ミステリー

真梨幸子『聖女か悪女』あらすじとネタバレ感想!底知れない悪意が渦巻く超絶イヤミス

これが、人生の罰ゲーム。

葉山の別荘で結婚パーティーの最中、カリスマブロガーの月村珠里亜が倒れ、昏睡状態に。心理カウンセラーの麻乃紀和は、死んだ息子を陥れた珠里亜に復讐を果たすべく、彼女の身辺を調べ始める。
そんな折、四谷の超高級マンションで発見された8体の惨殺死体。珠里亜の過去を追う紀和が辿り着いたのは、2002年に六本木のマンションで8人の子供たちが監禁された“モンキャット事件”だった。事件の鍵を握る人物として浮上したのは、“オザワ”という名の謎の女で――
取材する記者は皆“消される”というモンキャット事件の真相とは!? 
マルキ・ド・サドの禁書『美徳の不幸』にオマージュを捧げ、現代に蘇らせた超絶イヤミス!!

Amazon商品説明より

僕はそこまで真梨幸子さんの作品を数多く読んだわけではありませんが、本書は表紙を見た瞬間、ビビっとくるものがありました。

おまけにこの強烈な謳い文句。

真梨幸子史上もっとも酷いことが起きる、危険なミステリです。

聖女か悪女 小学校ホームページより

もう読まずにはいられませんでした。

誰が聖女で、誰が悪女なのか。

常にそのことを考えながら読み進め、数え切れない強烈な悪意が心を掴んで離してくれませんでした。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

カリスマブロガーが昏睡状態に

カリスマブロガーの月村珠里亜は、あらゆることで世間を賑わせていました。

その中でも強烈だったのが、東京地検の検察官・碓氷篤紀にレイプされたと告発したことでした。

それが理由かは不明ですが、碓氷は自殺。

しかも告発は嘘で、そんな事実は一切ありませんでした。

珠里亜はとある人物に頼まれてやったことで、罪悪感などこれっぽっちも感じていません。

そして、冒頭。

珠里亜は売れないお笑い芸人の松野洋平と結婚し、彼と葉山にあるとある人物の別荘で行われる結婚パーティーに参加しました。

松野とは偽装結婚と明言していますが、なぜ偽装結婚しなければならなかったのか。

パーティーでの詳細は明かされず、その後すぐに珠里亜が脳梗塞で病院に搬送され、覚醒剤を所持していたことが判明します。

復讐

アメリカ仕込みの心理カウンセラー・麻乃紀和は珠里亜のお見舞いに訪れます。

息子がお世話になったといいますが、事実は全くの逆。

世間に公表していませんが、紀和は自殺した碓氷の母親で、自殺に追い込んだ珠里亜への復讐に燃えていたのでした。

珠里亜は昏睡状態ですが、それだけでは紀和の気が収まらず、珠里亜のことを調べていました。

病院からの帰り道、四谷にある高級マンションの一室で八人の女性の惨殺死体が発見された事件のことを知ります。

マンションの管理人の桑原はマンションから飛び降りてすでに亡くなっていました。

桑原が犯人だったのか。それとも別に犯人がいたのか。

一見、珠里亜とは何の関係もない事件に思えますが、次第に二つの接点が見えるようになります。

スポンサーリンク




事件の関連

紀和は珠里亜のことを調べる過程で、珠里亜の保育園時代からの幼馴染・日高穂波の証言を入手。

珠里亜と穂波が、十七年前に起きたモンキャット事件の被害者だったことが判明します。

この事件では八人の少女が六本木のマンションで監禁されていて、被害者の少女たちはみな死亡しているか行方不明とされていました。

しかしそれはダミーで、穂波が関係ない少女たちの名前を匿名掲示板に書き込んだことから生じた誤解でした。

穂波は『オザワ』という同級生の少女に入れ知恵され、自分の命を守るために生贄を差し出したのでした。

四谷の事件とモンキャット事件には何かと共通点があります。

犠牲者はどちらも八人で、報道関係は何らかの圧力によって手を引かざるをえない。

マンションの管理人はどちらも亡くなっている。

物語は広がり続け、ますます謎が増えていきます。

黒幕は誰?

物語の重要人物として『オザワ』が度々登場します。

モンキャット事件で穂波に入れ知恵をしたオザワ。

自殺した碓氷の手の甲に書かれていたオザワの文字。

『町田の聖夫婦』と呼ばれる、身寄りのない里子たちを何人も引き取る夫婦がいましたが、彼らはそれによって得られる養育費で贅沢をし、里子たちは必要最低限以下の生活を強いていました。

その夫婦に育てられたのがオザワ。

モンキャット事件で自殺した管理人とオザワは同じ児童養護施設の出身で、引き取り手は町田の聖夫婦。

その夫婦のバックには政界にも信者の多い八真教がついているといわれ、事件との関連を疑う人も多くいました。

またオザワは女優の神奈乙音に似ているといわれ、その乙音はレイプ動画が拡散され、世間を賑わしていました。

オザワとはどんな人物なのか。

これらの事件にどう関与しているのか。

事実が浮かび上がるにつれて物語の全容が明らかになりますが、そこには吐き気がするほどの巨大で底の知れない悪意が潜んでいました。

スポンサーリンク




感想

底の知れない悪意

真梨さんの作品を読んだ人であれば分かると思いますが、とにかく性格の悪い登場人物が非常に多いです。

人を疑い、人を陥れ、人の不幸を喜ぶ。

もはや悪女だらけです。

しかし、本書のイヤミス度はそんなところでは終わりません。

悪女と思われた女性たちが可愛く見えるほどの巨悪が次々に登場し、際限のない悪意をこれでもかと垂れ流しているのです。

本書に封じ込められた悪意は底が知れず、いっそ清々しいほどでした。

僕は真梨さんのファンを名乗るほど彼女に精通していませんが、それでもこの記事の冒頭で紹介した『真梨幸子史上最もひどいことが起きる』という謳い文句に嘘はなかったと思います。

聖女、悪女とは何か

本書の一番面白い部分は、誰が聖女で誰が悪女かというところにあります。

一般的なイメージでいけば、善行を重ねる優しそうな女性が聖女で、自分のために誰かを貶めることすら厭わない女性を悪女というと思います。

しかし、本書ではその認識を改める必要があります。

本書はマルキ・ド・サドの『美徳の不幸』のオマージュであり、答えはそこにあります。

※ジュスティーヌの物語には三つの異本が存在します。ここではそのうち手に入りやすい最初と最後の稿をご紹介します。

本編を読まずとも、あらすじを見めば何となく本書の目指すところが見えてくると思います。

ただオマージュの元を知らない人は読了後に調べることをお勧めします。

その方が驚きをしっかり楽しめます。

グロテスクな描写に注意

心理的なイヤミスかと思いきや、直接的なグロテスクな描写も登場します。

内容は全然関係ありませんが、『殺戮にいたる病』を読んだ時の感覚を久しぶりに思い出しました。

おそらくイヤミス系の作品を見る人であればある程度耐性があると思いますが、グロテスクな描写が苦手な人は要注意です。

おわりに

タイトルといい表紙といい、久しぶりに一目惚れしました。

そして、満足のいく胸糞悪い、素晴らしい作品でした。

こういう毒気のある小説は本当にやめられません。

これも一種の中毒なのかもしれません。

おすすめミステリ小説のランキングを作りました。