さよならポニーテール

さよならポニーテールのベストアルバム『ROM』十年の集大成の感想と解説

【さよならポニーテール結成10 周年を記念した初のベストアルバムリリース!!】
これまでに一度もライブを行わず、活動は主にソーシャルメディア上のみで、実態が謎に包まれている11 人組のポップグループ、
通称“さよポニ” こと、さよならポニーテールが結成10 周年を記念した初のベストアルバム(豪華3 枚組仕様)をリリースします!
新曲2 曲(「テン」「いっぱいしっぱい」)、初CD 収録曲1 曲(「ゆめなんです。」)をはじめ、アニメタイアップ曲や、映画主題歌など、
10 年間の活動期間中に制作したおそよそ150 曲もの楽曲群の中から、メンバーが選りすぐった全36 曲が収録されています。
そして、過去作品のジャケットのモチーフをあちこちに散りばめたポップなイラストは中森煙氏による描き下ろし!!

【Amazon商品説明より】

ついにさよならポニーテールのベストアルバムが発売になりました。

一切顔出し、ライブもせずに活動を続け、その集大成が本作です。

もちろんこのベストアルバムを手にすることが出来たことは嬉しいですが、それ以上に誰かにさよならポニーテールを勧める時に渡せる最強の一枚が出来たことが本当に嬉しいです。

これがきっかけで、さよならポニーテールがさらに広まると思うと楽しみで仕方ありません。

この記事では、まださよならポニーテールというものがよく分からないという人にも分かりやすいように本作の感想、解説を書きたいと思います。

さよならポニーテールを詳しく知りたいという方は以下の記事もご覧ください。

謎のユニット『さよならポニーテール』とは?その正体と魅力について! みなさん、『さよならポニーテール』ってご存知でしょうか? ちなみに、音楽ユニットです。 2011年に自主制作アルバム...

特典

収録作品に入る前に、まずは特典について。

初回出荷分のみですが、今回はボーカル五人それぞれが描かれたエコバッグと缶バッチがついてきます。

ちなみに我が家にはゆゆが来てくれました。

缶バッチもつけると、非常にいい感じです。

僕はゆゆの『勤労と感謝』、『のに』の寂しげな歌い方が本当に好きなので、嬉しすぎる特典です。

スポンサーリンク



収録作品

ここからは収録作品について触れます。

このベストアルバムは構成がかなり変わっていて、作詞・作曲した人によってディスクを分けています。

Disc 1はふっくん、Disc 2は324P、Disc 3はマウマウ、メグ、クロネコの曲で構成されています。

同じアーティストなのにディスクによって雰囲気ががらりと変わるので、一つの作品で何度もおいしい作品になっています。

新曲と初収録曲

ディスクごとの解説に入る前に、新曲と初収録曲について。

初収録曲は『ゆめなんです。』で、今はいない初代あゆみんのボーカルで収録されています。

卒業曲ということもあってか、歌詞をおいながら聴くと切ない気持ちになります。

二代目あゆみんが魅力的なのは間違いありませんが、初代あゆみんもまたさよポニの歴史の一部なんだなと思い、さよポニに出会った頃の気持ちを思い出しました。

 

それから新曲の『いっぱいしっぱい』、『テン』ですが、どちらも違った方向でさよポニらしい楽曲に仕上がっています。

特に『テン』。

これまでさよならポニーテールが積み重ねてきた思い出を振り返るような楽曲ですが、囁くような歌い方はファンに対して、というよりもこの曲を聞くあなたに向けて歌っている感じがして、ファンを大事にする気持ちがすごくよく表れています。

そして次の『わ~るど(みたいな)』への繋げ方がもう秀逸で、この順番でないと魅力を最大限に引き出せないように思いました。

Disc 1

Disc 1はふっくんの作品です。

一音聞いただけで良い曲だと分かるメロディアスな作品が多いため、一周目からその虜になること間違いなしです。

また初CD収録の『ゆめなんです。』にも注目です。

以下はMV、音源が公開されている楽曲です。

 

01.新世界交響楽

02.ナタリー

03.光る街へ

04.遠い日の花火

※MVではありません。

06.ハミングの色

08.ぼくらの季節

09.ゆめなんです。

10.ふたりぼっち

12.思い出がカナしくなる前に

Disc 2

Disc 2は324Pの作品です。

さよポニらしい脱力ソングもあれば、心に突き刺さる楽曲もあります。

また新曲『いっぱいしっぱい』にも注目です。

以下はMV、音源が公開されている楽曲です。

 

03.無気力スイッチ

04.恋するスポーツ

05.夏の魔法

06.空飛ぶ子熊、巡礼ス

08.青春ノスタルジア

Disc 3

Disc 3はマウマウ、メグ、クロネコの作品です。

三人の個性が光るのに、一枚のディスクとしてしっかりとまとまっている。

さすがのチームワークです。

また新曲『テン』にも注目です。

以下はMV、音源が公開されている楽曲です。

 

01.へい!!にゃん♡

02.放課後てれぽーと

03.ダンスフロアとカボチャのおばけ

05.円盤ゆ~とぴあ

06.すーぱすたー

おわりに

これまでの集大成であることは間違いありませんが、さらに十年後が見たくなるベストアルバムになっています。

まださよならポニーテールを知らないという人も、このベストアルバムから聴いてみてはいかがでしょうか。

僕は彼らの楽曲をリアルタイムで聴けることができて、本当に幸せです。

さよポニ関連記事はこちら。

謎のユニット『さよならポニーテール』とは?その正体と魅力について! みなさん、『さよならポニーテール』ってご存知でしょうか? ちなみに、音楽ユニットです。 2011年に自主制作アルバム...
さよならポニーテール『来るべき世界』感想と解説!さよポニのネクストステージ! グループとしての大きな節目を予感させる6 枚目のアルバムは、 Remix 音源11 曲を含む、2 枚組の超大作! ! ! ! さ...
さよならポニーテール フリスビー付のシングル『神様のイタズラ』感想と解説 六月にニューアルバム『来るべき世界』を発売したばかりのさよならポニーテール(以下、さよポニ)ですが、ここにきてシングルCD付きの...
さよならポニーテール『奇妙なペンフレンド』ネタバレ感想!楽曲じゃないよクロネコの個人的な冊子だよ以前、クロネコがこんなツイートをしています。 クロネコのフォロワーの皆様にはぜひ読んで欲しいです!クロネコ視点による「さよポニとは一体...