ガール・ミステリ。

Amazon商品ページより

『ベルーフ』シリーズの一作目となる本書。

異国の少女と運命的な出会いを果たし、彼女と忘れられない青春を過ごす。

それだけであればボーイ・ミーツ・ガールとして青春、恋愛小説として分類できますが、本書はまぎれもなくミステリです。

その所以は、少女が帰国した後に残された謎にあります。

このほろ苦さが米澤穂信さんならではで、必読の一冊です。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

本をお得に読みたい人には『Kindle Unlimited』をオススメします。

小説のみならずビジネス書、マンガ、専門書など様々なジャンルの作品が200万冊以上読み放題

新規加入なら30日間の無料体験ができるので、無料期間中に退会すればお金は一切かかりません。

また今なら期間限定で2か月1,960円→99円で利用できるキャンペーンも実施中です。

なかなか手に取れない数千円、数万円するような本を読むのもアリ。

マンガであれば一か月で数十冊読めてしまうので、シリーズものも無料で読破できます。

気になる人はぜひ30日間無料体験でお試しください。

【公式サイト】Kindle Unlimited

あらすじ

本書は過去と現在が交互に描かれ、当時の状況を思い出しながら謎に挑む、という構成になっています。

出会い

1991年4月。

高校三年生の守屋路行と太刀洗万智は下校時、雨宿りする少女を見つけます。

黒い髪に大きなバッグ。

外国の旅行者のように見えます。

二人が声を掛けると少女はマーヤと名乗り、それなりに流暢な日本語で父親の仕事の関係でユーゴスラヴィアから日本に来たことを教えてくれます。

滞在期間は二か月間で、父親の友人の家に滞在するつもりでこの街に来ました。

ところがその人はすでに亡くなっており、日本にいる間はマーヤは父親と別行動することがルールになっていて頼ることはできません。

守屋と万智が考えた結果、友人で家が旅館を経営する白河いずるを頼ることにし、マーヤはいずるの家に住まわせてもらうことになりました。

日常に潜む謎

ここからマーヤとの日々が始まります。

上述した三人に守屋と同じ弓道部の文原竹彦を加え、五人で色々な経験をします。

そこまで大したことはしていないつもりでも、マーヤにとってはじめてのことばかりで、彼女を目を通すとそこにはたくさんの謎が隠されていました。

最大の謎

マーヤの帰国後、大学生になった守屋たちが描かれます。

マーヤの住むユーゴスラヴィアでは武力衝突が起こり、とても危険な状況にありました。

守屋は彼女のことを助けたいと思いますが、ここで大きな問題があります。

それはユーゴスラヴィアとは特定の国の名前ではなく、六つの国の集まりだったからです。

守屋たちはマーヤと過ごした日々を思い出し、彼女の言葉の中に散りばめられたヒントをかき集め、彼女の住む国を掴もうと努力していました。

安全な国でありますように。

そう願う中、ついにマーヤの住む国が明らかになります。

スポンサーリンク




感想

忘れられない青春

マーヤの国で起こる戦争のことが合間合間に描かれるため、青春小説と言い切ってしまうには重く、苦い内容です。

しかし、それでもマーヤと過ごす日々は読んでいて本当に瑞々しく、まさに青春そのものでした。

マーヤの魅力はもちろんのこと、守屋たち四人のバランスも素晴らしいです。

実は米澤さんの『愚者のエンドロール』が出た後、レーベルが休止になることで古典部シリーズが続けられなくなったことがありました。

その時に出来ていた原稿があり、どうしても出版したいという意向から改稿され、古典部シリーズでない本書として出版された経緯があります。

そのせいか古典部シリーズとベルーフシリーズの登場人物には似ているところがあり、古典部シリーズの面影を本書に見るのは面白かったです。

詳しくは以下のインタビュー記事をご覧ください。

なぜ〈古典部〉シリーズの『愚者のエンドロール』の次に『さよなら妖精』を書いたのか――米澤穂信(2)|文春オンライン

無力感

高校時代の描写は鮮やかで楽しいひと時でした。

しかし、大学時代の描写で終始重苦しくのしかかるのは『無力感』です。

これまでのヒントからマーヤのいる国を当てることは難しい。

かつ分かったところで、守屋たち一学生に出来ることなどありはしない。

特に守屋は周囲の声を押しのけてでもマーヤの居場所を掴もうとしますが、分かったところで自分に何もできないことくらい分かっています。

それでも探さずにはいられない。

このやり場のない気持ちが痛々しく、それも含めて本書は良質な青春ミステリでした。

おわりに

米澤さんというとどうしても古典部シリーズが思い浮かびがちですが、僕は本書も米澤さんの代表作としてぜひ読んでほしいと思います。

何回読んでも心が締め付けられるし、時間が経つと求めずにはいられないほどの名作です。

ベルーフシリーズ第二弾はこちら。

本をお得に読みたい人には『Kindle Unlimited』をオススメします。

小説のみならずビジネス書、マンガ、専門書など様々なジャンルの作品が200万冊以上読み放題

新規加入なら30日間の無料体験ができるので、無料期間中に退会すればお金は一切かかりません。

また今なら期間限定で2か月1,960円→99円で利用できるキャンペーンも実施中です。

なかなか手に取れない数千円、数万円するような本を読むのもアリ。

マンガであれば一か月で数十冊読めてしまうので、シリーズものも無料で読破できます。

気になる人はぜひ30日間無料体験でお試しください。

【公式サイト】Kindle Unlimited

米澤さんの他の作品に関する記事はこちら

関連記事はこちら。