エンタメ

『三匹のおっさん』あらすじとネタバレ感想!おっさんと言わせない三匹の痛快活劇

還暦ぐらいでジジイの箱に蹴り込まれてたまるか、とかつての悪ガキ三人組が自警団を結成。剣道の達人・キヨ、柔道の達人・シゲ、機械いじりの達人の頭脳派・ノリ。ご近所に潜む悪を三匹が斬る!その活躍はやがてキヨの孫・祐希やノリの愛娘・早苗にも影響を与え…。痛快活劇シリーズ始動。

「BOOK」データベースより

毎回、常識を無視した驚きのエンタメ作品を提供してくれる有川ひろさんですが、本書もかなり攻めた内容になっています。

まず、主人公が還暦を迎えたおっさん三人と、一見華がありません。

しかし、この三人の個性がかなり際立っていて、年齢を感じさせない、むしろ若者よりも力強いパワーを見せてくれます。

またおっさんたちと世代の違う人との交流も見どころで、お互いに認識を改めて歩み寄る姿が印象的でした。

一話ずつが独立した短編なので、サクサク読めて暇つぶしにもぴったりです。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

第一話

清田清一は定年を迎えて人生の一区切りを迎えますが、まだまだ年寄り扱いされることに疑問を抱いていました。

子どもの頃から腐れ縁の立花重雄、有村則夫にそのことを話すと、重雄から私設ボランティアの話を持ちかけられます。

三人で自分たちの周りの困っている人たちを助けないかと。

三人はかつて『三匹の悪ガキ』と呼ばれていて、その慣れの果てである『三匹のおっさん』の誕生です。

最初の見せ場は、清一が嘱託で経理の管理をすることになったアミューズメントパークで頻繁に起こっている強盗事件でした。

清一の孫・祐希もそこでアルバイトをしていて事件に巻き込まれますが、三匹は驚きの活躍をします。

第二話

町中で痴漢が多発し、痴漢では済まない事案も発生していました。

三匹のおっさんたちは警戒しますが、次のターゲットになったのは則夫の娘・早苗でした。

第三話

痴漢の一件で仲良くなった祐希と早苗。

二人は買い物をするために中央に出ますが、そこで重雄の妻・登美子が同年代の知らない男と一緒にいるところを目撃します。

しかも、登美子は最大限にオシャレしていて、ただ事ではありません。

祐希は清一にこのことを相談し、真相究明に乗り出します。

第四話

清一のもとに、剣道教室の元教え子である工藤昴が訪れます。

昴は中学校で飼育係としてマガモを飼っていますが、何者かによって水かきにハサミで切れ込みを入れられていたのです。

その他にも残虐な行為が起きているということで、三匹のおっさんと祐希、早苗が立ち上がります。

その中学校は祐希、早苗が卒業生ということで教師たちに事情を話し、真犯人特定のために罠を仕掛けます。

第五話

早苗の同級生、富永潤子は一目見るなり祐希を気に入り、早苗はなし崩し的に祐希を紹介させます。

この一件で祐希と早苗の仲は険悪になりますが、問題はそれだけではありません。

祐希は、知らない男が潤子を足蹴りにしているところを目撃します。

潤子はモデルやグラビアアイドルのスカウトと騙されて弱みを握られ、誰にも相談できずにいたのです。

祐希と早苗は潤子を助けることを決め、三匹に相談を持ち掛けます。

第六話

悪徳商法が横行していて、清一の妻・芳江の友人である靖代もまたその餌食になります。

芳江はやめるよう説得しますが、理解を得られずに絶交されてしまいます。

そこで芳江は三匹にこのことを相談し、悪徳業者と戦うことを決めるのでした。

スポンサーリンク



感想

おっさんがいちいちカッコイイ

本書の感想として、真っ先に思いつくのがこれです。

あとがきで有川さんがおっしゃるように、イマドキのお年寄りって若くて、パワーが溢れています。

人助けのために『三匹のおっさん』が立ち上がり、身の回りの困った人たちをそれぞれの強みを活かしてあっという間に解決してしまう。

その手腕は鮮やかで、長く生きてきたゆえの経験値がしっかり活かされています。

かと思えば息子娘や孫とのやりとりにいちいち一喜一憂したりと、可愛らしい一面も見せてくれます。

本書を一言で表すならば『おっさん萌え』でしょうか。

字面だけ見ると全く理解できないと思いますので、騙されたと思って本編を読んでみてください。

僕も半信半疑で読み始めたので、まさか自分がおっさんたちの活躍で胸を躍らせるなんて思いもしませんでした。

若者二人が清涼剤代わり

そして本書は、おっさんたちの活躍だけでなく祐希×早苗の恋の行方も見どころです。

境遇もあって年齢以上に大人びた二人ですが、二人で過ごす時の姿はいちいち甘酸っぱく、有川さんの真骨頂である極甘ラブコメがこれでもかと表現されています。

おっさんたちの活躍だけで終わらないところが本書の良いところで、祐希と早苗は一種の清涼剤のような役割を果たしてくれています。

学校帰りに二人で買い物をしていく。

それだけで楽しいという感覚はもう懐かしいと思えるくらいに遠いものになってしまいましたが、おっさんたちの活躍同様、見ていてとても気持ちの良いものでした。

おわりに

本書が有川さんの代表作であることはもう間違いありません。

これまでとは違った切り口ゆえに新しい読者の方も入ってきやすいと思うので、ぜひ本書

から別の有川作品に触れてもらえればと思います。

また本書には続編もありますので、そちらも読まないと損です。

有川ひろさんのランキングを作りました。