シュタインズ・ゲート

シュタインズ・ゲート ゼロ(紅莉栖エンド)ネタバレ解説!あらすじ、分岐選択まで!

スポンサーリンク

この記事では、ゲーム『シュタインズ・ゲート ゼロ』の紅莉栖エンドに関するあらすじや分岐選択などを取り扱います。

他のルートと重複する箇所もありますが、ご了承ください。

ちなみにゲームの分岐の詳細はこちらをご参照ください。

スポンサーリンク

あらすじ

ここからはあらすじです。

前作『Steins;Gate』を知っている前提で記述しますが、よく覚えていないという方はこちら

非常に簡単にまとまっていて、分かりやすかったです。

プロローグ

β世界線に移動し、紅莉栖を救うために、岡部と鈴羽はタイムマシンで過去、紅莉栖が死んでしまう7月28日に向かいます。

しかし、任務は失敗。

岡部は紅莉栖を刺し殺してしまい、絶望に打ちひしがれた状態で鈴羽に連れられて元の時間に戻ります。

紅莉栖の血を浴びて血だらけの岡部を見て驚くまゆりと橋田。

鈴羽は岡部をもう一度過去に連れて行こうとしますが、まゆりがそれを止めます。

岡部がかわいそうだし、世界の運命を一人が背負うなんて重すぎると。

鈴羽はそれ以上無理強いできませんが、決して諦めたわけではありません。

タイムマシンにはまだ燃料が残されていて、移動できる時間は344日。

一年と経たないうちに7月28日に戻れなくなるため、その日が来れば、岡部を置いて一人だけでも過去に向かう覚悟です。

しかし、そんな言葉はもう岡部に届かず、それ以降、彼は未来ガジェット研究所に行くのをやめたのでした。

零化域のミッシングリンク

人工知能

11月23日。

岡部は秋葉原の新しいシンボル、UPXにいました。

ここでATF(アキハバラ・テクノフォーラム)のコンベンションの準備が進められ、岡部は講演者のひとりである井崎准教授の手伝いで受付を担当しています。

岡部は少しでも井崎にアピールし、彼のコネクションを利用してかつて紅莉栖がいたヴィクトル・コンドリア大学に進学し、彼女の研究を引き継ぐことを目標にしていました。

 

と、岡部の前に中学生くらいの女の子が現れます。

場違いな少女に困惑する岡部ですが、少女はコンベンションの招待者に配られるゲストカードを取り出します。

少女は紅莉栖のいたヴィクトル・コンドリア大学の脳科学研究所に所属し、名前を比屋定真帆(ひやじょうまほ)といいます。

年齢は21歳で、紅莉栖よりも年上です。

このコンベンションの最後に、脳科学研究所主任研究員であるアレクシス・レスキネン教授が講演することになっていて、真帆は助手兼通訳として来日したのでした。

 

真帆をスタッフルームに案内した岡部。

ホッとしたのも束の間、次に現れたのは桐生萌郁でした。

彼女はα世界線において、『ラウンダー』の一人としてまゆりの命を奪いましたが、ここはβ世界線なので、その心配はありません。

彼女の目的は岡部ではなく、レスキネンへのインタビューでした。

レスキネンはまだのため、真帆が相手をするとして二人はスタッフルームに消えていきます。

萌郁に対してまだ不信感を抱く岡部ですが、仮に彼女がラウンダーだとしても、今の自分たちはSERNに狙われる理由がないと思い直し、精神安定剤を飲んで効くのを待ちます。

 

それから数時間後、岡部はレスキネンと真帆が深刻そうに話している姿を目撃します。

英語でほとんど聞き取れませんでしたが、紅莉栖について話していたようです。

そうこうしているうちにレスキネンの講演の時間になり、岡部も会場に向かいます。

岡部が席に着くと、講演が始まります。テーマは『人工知能革命』です。

スクリーンに写された映像には『側頭葉に蓄積された記憶に関する神経パルス信号の解析』とあり、紅莉栖がかつて書き上げ、サイエンス誌で絶賛された論文のタイトルです。

レスキネンは紅莉栖の研究について紹介し、現在彼らのチームはその理論を元に、人間の記憶をコンピューターに保存し、活用するシステムを開発していることを明かし、会場がどよめきます。

雰囲気を察したレスキネンが質問を受け付けると、すぐに会場から質問が殺到しますが、そのほとんどが否定的なものでした。

岡部は紅莉栖の研究が否定されることに怒りを覚え、思わず異議を唱えます。

会場は唖然としますが、拍手が起こります。レスキネンでした。

彼は岡部の行為をたたえ、会場の空気を和ませるために巧みに利用し、講演を続けます。

真帆はしばらく通訳を休むといって、代わりにスクリーンに真帆そっくりの映像が映し出されます。CGですが、まるで実写のようなリアリティーがあります。

それは『Amadeus』システムと呼ばれるもので、レスキネンたちの研究の成果です。

真帆は、スクリーンに映し出される真帆と会話を始めますが、会場は誰も目の前で起こっていることが正確に理解できませんが、スクリーンの真帆が解説します。

彼女は78時間23分前に真帆の脳内から取り出された記憶を持ち、それをベースに動いています。

さらにレスキネンとスクリーンの真帆はいくつかのやりとりをしますが、それはあまりにも自然で、とても人間と人工知能の会話とは思えません。

本物の真帆は言います。Amadeusは自分の判断で話すことを決め、それは決してプログラムされたことではありません。

Amadeusの記憶のインプットとアウトプットは、人間のそれと非常に近いのです。

嘘をつくことだってあります。

レスキネンは最後に、Amadeusに人間と同様の魂を宿すことが出来るのではないかと考えていることを明かし、講演を終えます。

懇親会

井崎の口利きによって、ATF後の懇親会に参加できることになった岡部。

しかし、レスキネンの周囲には常に人だかりができていて、岡部は壁際で料理を食べることくらいしかできません。

すると会場には同じような人がもう一人いて、真帆でした。

岡部は一通り話すと、講演会でのことを謝り、その内容について真帆と議論します。

彼は紅莉栖と何度もタイムマシンについて会話を重ねてきたため、なんとか話についていくことが出来ました。

真帆は脳科学が専攻でない岡部がここまで話せることに驚きを隠せません。彼の話した内容は、紅莉栖が唱えた理論と全く同じでした。

岡部は事情を説明しようか迷いますが、夢のために嘘を交えながら真帆に説明します。

紅莉栖が日本に留学している時、彼女からレクチャーされたこと。友人であること。これはα世界線のことですが、岡部に記憶には確かに残っています。

二人は紅莉栖のことで意気投合し、今度はレスキネンが岡部に声を掛けます。

真帆は岡部が紅莉栖の友人であることを説明すると、レスキネンは岡部にAmadeusのテスターになってくれないかと提案してきます。

よく分かりませんが、岡部はチャンスを手放したくないと了承。

最後に、真帆は明かします。

Amadeusのデータとして、真帆以外にもう一人分の研究者の記憶が保存されていて、それこそが紅莉栖のものでした。

正確には、八か月前の紅莉栖の記憶です。

対面

ATFから数日後。

岡部は埼玉県和光市にあるレスキネンたちが日本で仕事をするオフィスに行きます。

レスキネンはオフですが、真帆が対応してくれ、Amadeusの紅莉栖と会わせてもらえることになっていました。

テスターと言われていましたが話は簡単で、Amadeusの対話サンプルデータが目的でした。

そこで岡部は24時間いつでもAmadeusと対話できるような環境を与えられることになっていました。

真帆は岡部をブースに案内し、パソコンに何かを打ち込みます。

すると不意に、女性の声がスピーカーから響きます。

岡部は思わずモニターに映し出された女性に目が釘付けになります。

そこに映っていたのは、まぎれもなく岡部の知る紅莉栖でした。手を伸ばせば、彼女に触れられそうな錯覚を抱きます。

閉時曲線のエピグラフ

催眠療法

場面は変わり、岡部は臨床心理士によるカウンセリングを受けていました。

しかし、すぐに紅莉栖のことを思い出して取り乱し、催眠療法は中止。

外に出ると、今日付き添ってくれたまゆりが待っていました。

岡部は彼女を心配させないよう大したことないと嘘をつくと、夕飯を食べに行かないかと提案。

それに対してまゆりは、るかとフェイリスも会いたがっているから秋葉原に行かないかと提案し、岡部は了承します。

秋葉原に着くと、岡部は久しぶりにるかとフェイリスに会います。

彼はタイムマシンという禁忌に触れて大切な人を失ってしまって以来、鳳凰院凶真という名前を封印していました。

また、紅莉栖のことを思い出さないよう、ラボにも全く顔を出していません。

今の彼はどこにでもいる普通の大学生で、テニスサークルに所属する岡部にるかもフェイリスも驚きます。

話の流れで、まゆりはラボでクリスマスパーティーをすることを提案。

それは橋田と彼女が考えたオペレーションで、鈴羽を笑顔にすることが目的でした。

この世界線の鈴羽は中学生の頃から軍事教練を受けていたため笑顔を見せるタイプではなく、まゆりたちはそのことを気にしていたのです。

正直、もう二度と過去に跳ばないと宣言して以来、岡部は鈴羽に会うことをためらっていましたが、まゆりに説得され、参加するかどうか考えることにします。

四人で何を食べようか考えながら歩く中、岡部はAmadeusの紅莉栖との対面を思い出します。

回想

戸惑う岡部に対して、Amadeusの紅莉栖は初対面の人に対するような挨拶をします。

彼女には岡部と会った記憶がないのだから当然です。

真帆は岡部のことを説明しますが、紅莉栖の友人であることはまだ明かしません。

一方、岡部は頭で理解しつつも、Amadeusと紅莉栖の区別がつけられずいました。

精神安定剤を飲んでいないため、体調が悪化し、紅莉栖はそのことに気が付いて岡部を心配します。

真帆のフォローによって岡部はなんとか立て直しますが、紅莉栖はそのやりとりを見て、真帆が岡部と付き合っているのかと疑います。

何でも恋愛に繋げるところも紅莉栖そっくりで、岡部は彼女との日々を思い出します。

岡部は気を取り直してAmadeusの紅莉栖との会話に臨みますが、最初に出した話題は『タイムマシンは作れるか?』でした。

それに対して紅莉栖は、可能ではないけれど、不可能とまでは言い切れないといい、岡部を驚かせます。

彼の知る紅莉栖とは、答えが違っていたからです。

岡部の知る紅莉栖ははじめ、タイムマシンなんてバカらしい代物だと断言したのです。

気になった岡部は、彼の知る紅莉栖の立場になってAmadeusの紅莉栖と議論し、α世界線との微妙な違いを実感します。

その後、そこにレスキネンが現れ、Amadeusの記憶の仕組みについて岡部は聞きますが、答えたのは紅莉栖でした。

Amadeusの記憶の改竄は理論上出来ますが、Amadeusには秘密の日記のようなAmadeus以外誰もアクセスできないログを取っていて、その日記と現在に齟齬があれば疑問を抱くことができます。

また、定期的にバックアップもとっているため、改竄されたとしても復旧することができます。

 

紅莉栖との対話を終えると、帰り際、レスキネンにテスターをやる気はあるかと確認されます。

期間は彼らが日本にいる間で、月に二回程度、テスト経過を報告するだけです。

これに対して、岡部はテスターとなることを改めて表明します。

 

ここで回想は終わり、Amadeusから電話がかかってきます。

岡部のスマホにはAmadeusのアプリが入っていて、二十四時間紅莉栖と会話することができます。

ちなみに、岡部がこの通話をとるまでの八回、紅莉栖からの連絡を無視していて、彼女は怒っていました。

しかし、そんな態度も紅莉栖そっくりで、岡部は改めて胸の奥が締め付けられるのを感じます。

悪夢

まゆりとそのコスプレ仲間である中瀬克美(フブキ)、来嶋かえで(カエデ)阿万音由季は買い物を楽しみ、帰り路につくところでした。

その時、フブキは突然、脳裏に浮かんだ映像に驚きます。

その映像はかつて岡部が何度も目にした、まゆりが死ぬシーンでした。

フブキはまゆりが本当に死んでしまうのではないかと不安になり、フブキの様子がおかしいことに気が付いたのはカエデだけでした。

フブキはカエデにだけ事情を説明します。

夏頃から現在、十二月にいたるまで毎日のようにまゆりが死ぬ夢を見て、フブキたちはどうすることもできないのだといいます。

カエデは疲れてるだけだと励まし、カエデも一応納得しますが、結局、その夜も同じ夢を見るのでした。

鈴羽の苦労

その頃、鈴羽は橋田のだらしない生活に苛立っていました。

彼には将来タイムマシンを開発してもらわなければなりませんが、その一方で鈴羽が未来から乗ってきたタイムマシンを精査するとタイムパラドックスになりかねないため、口出しすることはできないのでした。

また岡部のことも悩みの種です。

今のままでは彼は過去に行かないし、紅莉栖を救うこともありません。

そうすると、第三次世界大戦の起きないかもしれない未知の世界線『シュタインズゲート』にたどり着くこともできません。

しかし、橋田は岡部のことを信用していて、鈴羽もとりあえず目の前のやることに専念することにします。

 

と、その時。

ラボに由季が姿を見せ、鈴羽は急いで奥に隠れます。

由季はまゆりと待ち合わせをしていて、橋田が応対しますが、分かりやすく緊張しています。

ちなみに、由季は鈴羽の未来の母親であり、橋田の妻になる女性です。

由季には鈴羽のことを橋田の妹だと紹介していますが、いつボロを出すか分からないため、鈴羽はなるべく由季に会わないようにしていました。

新型脳炎

岡部はAmadeusとの会話の中で、彼女をラボに連れていくよう命じられます。

どうしようか迷っているとまゆりと会い、ラボで由季と待ち合わせをしている彼女と一緒にラボに向かいます。

岡部は久しぶりの訪問に緊張していましたが、橋田たちは今までと変わらず接してくれ、何とか落ち着きます。

その時、隠れている鈴羽を見つけてしまい、事情を知らない岡部は彼女の存在を由季にもバラしてしまいます。

その後、まゆりと由季はシャワーを浴びることになり、残った岡部と橋田、鈴羽は打ち合わせをします。

由季については、対応は橋田に任せる。

それから鈴羽は、この世界線の行き先は地獄でしかないことを再度岡部に訴えます。

しかし、岡部は紅莉栖のことを思い出してしまい、すぐに発作が起きてしまって説得どころではありません。

岡部はタイムマシンによる世界線の改変は神の領分であり、そこに触れればもっと残酷になることを訴え、鈴羽もそれ以上訴えることができません。

 

その時、テレビのニュースでアメリカで猛威を振るっている新型脳炎について報道されていました。

国内に上陸している可能性もあり、具体的な症状を聞いて岡部は驚きます。

『夢と現実の区別ができなくなる』、『時間間隔が失われる』、『まわりの人と記憶が一致しなくなる』。

それはまさしくリーディングシュタイナーそのものでした。

鈴羽の使命

鈴羽には岡部と共に過去を変えることの他にも使命があり、それは鈴羽と一緒に未来から来た椎名かがりを探すことでした。

かがりは第三次世界大戦によって両親を失い、まゆりの養女となった少女で、未来を出発した時点で十歳。

鈴羽たちは2010年に来る前に、もっと過去に飛んでいて、そこでかがりは行方不明になってしまい、それ以降、鈴羽はずっと彼女のことを探していました。

そんな鈴羽のことを影からサポートしてくれたのがフェイリスでした。

彼女の手配によってラジ館の屋上を借り上げられ、おかげでタイムマシンを誰にも見つけられずに済んでいました。

ところが、ラジ館の屋上で話す二人に聞き耳立てる人物に鈴羽が気が付き追跡しますが、逃げられてしまいます。

相手は真っ黒なヘルメットにライダースーツを身にまとい、性別すら不明。明らかに訓練を受けた動きでした。

タイムマシンを狙う人間である可能性が高いですが、岡部に知られるとタイムマシンを破壊するよう言われる可能性があるため、このことは二人の他に橋田にだけ伝えられるのでした。

分岐点

柳林神社でAmadeusを起動する岡部。

彼は今日この後、レスキネンたちと会って経過を報告することになっていて、その前に紅莉栖に確認したいことがありました。

話せば話すほど紅莉栖そっくりで、岡部は思わず彼女に好きと伝えそうになり、はたと自分が現実の紅莉栖とAmadeusを区別できていないことに気が付きます。

そして紅莉栖の死に際を思い出して発作に襲われ、アプリを一方的に切ります。

紅莉栖からは再度電話が入りますが、たかがAIだろうとスマホの電源を落とします。

ここで電源を落とさないと、『双対福音のプロトコル』に進むフラグが立ちます

※『双音福音のプロトコル』から進める可能性のあるのはこちら。

シュタインズ・ゲート ゼロ(トゥルーエンド)ネタバレ解説!あらすじ、分岐選択まで! この記事では、ゲーム『シュタインズ・ゲート ゼロ』のトゥルーエンドに関するあらすじや分岐選択などを取り扱います。 アニメ版...
シュタインズ・ゲート ゼロ(バッドエンド)ネタバレ解説!あらすじ、分岐選択まで! この記事では、ゲーム『シュタインズ・ゲート ゼロ』のバッドエンドに関するあらすじや分岐選択などを取り扱います。 他のルート...

岡部は柳林神社を出て気分を落ち着けようと秋葉原に出ると、フブキとカエデに会います。

不意にフブキに好きな人が誰かと聞かれ、岡部は紅莉栖の死に際を思い出します。

その時、視界が歪み、世界線が移動するのを感じました。

亡失流転のソリチュード

勘違い?

眩暈がおさまると、さっきと同じ場所に立っていて、フブキとカエデもいます。

二人と別れると、岡部は世界線が移動した原因を考えます。

これまでは何者かが過去を改変した時のみリーディングシュタイナーが発動しましたが、過去へのメール・Dメールを送ることができる電話レンジ(仮)はすでに破棄しています。

原因は分かりませんが、岡部はまゆりが死んでしまうα世界線のことを思い出し、急いで彼女に連絡をとりますが、彼女は無事でした。

さらにAmadeusを起動し、紅莉栖と話します。

すると紅莉栖は怒っておらず、岡部がすでに謝罪したことが判明。

岡部には身に覚えがないため、確実に過去が変わっていることが分かります。

それ以前のことも確認しますが、ほとんど変わっていないことが分かり、岡部は立ち眩みも自分の精神疾患が原因だと言い聞かせ、ホテルでレスキネンと真帆と会います。

報告は問題なく終わり、岡部はラボに向かいます。

思いがけない対面

ラボに着くとるかが帰るところで、父親の来客があり、るかにも同席してほしいとのことで、彼は帰ります。

残ったのは岡部、橋田、鈴羽で、彼女はここではじめてかがりを探していることを明かします。

はぐれたのは1998年の秋葉原で、2000年問題を回避するためにその時代に寄っていました。

かがりが自らの意思でいなくなったこと、そして燃料の関係から、鈴羽は彼女を置いてこの時代に来たのでした。

岡部と橋田は事情を知って、鈴羽に協力することに。

そこにまゆりが帰ってきて、何を話していたのか聞かれますが、かがりのことは誤魔化すことにします。

 

三人でかがりを捜索しますが、それらしい情報は入手できませんでした。

そこで秋葉原に詳しいフェイリス、るかにも事情を伏せた上で行方不明の少女がいることを話し、協力を仰ぎます。

それでも有力な情報が得られずにいると、橋田は裏の世界の情報にも精通している人間にも協力を依頼しようと、とある人物に連絡をとります。

するとその相手はすぐにラボに現れますが、それは桐生萌郁でした。

彼女はα世界線で、SERNの下部組織・ラウンダーの一員としてまゆりの命を奪いました。

しかし、今は岡部たちとSERNに何の接点もないため、萌郁がまゆりを殺すことはありえません。

岡部が心を落ち着けていると、橋田が本題を持ち掛けます。

彼と萌郁は以前、雑誌の企画で知り合っていて、今回、かがりの捜索をを依頼します。

鈴羽は、岡部が別の世界線で萌郁のことを知っていることを見抜きますが、詳しいことは聞きません。

進展

真帆は紅莉栖の残したノートPCのパスワードを求めていて、岡部なら知っているのではとラボに向かいます。

ところが道中、誰かに尾行されていることに気が付き、ラボ近くで岡部に電話しますが、すぐに何者かに羽交い締めにされ、スマホを落としてしまいます。

 

一方、岡部たちは、萌郁から調査報告を受けます。

かがりの行方こそ分かりませんでしたが、この一、二か月の間に、かがりのことを探す人物が岡部たち以外にもいることが判明します。

それがどういう意味か考えていると、真帆から電話が入り、ただならぬ様子に岡部たちはラボの外に出ます。

すると、抱えられた真帆を見つけますが、その相手はジュディ・レイエスという女性で、真帆の知り合い、ヴィクトル・コンドリア大学の精神生理学を研究する教授でした。

つまり、真帆の早とちりだったのでした。

レイエスは学会に参加するために来日したということで一同とは別れ、真帆をラボに連れて戻ると、萌郁からの報告が再開します。

自分たち以外にもかがりを探す人物がいるということは、つい最近まで確実にかがりが生きていたということになります。

岡部たちは少し希望を見出し、引き続きかがりを捜すことにします。

発見

数日後、るかがラボを訪れ、会ってもらいたい人がいるといいます。

その人物は一緒に来ていて、岡部は驚きます。その女性は紅莉栖にそっくりでした。

彼女こそが以前にるかが言っていた父親のお客さんで、るかの家に泊まっています。

るかが相談したいことというのは、女性が記憶喪失になっていることについてでした。

名前も住んでいた場所も分からず、唯一彼女が持っていたのはとあるマスコットでした。

そこでまゆりと鈴羽もラボを訪れますが、まゆりは女性の持つマスコットがうーぱであることに気が付きます。

しかし、うーぱが発売されたのはここ数年のことですが、女性の持つそれは明らかに年季が入っていました。

まゆりが指摘してから女性は震えだし、鈴羽はそのうーぱのことを知っていました。

それはかがりが持っていたものです。

鈴羽がかがり、と呼びかけると、女性・かがりはその場に崩れ落ちるのでした。

軌道秩序のエクリプス

襲撃

それから十分ほどで目を覚ましたかがり。

詳しく事情を聞くと、彼女は千葉の山道で見つかり、発見した近くのお寺の住職の世話になっていたといいます。

しかし、お寺に女性を長い間置いておくことはできず、そこでるかの家に相談がありました。

かがりは自分の名前を聞いても記憶を取り戻すことはありませんでしたが、その名前やまゆりに懐かしさを感じていました。

しばらくるかの家に泊まらせてもらうことにして、情報取集を続けます。

 

そして年明け。

ラボメンにフブキたちコスプレイヤーや真帆、さらに綯を加え、一同は初詣のために柳林神社に向かいます。

そんな彼らを待っていたのは、巫女姿のるか、フェイリス、鈴羽、まゆりにかがりでした。

初詣が終わると、一同はラボに集まって改めて新年のお祝いをします。

その時、真帆の元にAmadeusから着信があり、彼女はその場にいる人にAmadeus紅莉栖を紹介します。

ところがAmadeusは消えてしまい、次の瞬間、お面をかぶった男たちが室内に乱入し、銃を構えます。

それはまるでα世界線で起きた悪夢の繰り返しでした。

頼みの綱は鈴羽ですが、彼女は綯にしがみつかれて身動きがとれずにいました。

さらに黒いヘルメット、ライダースーツを身にまとった女が現れ、かがりの腕をつかみます。

それを見ているしかない岡部ですが、騒ぎを聞きつけた天王寺が現れ、男たちを制圧していきます。

その隙を見て鈴羽も加わり、ライダースーツの女に蹴りを仕掛けますが、腕でガードされ、襲撃者たちは撤収します。

ちなみにこの時、フブキとカエデは買い出しに出ていたため、騒動を知りません。

その後、パーティーはお開きとなり、狙われているかがりは引き続き柳林神社でお世話になることになり、念のために鈴羽も一緒に泊まることになります。

手がかり(分岐)

翌日、岡部は萌郁を呼び出して腕を見ますが、鈴羽の蹴りを受けた跡は見られませんでした。

安心しますが、結局、ライダースーツの女の正体は分かりません。

 

次に岡部は天王寺と会います。

これまで岡部は天王寺との接触を避けてきましたが、そうも言っていられません。

岡部はα世界線で知りえた情報、天王寺がラウンダーでFBと呼ばれていることを開示します。

その瞬間、天王寺の表情が変わりますが、岡部も引くわけにはいきません。

強気に交渉し、鈴羽とかがりをバイトとして雇ってもらい、守ってもらうことを約束してもらいます。

ちなみにこの時、昨日の侵入者が『K6205』と口走ったことを天王寺から教えてもらいます。しかも『ファイブ』を『ファイフ』、フォネティックコードという軍隊用語で発音していたことが分かります。

 

その後、岡部はラボに戻り、昨日のメンバーに集まってもらって事情を説明します。

由季は昨日いませんでしたが、集まってくれました。

彼女はバイトがあると帰ってしまいますが、腕に傷があることが判明します。

岡部たちは打ち合わせ通り、かがりが記憶を失っている間に、何らかの犯罪に巻き込まれた可能性があることを説明。

また襲撃者の行動から話を大きくしたくない意思が見られたことから、大人しくしていれば安全であることを伝えます。

その時、岡部は天王寺の言った『K6205』を思い出し、調べてみることに。

カエデの助言で、K=モーツァルトの曲につけられたケッヘル番号であることに気が付き、K620番の『魔笛』、その五番目について調べます。

岡部はこの時、真帆のことを思い出していました。

彼女がAmadeusにアクセスする時のIDは、モーツァルトと関係のあるサリエリだったからです。

そこで真帆に電話をしますが、依然Amadeusにアクセスできない、つまり何者かによって乗っ取られていることで取り込んでいました。

電話を切ると、今度は乗っ取られているはずのAmadeusから電話が入り、岡部は電話をとります。

ここで電話をとらないと『存在証明のオートマトン』に分岐します

シュタインズ・ゲート ゼロ(真帆エンド)ネタバレ解説!あらすじ、分岐選択まで! この記事では、ゲーム『シュタインズ・ゲート ゼロ』の真帆エンドに関するあらすじや分岐選択などを取り扱います。 他のルートと...

紅莉栖は岡部に助けを求め、その直後、激しい眩暈に襲われ、世界線が移動したのを確認します。

眩暈が収まると、ラボから自分以外の全員がいなくなっていました。

岡部は世界線が変わったことを確信します。

先ほどの紅莉栖の言葉を思い出し、Amadeusを起動しますが、なぜかスマホからアプリが消えていました。

ここがどんな世界線なのか確認しようとする岡部ですが、その時、ラボの奥から物音がして、近づくとそこには本物の紅莉栖が立っていました。

二律背反のデュアル

再会と帰還

岡部は思わず紅莉栖を抱きしめます。

まぎれもなく本物の紅莉栖です。

彼女は驚きますが、岡部が泣いていることに気が付き、落ち着かせるように彼の背中に手を回します。

紅莉栖は、岡部がまゆりの死を思い出して取り乱したのだと思っていました。

そう、岡部が移動したのはα世界線だったのです。

岡部はその事実を知って再び発作を起こし、精神安定剤を飲んで何とか落ち着きます。

どうやらこの世界線では岡部も橋田もラボには寄り付かなくなり、紅莉栖だけがたまに来ているようです。

岡部はこのまま紅莉栖の生きるα世界線に残るか、Dメールを送ってβ世界線に戻るべきか考え、ふと電話レンジ(仮)のことを確認しますが、岡部の指示によってすでに破棄されていました。

その後、紅莉栖はなぜかコーヒーを買ってくるよう岡部にお願いし、彼は一度ラボの外に出ますが、違和感を覚えてすぐにラボに戻ります。

戻ると、紅莉栖は観念したようにあるものを見せます。

それは彼女が作り直した電話レンジで、いわば電話レンジ(仮)改です。

紅莉栖は岡部が別の世界線から来たことに気が付いていて、Dメールを送って彼を元の世界線に返すつもりです。

この世界線は夢で、いつか目を覚まさなければならないと。

紅莉栖は岡部の選択を肯定し、β世界線に行ったら自分のことは忘れるよういいますが、それが本心でないことは岡部がよく分かっています。

しかし、紅莉栖の願いだと思い、Dメールによって再びβ世界線に戻るのでした。

違和感

ブラックアウトしていた視界に色が戻ると、ラボに紅莉栖はいなく、代わりにまゆりやるか、かがりたちがいました。

元の世界線に戻ったつもりでしたが、違和感もあります。

かがりは明るい性格になり、岡部のことをオカリンさん、まゆりのことをママと呼んでいました。

未来のまゆりがかがりのママであることは、岡部が明かしたのだといいま、るかもタイムマシンのことを含めたそれらのことを知っていました。

思ったよりも世界線が変わっていることに気が付き、岡部はかがりに色々質問し、以下のことが判明します。

・かがりは2036年の記憶を持っている

・かがりが行方不明になり、岡部たちの前に現れた経緯は前と同じ

・行方不明になっている間の記憶はない

・お面をかぶった男たちの襲撃はなかった

・かがりはブラウン管工房でバイトしている

 

岡部はAmadeusを呼び出そうとしますが、アプリがないことに気が付きます。

しかし真帆と連絡をとることができ、彼女にAmadeusについて聞きますが、彼女は驚きます。

この世界線では、紅莉栖の事件があってAmadeusのプロジェクトは凍結されており、岡部が知るはずないからです。

ちなみに、この世界線で岡部と真帆の出会いですが、彼女が紅莉栖が亡くなったラジ館を訪れ、そこで出会ったのでした。

岡部は世界線変動の大きな要因と考えられる二つのことを調べることを決めます。

一つ目はなぜAmadeusは凍結されたのか、もう一つはかがりの抜け落ちた記憶が何であるかです。

既視感

るかの家で寝泊まりしているかがりですが、テレビの特集でヴィクトル・コンドリア大学が映し出されると、奇妙なことが起きます。

専門的な知識がないはずのかがりは番組の内容を理解でき、しかも行ったことのないはずの大学内の中がどうなっているのかを知っていたのです。

いわば既視感であり、かがりはひどく不安になります。

 

翌日、るかはラボに行き、かがりの身に起きた不思議な現象について岡部に相談します。

岡部はかがりがヴィクトル・コンドリア大学に通っていた可能性を見出し、かがり、真帆をラボに呼びます。

しかし、真帆にはかがりに見覚えがありません。

色々と話を聞いているとかがりは頭が痛いと言い出し、ふと、真帆のことを『先輩』と呼び、真帆は驚きます。

彼女のことを『先輩』と呼ぶのは紅莉栖だけだったからです。

またかがりは、発見された時にうーぱしか持っていないはずなのに、マイスプーンを持っていると言い出し、これもまた紅莉栖が持っていたものと一致します。

紅莉栖について聞くと、かかりは異様に反応し、岡部は紅莉栖に関するいくつかの質問をします。

するとかがりの答えは、どれも紅莉栖であることを証明することばかりで、しまいにはタイムトラベルに関する主な十一の理論を全て言う事ができました。

かがりは知るはずのない知識に混乱し、岡部は残された紅莉栖の記憶データがかがりに移植された可能性を考えます。

 

その後、岡部は鈴羽にそのことを確認すると、以下のことが判明します。

・2036年の技術なら可能である

・幼い頃、かがりはたまに『神様の声』が聞こえると口にしていた

・しかし、未来ではそんなことをする理由がなく、そうなると移植されたのはかがりの記憶のない1998年以降の可能性が高い

 

さらに翌日、真帆はかがりにいくつか質問しますが、その中には真帆と紅莉栖しか知り得ないことが含まれていて、真帆も岡部の仮説を否定できないと認めます。

移植の理由

数日後、かがりの中で紅莉栖の記憶が出てくる頻度が多くなっていることが分かります。

岡部は専門機関による検査の必要性を感じていましたが、かがりは幼い頃、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療のために検査ばかり受けていたため、検査を嫌がります。

まゆりがバイトに行ってしまうと、岡部とかがりは秋葉原の街に出ます。

その中で二人は紅莉栖のことを話しますが、突然かがりが苦しみだします。

彼女は助けを求めて叫び、少し落ち着いたタイミングで二人はラボに戻ります。

ところが、かがりはラボで目を覚ますと、紅莉栖であるかのような発言をし、すぐに自分が椎名かがりであることを思い出し、その間で再び苦しみます。

 

落ち着いたタイミングで柳林神社に運ぶと、岡部はラボに戻り、鈴羽、真帆と話します。

ここまでくれば、かがりに紅莉栖の記憶が移植されているのはまず間違いありません。

その問題を解決するには真帆の助けが必要であり、岡部はついにタイムマシンのことなどを真帆に説明します。

真帆はすぐには納得しませんが、天才である紅莉栖なら可能だと話を受け入れます。

記憶の移植が可能だとして、なぜそんなことをするのかが謎のままでしたが、岡部は思います。

紅莉栖の記憶の中にある、タイムマシン理論の基礎を何者かが狙っているのではないかと。

Amadeusに聞いても話してくれませんが、これが生身の人間であれば、拷問なり自白剤なりで話させることができます。

第三次世界大戦が起きたきっかけは、EUとロシアによるタイムマシン競争の過熱であり、そこにアメリカが横やりをいれて収拾がつかなくなりました。

この世界線も、その道に進みつつありました。

こう考えると、前の世界線で襲撃してきた連中もタイムマシン理論を欲していた組織の人間であると考えられます。

状況は分かりましたが、このままではかがりは二人分の記憶に耐えられず、人格が崩壊する恐れがあります。

そこで真帆が考えた解決策は、もう一度かがりの記憶をインストールするというもので、それには彼女の記憶のバックアップ、インストールする装置が必要であり、装置は真帆が作ることになりました。

タイムリープマシンの応用であり、できないことはありません。

しかし、肝心の記憶のバックアップについて、見つける手段が思いつきませんでした。

 

本物のタイムマシンを見て、岡部の話を本当の意味で信じた真帆。

そんな彼女がオフィスに行くと、何者かによって荒らされていました。

幸い、何も盗られていませんでしたが、岡部の話がいよいよ現実味を帯びてくるのを感じます。

真帆は休暇をとると、荷物をまとめてラボに詰めることを決めます。

完成

数日後、かがりの記憶に関する情報は手に入りませんが、真帆は装置作りに励み、橋田は記憶を圧縮するためにSERNにハッキングをかけ、LHCを拝借できるよう作業していました。

一方、かがりの記憶はどんどん紅莉栖のものに侵食され、あまり時間は残されていません。

そんな時、かがりは、岡部と紅莉栖が出会った場所に行きたいといい、ラジ館に行き、それから屋上のタイムマシンを見に行きます。

しかし雨が降ってきたため、二人は建物の中に避難します。

そのシチュエーションは、岡部に紅莉栖を思い出させるには十分すぎるものでしたが、かがりは紅莉栖になってしまうことを嫌だと涙を流します。

その後、濡れた体を何とかしようとるかの家に戻りますが、かがりは自分が誰なのかすら分からなくなり、混乱してから気を失ってしまいます。

岡部はあまり時間が残されていないことを知り、かがりを置いてラボに向かいます。

ラボでは、橋田と真帆がミッションを達成したところでした。

一方、真帆の泊まっているホテルが荒らされたと連絡が入りますが、紅莉栖のノートPCは橋田がパスワード解析のために預かっていたため無事でした。

その時、岡部はあることを閃きます。

 

数日後。

かがりらしき人物が街を一人で歩いていると、突然、複数の男たちに取り囲まれます。

彼らはかがりを取り押さえようとしますが、その時、天王寺が現れ、男たちを無力化します。

さらにかがりかと思われた女性が変装を解くと鈴羽で、二人は瞬く間に男たちを制圧。

これは岡部が仕組んだことで、萌郁に依頼して、かがりが毎日この時間にこの道を通るという情報を流してもらっていたのでした。

しかし、油断している隙に男のうちの一人によって岡部は腹部を刺されてしまいますが、再度捕獲。

天王寺の痛めつけによって、男は元締めが『ストラトフォー』であることを明かします。

正式名称は『STRATEGIC・FOCUS』で、影のCIAと呼ばれ、軍事関係に特化したアメリカの民間情報会社です。

岡部はすぐに橋田にストラトフォーのサーバーをハッキングするよう指示します。

分岐

岡部と鈴羽が急いでラボに戻ると、かがりはぐったりしていて、いつどうなってもおかしくない状況でした。

橋田がハッキングをかける中、かがりは「私を消して」と繰り返し、それはまるで本物の紅莉栖の言葉のようでした。

一方、ストラトフォーがラボのあるビルに集結し始め、いよいよ時間がなくなりますが、ようやく橋田がハッキングに成功。

膨大なファイルの中から、ケッヘル番号620番『魔笛』、つまり『K6205』のファイルを見つけると、岡部はタイムリープマシンの要領でスマホをかがりの頬に押し当てようとします。

その時、電話がかかってきて、岡部はそれをとってかがりの頬に押し当てます。

次の瞬間、視界が歪み、世界線が移動するのを感じます。

ここで電話をとらないと、『相互回帰のマザーグース』に進みます

シュタインズ・ゲート ゼロ(かがりエンド)ネタバレ解説!あらすじ、分岐選択まで! この記事では、ゲーム『シュタインズ・ゲート ゼロ』のかがりエンドに関するあらすじや分岐選択などを取り扱います。 他のルート...

盟誓のリナシメント

未来

岡部が気が付くと、目の前に紅莉栖がいました。

それだけではありません。

ラボメン全員が集まっていて、岡部はそれが日常だと思い込み、円卓会議を始めようとします。

しかし、違和感に気が付きます。とてつもなく寒いのです。

 

そこで岡部はようきゃう意識を取り戻します。

そこはベッドの上で、声がうまく出せません。

見知らぬ部屋にいて、間接は固まってしまったかのように動きません。

どうにかして岡部は今いる古びたビルから出ますが、外は瓦礫の山でした。

目が染みるように痛い大気に、山のように積まれた死体の数々。

岡部がこれまで経験してきたどんな世界線とも違います。

しかし、岡部はよく観察し、今いる場所が秋葉原であることに気が付きます。

ラボやラボメンがどうなったのか確かめようとしますが、武装した男たちに遭遇しますが、通りがかった人に救われます。

それは鈴羽でした。しかし、岡部の知る彼女と違い、鉄仮面のように冷たい表情をしています。

鈴羽は岡部のことを知らないようですが、『岡部倫太郎』という名前を聞くと驚き、彼をどこかに案内します。

その部屋にはガラクタのような機械が所狭しと置かれ、四十代半ばの男が岡部たちを出迎えます。

男は岡部のことを『オカリン』と呼び、岡部も彼の正体に気が付きます。

男は橋田でした。

からくり

岡部が知る橋田よりもずっと年を取り、痩せていますが、彼に間違いありません。

そして岡部はガラスに映る自分を見て驚きます。彼もまた目の前の橋田と同じくらいの年齢に見えました。

疑問を抱く岡部に、橋田は答えてくれます。

今は2036年であり、世界は戦争の真っただ中でした。

しかし、いくつか疑問があります。

岡部の記憶は2011年で途切れているし、第一、彼は2025年に死ぬと鈴羽に聞かれていました。

しかし、鈴羽が聞かされた話は嘘であり、橋田は事情を説明してくれます。

今の岡部の脳内にある記憶は、Amadeusの記憶サンプルとして2011年1月末にとった記憶データで、かがりにしたのと同じ手法です。

また岡部が2025年に死んだと情報を流したのも橋田です。

その年はタイムマシン開発競争がピークの時で、ストラトフォーは紅莉栖の残した遺産を手にしていましたが、橋田の開発したロックが解除できず、予定変更。

紅莉栖のことをよく知る人物を捕らえて情報を聞き出そうとして、その対象に選ばれたのが岡部です。

橋田たちが岡部を救出した頃には、岡部の精神はボロボロで、死んだのと変わらない状態になっていました。

そこで橋田たちは岡部を11年もの間、彼の面倒を見ていました。

まゆりやフェイリス、るか、それに真帆もそこに含まれます。

岡部が目を覚ましたのは、橋田が岡部の記憶データを見つけて彼の脳内にダウンロードしたのが半月前だったからです。

岡部が目を覚ますと幼いかがりが現れ、まゆりたちからも無線で連絡が入ります。

彼女たちは食料調達のために出払っていましたが、今日はそんな予定にはなっておらず、それが罠だと鈴羽が気付き、その後すぐに無線の向こうからまゆりたちの悲鳴が聞こえます。

鈴羽と岡部は現場に向かいますが、駆け付けた時には戦闘は終了し、みんなを逃がすために奮闘したるかが命を落とします。

 

みんなでラボに戻ります。

岡部は本当の意味で未来が地獄であることを知り愕然としていると、橋田は2025年の岡部からの伝言を教えてくれます。

『紅莉栖をAmadeusの呪縛から解放してやってくれ』

橋田は岡部に、シュタインズゲートを見つけるために2011年に戻ることを勧め、そこに無線から真帆の声が聞こえます。

彼女の指示した方向には、電話レンジ(仮)が置かれていて、真帆が作成したものでした。

さらに改良を重ねて、一度に336時間、つまり二週間も遡ることができます。

そして、橋田たちは11年前から寝ている岡部のこめかみに自動受信装置を取り付けておいてくれたため、過去に戻る条件は揃っています。

それでも2011年1月末に戻るには3000回近いタイムリープが必要になりますが、岡部はもう迷いません。

岡部は気の遠くなるような長い旅に出て、ついに2011年1月末に辿り着くのでした。

復活

ついに2011年に戻り、ラボにはいつものラボメンがいます。

かがりの記憶には、もう紅莉栖はいません。

一見平和に見えますが、待ち受けている未来が地獄であることを知る岡部は、悠長にしてはいられません。

まずはじめに真帆にタイムマシンのことを話します。彼女には、タイムリープマシンを作ってもらわないといけないからです。

それから鈴羽のこれまでの鬱憤を受け止め、けじめとして殴られると、岡部が豹変します。

『鳳凰院凶真』が復活したのです。

 

そして翌日。

岡部は新たなオペレーションを実行に移します。

第三次世界大戦のない世界線を目指すにあたって、まずはこのβ世界線において世界線の変動の原因を取り除かなければなりません。

具体的には紅莉栖のノートPCとハードディスクとAmadeusの紅莉栖の記憶です。

そこで岡部たちはこれらを全て破棄、消去しなけらばなりません。

真帆はこれに反対しますが、岡部の説得に応じ、協力してくれます。

 

まずはじめにAmadeusの方を処理しようとしますが、サーバーにアクセスが出来ません。

どうやら真帆のアクセス権限自体が停止になっているようで、事情を聞こうとレスキネンに電話をしても出ません。

そこで橋田はヴィクトル・コンドリア大学にハッキングしますが、そこに紅莉栖の記憶データはありませんでした。

そんな中、厳重にセキュリティがかけられたフォルダを見つけますが、そちらは後回しにして今度はストラトフォーのサーバーにハッキングします。

するとそこには、ストラトフォーが記憶の移植実験を人間に対して行ったレポートがありました。

彼らがタイムマシンの情報を得るために紅莉栖の記憶をこじ開けようとしているのは明白です。

しかしここにも目的のデータはなく、結局、ヴィクトル・コンドリア大学にあった残りのファイルを開けることにしますが、橋田の腕を持ってしても半日以上かかり、その間、ストラトフォーがハッキングに気が付かないよう注意を引く必要があります。

ここで岡部は、Amadeusと通信している最中、自分たちの位置情報がAmadeusのプログラムを持つ人間に把握されることを利用し、作戦を思いつきます。

オペレーション

翌日、橋田のハッキングは未だに成功していませんが、準備が整いました。

真帆はタイムリープマシンを完成させ、さらに簡単なAIを使った疑似応答アプリを作りました。

岡部たちの作戦はこうです。

鈴羽、まゆり、フェイリス、るかは二手に分かれ、それぞれAmadeusのアプリが入ったスマホを持って、ペア同士でできるだけ離れて行動します。

その最中、Amadeusを起動し、疑似応答アプリも起動します。

二台のスマホにはそれぞれ岡部、真帆の声のアプリが入っていて、それで紅莉栖が本物の彼らと会話しているよう誤認させます。

さらに萌郁に依頼し、紅莉栖のノートPCとハードディスクは岡部と真帆が持っていると情報は流してあります。

そのことを知ったストラトフォーは、Amadeusの位置情報を元に岡部たちを探すはずで、その間にハッキングを終わらせるというものです。

あとはかがりのことですが、ラボに由季が現れます。

岡部は以前、由季がラボを襲撃したのではと考えていましたが、もしそれが本当ならあんな回りくどいことをするはずがないと思い直し、かがりと一緒に橋田の隠れ家に隠れてもらうことにします。

 

準備が整い、岡部は最後に紅莉栖と会話すると、オペレーションを開始します。

橋田のハッキングを待つ間、真帆はストラトフォーの実験の被験者リストを見ていて、そこにはかがりの名前がありました。

しかし、彼女は最終実験の前に脱走したことが分かり安心しますが、そこに由季から連絡が入り、かがりがいなくなったことが判明。

彼女は『街宣車の音』を聞いてから様子がおかしくなったようで、それはストラトフォーによる洗脳の一種で、特定の音楽を耳にすると自発的に行動できるよう洗脳されていました。

その時、かがりのスマホから電話が入りますが、電話の相手は声を加工していて、誰なのか分かりません。

相手はかがりの引き換えに紅莉栖のノートPCとハードディスクを要求し、時間と場所は明日伝えると言って切れます。

しかし、岡部には相手がどこにいるのか分かっていて、乗り込んでかがりを救出することを決めます。

消去

岡部と鈴羽は東京電機大学にいました。

2036年、岡部の記憶データがここで見つかったことから、ここにストラトフォーの支部があると考えたのです。

岡部たちは目的の部屋を見つけると、意を決して中に入ります。

ところが、中では何人もの人間が血を流して倒れていて、その奥にはレイエスがいました。

さらに奥にはかがりが座らされていて、妙な器具を頭に被せられています。

かがりを人質にとられて身動きのとれない岡部と鈴羽ですが、小型イヤホン越しに橋田から時間を稼ぐよう言われ、何とかレイエスの注意を自分に向ける岡部。

レイエスはDURPA、アメリカ国防高度研究計画局の人間であることが判明し、彼らは洗脳して思い通りに動く戦士を作ることを目的としていました。

しかし途中から兵士の頭に人工知能を植え付けることを思いつき、Amadeusに目をつけましたが、その中でタイムマシンのことを知り、今はそちらを主な目的としています。

そしてレイエスは今、かがり頭の中に、紅莉栖の記憶を上書きしようとしてます。

そこで岡部は、前の世界線でかがりの記憶をいじったのはレイエスたちで、ライダースーツの女も彼女なのではと思い至ります。

 

時間稼ぎが限界になった頃、鈴羽が動きを見せますが、レイエスに撃たれて倒れます。

そしてレイエスはキーボードを叩きますが、システムトラブルでも起きたのか彼女は苛立ち、かがりが目を覚まします。

岡部が呼ぶとかがりは逃げ出し、レイエスは二人を撃とうとしますが、その前に鈴羽がレイエスを撃ちます。鈴羽はなんとか致命傷は避けていました。

観念したように見えたレイエスですが、次の瞬間、かがりに取り付けていたヘッドセットを自分に装着し、紅莉栖の記憶をダウンロードします。

ところが、寸前に橋田が紅莉栖の記憶データを見つけて消去。

レイエスは空の記憶をダウンロードしたことになり、抜け殻となるのでした。

そして岡部は、紅莉栖に別れを告げます。

未来への一手

数日後、あの日のことを振り返る岡部たち。

システムがうまく作動しなかったことについて、かがりは誰かの声を聞いたといい、真帆はAmadeusだと考えていました。

紅莉栖の記憶を消去することには成功しましたが、それだけではシュタインズゲートに至ることはできません。

しかし、これが布石になると岡部は確信しています。

 

そして一年が経とうとしていた頃、真帆が久しぶりにラボを訪れます。

岡部がこれからすること、それは世界を騙すことでした。

彼は2025年に死んだと誰もが騙されていましたが、確定したと思われていた未来には違う形の未来が待っていて、岡部は世界を騙して、確定した未来を回避しようとしています。

そこで岡部は橋田に依頼し、電話レンジ(仮)に新たな機能を追加します。

それは『Dライン』と呼ばれるもので、送れる文字数自体はDメールと変わらず、RINEのアプリがない端末には送れませんが、これならSERNに補足されることなく過去にメッセージが送れます。

岡部は未来を変えるため、過去の自分にRINEを送ります。

 

『世界を騙せ 可能性を繋げ 世界は欺ける』

スポンサーリンク



最後に

他のルートも別の記事で取り扱っていますので、ぜひ合わせてご覧ください。

created by Rinker
5pb.
¥1,578
(2019/08/19 23:15:55時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
5pb.
¥1,029
(2019/08/19 23:15:56時点 Amazon調べ-詳細)

ノヴェライズもお楽しみください。

劇場版『STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』徹底ネタバレ解説!あらすじから結末まで! 上巻 幼なじみの椎名まゆり、そして最愛の人・牧瀬紅莉栖を救うため幾多の過去改変(世界線移動)を繰り返した岡部倫太郎は、ついに理...
徹底ネタバレ解説!『STEINS;GATE 蝶翼のダイバージェンス:Reverse』あらすじから結末まで! 父親との和解におとずれた「ラジ館」で、牧瀬紅莉栖は命を落とした。名も知らない、白衣姿の男の腕の中で―。そんな生々して夢に違和感を覚え...
『STEINS;GATE 六分儀のイディオム』徹底ネタバレ解説!あらすじから結末まで! 前編 熱で倒れた岡部を看病することになった紅莉栖たち。だが一人また一人とラボメンが退場していき、ラボにはとうとう岡部と紅莉栖の...

アニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ』を見よう!

ちなみに、アニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ』がDアニメストアで見られます。

月額400円(税抜)で2800作品以上が見放題ですが、今なら初回31日間無料で見放題です。

ぜひこの機会にお試しください!

Dアニメストア公式サイト

(この情報は2019年6月10日時点の情報です。キャンペーン、配信作品が変更になっている可能性もありますので、公式ホームページでご確認ください)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です