ミステリー

『望み』徹底ネタバレ解説!あらすじから結末まで!

スポンサーリンク

created by Rinker
¥673
(2019/11/22 19:12:51時点 Amazon調べ-詳細)

思春期の息子と娘を育てながら平穏に暮らしていた石川一登・貴代美夫妻。9月のある週末、息子の規士が帰宅せず連絡が途絶えてしまう。警察に相談した矢先、規士の友人が殺害されたと聞き、一登は胸騒ぎを覚える。逃走中の少年は2人だが、行方不明者は3人。息子は犯人か、それとも…。規士の無実を望む一登と、犯人でも生きていて欲しいと願う貴代美。揺れ動く父母の思い―。心に深く突き刺さる衝撃のサスペンスミステリー。

【「BOOK」データベースより】

『クローズド・ノート』などで知られる雫井脩介さんの作品である本書。

タイトルである『望み』から受け取る第一印象とは裏腹に、こんなに悲しく辛い望みがあるのかと思わされる内容でした。

子どもを持つ方はつい登場人物に自分を重ね、それぞれ望みを抱くのではないでしょうか。

この記事では、そんな本書の魅力をあらすじや個人的な感想を交えながら書いていきたいと思います。

ネタバレになりますので、未読の方はご注意ください。

スポンサーリンク

どこにでもいる家族

石川一登は埼玉県戸沢市に住まいと事務所を持ち、注文住宅の設計を行っています。

妻の貴代美はフリーの校正者として働き、高一の息子・規士、中三の娘・雅とも決して関係は悪くなく、どこにでもいる家族です。

しかし、不安なこともあって、それは規士のことでした。

彼はサッカーのプロ選手を目指していましたが、怪我をきっかけにサッカーをやめてしまいます。

自暴自棄になったのか顔には青あざを作り、ある日、貴代美は規士の部屋のゴミ箱でナイフの箱を見つけます。

一登が用途を聞きますが規士は答えず、一時的に預かることにします。

スポンサーリンク



殺人事件

ナイフを取り上げた後日、規士が夜遊びになって帰ってこない日がありました。

夏休みで、これまでも何回かありましたが、貴代美は心配になってメールを送ります。

すると、まだ帰れないが心配しなくていいと一応の無事が確認され、貴代美はもう少し様子を見ることにします。

しかし、夜になっても帰ってこず、さらに不安を煽るような出来事が起きます。

一登たちの住む戸沢で、不審車のトランクから遺体が発見され、遺体は高校生くらいの少年だというのです。

もしかしたら規士かもしれない。

石川夫妻の胸に嫌な予感がよぎりますが、後に被害者の名前が倉橋与志彦であることが判明。

規士ではありませんでした。

しかし、石川家を訪問した警察の話では、与志彦が普段から一緒に行動するグループの中に規士がいること、少年たちの中には事件前後で行方が分からない少年が複数いて、その中に規士も含まれているということです。

警察は明言しませんが、規士が事件に関与していることも見越して捜査していることは明らかです。

一登に貴代美、雅はそれぞれに不安を抱え、ここから家族の間に亀裂は走るようになります。

誹謗中傷

マスコミは早々に規士のことを嗅ぎ付け、石川家に突撃取材をかけてきます。

その中で貴代美はフリージャーナリストの内藤と会って話し、規士以外にも二名の少年が行方不明になっていることを知ります。

その後も様々なの取材にあいますが、彼らは規士が犯人であるかのような言葉を石川家にぶつけ、消耗させていきます。

さらには生卵を玄関にぶつけられたりと、嫌がらせも始まってしまいます。

また、ネットでは規士のことを知らない人間が好き勝手にひどい言葉を書き込み、そこにはプライバシーなど存在しませんでした。

もはや何を信じていいのか分からない状況で、石川家は途方に暮れます。

スポンサーリンク



犯人は二人

その後の捜査で、逃げている少年は二人だと判明します。

行方不明なのは三人なので、最悪の場合、一人はすでに死んでいるかもしれません。

規士は加害者なのか、それとも被害者なのか。

どちらに望みを抱いたところで、石川家に明るい未来などありません。

それでも石川家はそれぞれ、自分の望みを胸に捜査の進展を待つのでした。

それぞれの望み

規士のことは、石川家に様々な悪影響を及ぼします。

被害者の与志彦は一登のビジネスパートナーの親戚であることが判明し、一登は規士の父親ということで仕事を断られてしまいます。

雅も規士の妹として周囲から言われ、自分の将来が兄のせいで壊れていくことに強い悲しみを覚えます。

一登は規士が犯人ではないこと願っていて、それは規士が死んでしまっていても仕方ないと思っていることを意味しています。

自分の将来を気にする雅は、一登と同じ気持ちです。

しかし、後に規士から取り上げたはずのナイフがなくなっていることが判明。

一登の望みが潰えていくようでした。

一方、貴代美は規士が犯罪者だとしても生きていることを望み、彼の犯した罪を一緒に背負う覚悟を決めていました。

この考えの相違は家族の仲に亀裂を走らせます。

スポンサーリンク



真実①

絶望の日々を送り、ついに逃げていた少年二人が確保されます。

一方、一登は規士の部屋の引き出しで取り上げたナイフを見つけます。

規士は、決して一登たちを裏切っていたわけではなかったのです。

石川家は規士の思いに触れ、何が真実なのか分からなくなっていました。

そんな時、警察から連絡があり、もう一人の遺体が見つかったことを告げられます。

確保した二人がどちらも規士でないことから、遺体が規士であることはまず間違いありません。

実感の湧かない一登と貴代美ですが、実際に規士の遺体を確認すると、二人は何度も『規士』と悲痛な叫びをあげるのでした。

真実②

犯人は塩山、若村という少年たちでした。

事の発端は規士の怪我で、それは堀田という少年によって故意に行われたものでした。

話を聞きつけた塩山は若村、与志彦を誘い、仕返しを決め、規士にはこのことを伝えません。

塩村は金で解決させるつもりでしたが、与志彦は義憤から容赦せず、堀田の足を骨折させてしまいます。

堀田は付き合いのあった不良グループに解決を頼み、今度は塩山たちが金銭を要求されて窮地に立たされます。

お金の工面に規士も駆り出されますが、規士も与志彦も反対します。

四人の話はもつれ、小競り合いになります。

塩山は何としても優位に立たなければと焦り、規士を鉄パイプで殴りつけ、怯んだ倉橋も鉄パイプとナイフで殺害します。

その後、遺体を山林に埋めようと決め、貴代美に届いたメールも二人による隠ぺい工作でした。

ところが、与志彦の遺体を運ぶ中で事故を起こしてしまい、二人は逃亡しますが、あえなく逮捕されたのでした。

結末

遺体発見から三日後、規士の収められた棺が自宅に帰ってきました。

雅は規士が犯人では困ると思っていましたが、規士の遺体を前に、ごめんなさいと何度も呟きながら泣き崩れるのでした。

結果として、石川家の未来は救われました。

救ってくれたのは、規士です。

しかし、だからこそ余計に苦いものが残り、一登に後悔が押し寄せます。

本当にナイフを取り上げて正解だったのか。

取り上げていなければ、このような結果にならなかったのではないか。

規士はナイフを机に戻すことで、何があっても両親のせいでないとメッセージを残していたのです。

石川家は、規士が犯人か死んでいるのか、二つの望みの間で翻弄され、ようやく着地点を得ました。

しかし、それで気持ちに収まりがついたわけではありません。

どんなに願ったところで規士は帰ってこないし、加害者を憎むことを規士が望んでいるとも思えません。

規士に助けられたことを何度も噛み締め、ただその事実を受け止めるのでした。

最後に

事件が解決し、真実が判明しましたが、遺族にとってそれで終わりではありません。

時間が経つにつれて規士の死を本当の意味で理解して、今とは違った思いに駆られるかもしれません。

そこでどうするのか。

規士の仇をとるのか、救われた人生を精一杯生きるのか。

考えても答えの出ない問いだと分かりつつも、自分ならどうするだろうと自問自答せずにいられませんでした。

created by Rinker
¥673
(2019/11/22 19:12:51時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です