ホラー

垣川光太郎『夜市』あらすじとネタバレ感想!不思議な夜市で味わう恐怖と感動

大学生のいずみは、高校時代の同級生・裕司から「夜市にいかないか」と誘われた。裕司に連れられて出かけた岬の森では、妖怪たちがさまざまな品物を売る、この世ならぬ不思議な市場が開かれていた。夜市では望むものが何でも手に入る。小学生のころに夜市に迷い込んだ裕司は、自分の幼い弟と引き換えに「野球の才能」を買ったのだという。野球部のヒーローとして成長し、甲子園にも出場した裕司だが、弟を売ったことにずっと罪悪感を抱いていた。そして今夜、弟を買い戻すために夜市を訪れたというのだが―。第12回日本ホラー小説大賞受賞作。

「BOOK」データベースより

本書は表題作ともう一作品を収録した作品で、第12回日本ホラー小説大賞を受賞しています。

とてもデビュー作とは思えない完成度で、平易な文章なのに濃厚で情景が目の前に広がるような感動を覚えました。

ホラーというほどの怖さはないので、妖怪などの類が大丈夫であればぜひ読んでみてほしい作品です。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

夜市

大学生のいずみは、アルバイト先の同僚で高校の同級生だった裕司に誘われて夜市に行きます。

夜市は場所を変えて開かれ、参加できるのは一生に三回だけ。

ここでは望むものが何でも手に入ると言われ、『何でも斬れる剣』や『老化が早くなる、遅くなる薬』など種類も様々です。

いずみは気味が悪くなり帰ろうといいますが、夜市には買い物をするまで出られないというルールがあり、裕司はそのことを知った上でここに来ました。

裕司は小学生の時に一度だけ夜市に迷い込んだことがあり、自分の弟と引き換えに『野球の才能』を手に入れ、弟を見捨てて元の世界に戻ってきました。

今回、裕司が夜市に来た理由。

それは、弟を買い戻すためでした。

風の古道

私は七歳の時に父親とはぐれ、知らないおばさんに教えてもらった未舗装の道で家まで帰ったことがありました。

その時も特別な道であることを漠然と感じていましたが、彼が本当の意味を知るのは十二歳の夏休みの時でした。

この道に興味を示した親友のカズキと共に再び足を踏み入れますが、いくら歩いても出口が見当たりません。

ようやく見つけた茶店で、二人はこの道の本当の意味を知ります。

この古道は大昔からある特別な道で、本来であれば通れるのは何年も修行を重ねたお坊さんや特別な血族の者だけでした。

しかし道にはいくつも綻びがあり、私とカズキはそこから古道に迷い込んだのです。

出口が見つからないのは、綻びが閉じてしまったからでした。

古道は神々や異形の者が通る道で、私やカズキが通っていい場所ではありません。

二人は茶店にいたレンという青年の案内のもと、出口を目指しますが、コモリという男と出会ったことでその旅は一気に危険なものに変わるのでした。

スポンサーリンク




感想

スポンサーリンク




名作を予感させる序文

夜市の序文。

最初の一ページだけで鳥肌が立ち、この作品は何か特別なものを持っていると直感しました。

そして、その直感は当たっていました。

一ページから作品に引き込まれ、僕の目の前には確かに夜市が広がっていました。

最初は好奇心が勝ってあちこち見て回りますが、やがて恐怖を覚え、もうその頃には手遅れだったというさらなる恐怖。

設定自体はそこまで凝っていませんが、この世界観に誘う文章が平易なのに巧みで、シンプルに読みやすかったです。

恐怖はやがて感動に変わる

角川ホラー文庫から出版されているということでホラーがメインですが、それだけで終わらないのが本書の魅力の一つです。

読み進める中で登場人物の背景が深堀りされ、恐怖は薄れてやがて感動が波のように押し寄せてくるのです。

感動という意味では『風の古道』の方がよりそのテイストが強く、『夜市』と合わせて本書は一冊で様々な欲求を満たしてくれます。

僕はホラーを求めて本書にたどり着いたので、『夜市』の方がより好みでした。

おわりに

二つの話で二〇〇ページちょっとの中編ですが、読み応え抜群です。

夏に読むのに特にぴったりな話なので、夏が来るたびに本書のことを思い出しそうです。

恒川光太郎さんの他の作品はこちら。