ミステリ

『坂の上の赤い屋根』あらすじとネタバレ感想!実際の事件をモチーフにした小説が織りなす極上イヤミス

harutoautumn

人格者と評判も高かった夫婦が、身体中を切り刻まれコンクリート詰めにされ埋められた。血を分けた娘と、その恋人によって…。その残虐性から世間を震撼させた『文京区両親強盗殺人事件』から18年後。事件をモチーフにした小説が週刊誌で連載されることになる。そこで明らかになる衝撃の真実とは!?極上のイヤミス長篇。

「BOOK」データベースより

真梨幸子さんらしい、最高にドロドロしたイヤミスです。

作中で実際に起きた事件をモチーフにした小説を連載する。

その取材の中で様々な情報が集まり、次第に疑問と不信感が山積していき、やがて驚愕の真実に向けて一気に加速します。

本書に関する真梨さんへのインタビューはこちら。

読み始めたら止まらない“イヤミス” の女王・真梨幸子の新作『坂の上の赤い屋根』は、いかにして生まれたのか。|

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

本をお得に読みたい人には『Kindle Unlimited』をオススメします。

小説のみならずビジネス書、マンガ、専門書など様々なジャンルの作品が200万冊以上読み放題

新規加入なら30日間の無料体験ができるので、無料期間中に退会すればお金は一切かかりません。

また期間限定で3か月2,940円→99円のお得なプランもあります。

なかなか手に取れない数千円、数万円するような本を読むのもアリ。

マンガであれば一か月で数十冊読めてしまうので、シリーズものも無料で読破できます。

気になる人はぜひ30日間無料体験でお試しください。

スポンサードリンク

あらすじ

文京区両親強盗殺人事件

本書の中で連載がスタートした小説。

そのモチーフが『文京区両親強盗殺人事件』です。

十八年前の二〇〇〇年、東京都文京区に住む医者夫婦が男女二人に殺害されるという事件が発生しました。

犯人のうち女性Sは夫婦の娘で、当時十八歳でした。

もう一人の犯人はSの交際相手・大渕秀行で、事件後、二人は事件について様々な証言をしますが、どれも食い違って今に至るまで解決していません。

結局、大渕は死刑、Sは無期懲役が言い渡され、刑は確定しています。

事件の真相は明らかになっていませんが、世間からはやがて忘れられていきます。

取材

私は轟書房主催の賞で新人賞を獲得したことで華々しく小説家デビューしましたが、それ以降は鳴かず飛ばずでした。

次の作品で起死回生を狙いたい。

そこで目を付けたのが『文京区両親強盗殺人事件』です。

私はそれを『坂の上の赤い屋根』というタイトルで執筆し、轟書房文芸部の橋本涼に見せます。

橋本は轟書房の役員・笠原智子に見せ、推薦してもらえるよう働きかけます。

私は強制的にイイダチヨと偽名を名乗らされ、アシスタントという体で橋本と共に笠原に会います。

笠原の評価は散々でした。

題材はいいが、報道では知りえなかった情報まで盛り込まないと、読者のゲスな心には響かない。

遠慮しすぎているのだと。

私は笠原の指示で急遽書き直すことになり、そのネタとして事件に関係する人物にインタビューを開始します。

報道ではなかった事実が次々に明らかになり、その情報を盛り込んだ原稿の評判は上々。

急遽、『週刊トドロキ』で連載することが決まり、私は身を粉にしてインタビュー、執筆に励みます。

イイダチヨの正体

順調に作品は書き上げられていますが、インタビューを受けた人の中でイイダチヨこと私に疑惑の目を向ける人が現れます。

彼女もまた事件に関係しているのではないか。

様々な憶測が飛び交い、同時に事件の真実が明らかになっていきます。

何が本当で、何が嘘なのか。

最後には予想もしていない結末が待っています。

感想

安定したイヤミス

真梨さんといえばイヤミス。

とにかく胸糞悪くて、登場人物の心情はドロドロ。

物語は一転も二転もして、最後まで油断できない。

そんな真梨さんの魅力が凝縮されている作品です。

真梨ファンであれば満足できる一冊であり、僕も期待していた作品で満足できました。

特に大渕の破綻した人間性、笠原と彼女の元同僚である市川の醜いやりとりは見ごたえがあります。

もっとスパイスがあっても良い

期待通りの内容でしたが、もっと内容を煮詰めてドロドロしても良かったのではないかと個人的には思っています。

殺人事件は過去のものなので、当時を振り返っても迫りくるようなドキドキはなく、スパイスとしてはやや弱めでした。

作中の笠原ではないですが、僕のようなゲスな読者はもっとドロドロしていると嬉しくなっているので、その点においてはもう一歩だったとように感じます。

とはいえ、良作であることに間違いはないので、この点が加われば完璧、くらいの意味合いです。

おわりに

安定の真梨クオリティで、イヤミス成分を補充したい人におすすめです。

小説執筆というエッセンスも入っているので、読書が好きな人には興味深い題材でより一層楽しめるのではないでしょうか。

本をお得に読みたい人には『Kindle Unlimited』をオススメします。

小説のみならずビジネス書、マンガ、専門書など様々なジャンルの作品が200万冊以上読み放題

新規加入なら30日間の無料体験ができるので、無料期間中に退会すればお金は一切かかりません。

また期間限定で3か月2,940円→99円のお得なプランもあります。

なかなか手に取れない数千円、数万円するような本を読むのもアリ。

マンガであれば一か月で数十冊読めてしまうので、シリーズものも無料で読破できます。

気になる人はぜひ30日間無料体験でお試しください。

関連記事はこちら。

あわせて読みたい
【2022年】厳選おすすめ文庫本小説50選!初心者でも読みやすい不朽の名作揃い
【2022年】厳選おすすめ文庫本小説50選!初心者でも読みやすい不朽の名作揃い
スポンサードリンク
記事URLをコピーしました