小説

『少女には向かない職業』あらすじとネタバレ感想!殺人に手を染めた少女の壮絶な物語

あたし、大西葵13歳は、人をふたり殺した……。夏休みにひとり。それと、冬休みにもうひとり。あたしはもうだめ。ぜんぜんだめ。少女の魂は殺人に向かない。誰か最初にそう教えてくれたらよかったのに。だけどあの夏はたまたま、あたしの近くにいたのは、あいつだけだったから――。これは、ふたりの少女の凄絶な《闘い》の記録。直木賞受賞作家が『私の男』に先駆け、過酷な運命に翻弄される少女の姿を鮮烈に描いた慟哭の傑作!

Amazon商品ページより

桜庭一樹さんの作品である本書。

冒頭、主人公である少女が殺人に手を染めたことが明かされていて、その時の様子、少女の心の揺れ動きがだんだんと描かれていきます。

誰にも相談できない苦しみと追い込まれていく焦燥感が迫ってくる良作です。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

主人公は大西葵という十三歳の少女です。

冒頭、葵が人を殺し、そのことに心が耐えられていないことが読者に開示され、その状態から物語は始まります。

閉塞感

葵はクラスのお調子者として先生、生徒の中で通っていましたが、家では言いたいことも言えない少女でした。

彼女の父親は早くに亡くなり、今は義父と母親との三人暮らしですが、はっきりいって劣悪な環境です。

義父は漁師ですが足を怪我してからは家に引きこもり酒浸り。

母親は家計を支えるために働き通しで余裕がなく、葵の話を聞かずに当たってばかりいます。

そんな葵にとって唯一何でも話せるのが同じような境遇にある幼なじみの田中颯太だけでしたが、やがて彼に彼女ができると疎遠になり、孤立感を深めていきます。

地獄の始まり

そんな葵の人生を激変させる出来事が起こります。

ある日、クラスメイトで図書委員の宮乃下静香に死体を見せてあげると声を掛けられます。

死体は旅行者のようで、この件をきっかけに葵と静香の交流が生まれます。

葵は静香から人が死ぬ本を借りて読み、一方で静香は実際に葵の義父を目の当たりにし、葵の憎しみの対象を把握。

そこで提案したのが、絶対に見つからない殺人の方法でした。

結局、その方法では実現されませんでしたが、葵は故意に義父の狭心症の薬を隠すことで義父を心臓発作で死亡させます。

薬を隠した証拠は静香が回収したため、警察は事故としてこの件を処理。

完全犯罪が達成されたかのように思えましたが、静香だけが葵の行いを知っていて、いつバラされるか分かりません。

そんな静香は今回の協力の見返りとして、自分の殺害したい相手の殺害に協力するよう葵に求めます。

二度目の殺害計画

葵が不安に押しつぶされそうになる中、静香の祖父が亡くなります。

静香が殺害したのか?

葵はそう考えますが、静香は否定します。

祖父を殺害したのは同居している従兄の浩一郎で、遺産目的の彼はそれを独り占めするために静香も殺害しようとしているのだと訴えます。

葵は静香から驚くべき事実をいくつも告げられ、浩一郎を殺害するための協力をさせられますが、物語は思わぬ方向に展開します。

スポンサーリンク




感想

息苦しい少女の生活

まず感じたのは、葵の生活の息苦しさでした。

娯楽の少ない島で楽しめることは限られ、それでも葵はお調子者として振舞って外での居場所を獲得しています。

しかしひとたび家に帰れば思っていることを言えない窮屈でひどい環境に閉じ込められ、ひたすら現実逃避するしかありません。

これは葵のせいではなく、生きる術を持たない子どもにとっていかに家庭環境が大事かを痛感させられました。

希望と絶望

現状打破を望む葵にとって、静香の提案はあまりにも甘美でした。

実行に移さなかったとしても、義父が死ぬところを想像するだけでいくらか憂さが晴れ、多少の心のケアになるはずでした。

ところが期せずしてその時が訪れ、葵は覚悟がない中で殺人を犯してしまいます。

事が起きてからその重大さに気が付いてももう遅く、弱みを握られている葵の取れる選択肢はすでに決められています。

自分の意志と関係ない大きな力に翻弄され、不幸になると分かっていても進むしかない絶望感。

静香というかすかな希望が大きな絶望に変わる瞬間が秀逸で、比較的短い物語にも関わらずとても大きな爪痕を僕の心に刻みました。

これは、思春期の揺れ動く心を正確かつリアルに描ける桜庭さんだからこそ可能だったことだと思います。

おわりに

タイトル、書きだしからも救いのない話だと分かると思いますが、はっきりいって救いのない物語です。

苦手な人は注意が必要ですが、ただ残酷なだけではありません。

葵の心の揺れ動きは小説だからこそ描けるもので読み応えがありますので、ぜひ挑戦してみてください。