小説

『折れた竜骨』徹底ネタバレ解説!あらすじから結末まで!

スポンサーリンク

created by Rinker
¥523
(2019/12/16 01:50:49時点 Amazon調べ-詳細)

上巻

ロンドンから出帆し、北海を三日も進んだあたりに浮かぶソロン諸島。その領主を父に持つアミーナは、放浪の旅を続ける騎士ファルク・フィッツジョンと、その従士の少年ニコラに出会う。ファルクはアミーナの父に、御身は恐るべき魔術の使い手である暗殺騎士に命を狙われている、と告げた…。いま最も注目を集める俊英が渾身の力で放ち絶賛を浴びた、魔術と剣と謎解きの巨編!第64回日本推理作家協会賞受賞作。

【「BOOK」データベースより】

created by Rinker
¥523
(2019/12/16 01:50:49時点 Amazon調べ-詳細)

下巻

自然の要塞であったはずの島で、偉大なるソロンの領主は暗殺騎士の魔術に斃れた。“走狗”候補の八人の容疑者、沈められた封印の鐘、塔上の牢から忽然と消えた不死の青年―そして、甦った「呪われたデーン人」の襲来はいつ?魔術や呪いが跋扈する世界の中で、推理の力は果たして真相に辿り着くことができるのか?第64回日本推理作家協会賞を受賞した、瞠目の本格推理巨編。

【「BOOK」データベースより】

ミステリの多用性に魅せられたという米澤穂信さんが描く十二世紀末の欧州を舞台にした特殊設定ものと呼ぶべき作品です。

作中には魔法など現代の常識では考えられないものが数多く登場しますが、それにもしっかりと理屈があり、焦点が定まっている分、読者も謎解きにあたってとっつきやすくなっています。

また本書は米澤さんがプロデビュー前にネット上で公開していた作品をリライトしたもので、元々は異世界ものだったのそうです。

この記事では、そんな本書の魅力をあらすじや個人的な感想を交えながら書いていきたいと思います。

ネタバレになりますので、未読の方はご注意ください。

なお、なるべく簡略化するために重要な部分以外、極力省いています。

ご了承ください。

スポンサーリンク

舞台

物語の舞台となるのはソロン諸島で、ソロン島、小ソロン島で構成されています。

ソロン島にある街もソロンと呼ばれています。

ソロンを治めるのはエイルウィン家で、本書で起こる事件をきっかけに、大きな転機を迎えることになります。

スポンサーリンク



訪問者

物語の視点となるのは、領主であるローレント・エイルウィンの娘・アミーナです。

ソロン島に、ローレントに会いたいとやってきた人たちがいました。

ファルク・フィッツジョンとニコラ・バゴです。

トリポリ伯国からやってきた聖アンブロジウス病院兄弟団の騎士で、二人は師弟関係にあります。

ファルクは急いでローレントに会う必要があるといい、アミーナは小ソロン島にある領主の館に二人を案内します。

二つの島を行き来するためには、島唯一の渡し船に乗らなければいけません。

警告

アミーナが話を通すと、ローレントとの面会がかなうことに。

その日は元々、市長と傭兵応募者との面会があり、一緒の面会となります。

現在、ソロンは平和そのものですが、ローレントはソロンを狙う敵がいるとして、兵力増強の一環として傭兵を雇おうと考えています。

その敵とは、デーン人と呼ばれる存在でした。

竜の頭をつけた船で襲来するという伝説のヴァイキングで、その存在自体が疑わしいという人間が大半の中、ローレントはデーン人の襲来を確信している様子です。

元々、ソロンはデーン人のもので、それを取り戻しにくるのだといいます。

当時、ソロンからデーン人を追い出したのはローレントの祖父・ロバートでした。

ローレントは武術や魔術に優れた五人の傭兵を雇うことを決めると、次に口を開いたのはファルクでした。

彼は暗殺騎士という邪悪な存在を追っていて、エドリックという暗殺騎士がソロン島に渡ったのだと話します。

先日亡くなった兵士には、はっきりと暗殺の魔術の特徴が残されていました。

ファルクはエドリックの狙いがローレントである可能性が高いとして、警護の強化を促します。

エドリックはファルクと同じ髪と眼の色をしているとファルクはいいます。

後に、エドリックはファルクの弟であることが判明します。

スポンサーリンク



囚われのデーン人

館のそばに立つ塔には、二十年に渡ってデーン人が幽閉されていました。

名前をトーステン・ターカイルソンといいます。

その存在を知るのはごく一部の人間で、アミーナは時々彼と会っていました。

このことを知っているのは侍女のヤスミナだけです。

ローレントは以前、デーン人と戦ったことがあり、その時にトーステンを捕らえたのでした。

トーステンは呪われていて、眠ることも死ぬこともありません。

怪我をしても血は流れず、首を切らない限りは動き続けます。

ローレントは、条件を飲めば塔から解放すると持ち掛けますが、トーステンはそれを受け入れず、こうしても今も幽閉されているのでした。

暗殺

翌日、長剣で刺されて死亡したローレントが発見されます。

領主としての責務はアミーナの兄・アダムが引き継ぎ、アミーナはファルクたちと共にエドリックを探すために捜査を始めます。

現場から以下のことが判明します。

 

・ローレントの服装から、誰かと会うつもりだった

・凶器の長剣には右手の五本指すべてで握った跡がある

・ローレントの殺人者は、殺害前に会話をしている

・エドリックが使った魔術は『強いられた信条(モットー)』

 

暗殺騎士は目的の人物の血を入手することで、その人物を『走狗(ミニオン)』として操ることができます。

ローレントを殺害したのは、そのミニオンです。

ファルクは、ミニオンを探すことがエドリックに繋がると考え、まずはミニオンを探すことにします。

この時点で、容疑者は八人います。

スポンサーリンク



ミニオンの特徴

捜査の鍵となるミニオンですが、以下の特徴があります。

 

・ミニオンはローレントを殺害したことを覚えていない

・殺害計画はミニオン自身の知識に基づいて考える

・過去三か月間で一度も血を流していない人物は除外できる

消失

捜査を進める中で、アミーナはファルクの能力の高さを感じました。

そこで以下のことを打ち明けます。

 

・一年のうち、冬の七日だけ宵課の鐘が鳴って潮が引くと、ソロン島と小ソロン島を繋ぐ道が月明かりに照らされて姿を現す

・トーステンが姿を消したが、扉は閉じて鍵もかかったままである

弟子

ここからは下巻。

宿で食事をとるファルクですが、食事には毒が盛られていました。

犯人は、ソロンでは見たことのない給仕の女の子でした。

ニコラはその場に居合わせた傭兵、ハール・エンマと共に女の子を追い込み、殺害します。

ファルクも解毒が間に合ったため、命に別状はありません。

女の子の所持品から、彼女が暗殺騎士の弟子であることが分かりました。

状況から考えて、女の子が例えファルクを殺害できたとして、助かる見込みはまずありませんでした。

一人前の暗殺騎士を育てるのに膨大な時間がかかるにも関わらず、弟子を粗末に扱う師匠がいるのだろうか。

疑問に思いながらもファルクたちは捜査を続けます。

襲来

捜査の途中、ついに伝説のデーン人が襲来します。

地の利はソロン側にあるものの、デーン人は首を切らなければ永遠に戦い続け、単純に膂力でも格上です。

劣勢になる中、アミーナにデーン人が襲い掛かります。

護衛のニコラでも守り切れませんでしたが、その時、思わぬ救いが現れます。

姿をくらませていたトーステンが現れ、アミーナを助けてくれたのです。

その後、デーン人の族長に対して傭兵のスワイドが青銅巨人を操って襲撃。

最終的に、エンマが族長を倒し、残ったデーン人たちは退却します。

一時的なものですが、ソロンは勝利を収めるのでした。

脱出方法

戦闘後、ファルクはトーステンの脱出方法について説明します。

ニコラくらい小さければ窓から逃げることもできますが、青年のトーステンにはできません。

しかし、デーン人のトーステンだからこそできる方法があります。

トーステンは、自分の体を小さく切り、小窓から逃げたのです。

当然、トーステンにもローレント殺害の容疑がかかりますが、デーン人である彼は血を流さないため、強いられた信条の魔術は効きません。

そして、トーステンは殺人者を目撃していましたが、それが男か女かも分かりませんでした。

最後に、トーステンが体を切るためには刃物が必要で、幽閉中の彼は持っていません。

そこで協力者が必要であることが分かります。

協力者は、ヤスミナでした。

その後、トーステンとヤスミナは他の人に内緒で逃げるのでした。

条件

この時点で、ファルクにはミニオンが誰か分かりました。

そこで宴の席で推理を披露します。

一部省略しますが、その時に提示したミニオンの条件は以下の通りです。

 

・ミニオンは一人である

・右手で剣を握ってローレントを殺害した

・部屋の入口からローレントを殺害するまで六歩を要した

・イングランド語、もしくはアラビア語を理解している

 

この条件に当てはまり、ローレントが作戦室にいることを知っていた人物がミニオンということになります。

候補者は五人にまで絞られ、ファルクは一人ずつ絞っていきます。

除外

こちらでは除外された人物とその理由を記載します。

エイブ

ローレントが殺害された時間、彼は夜警をしていて、他の兵士もその様子を目撃しています。

コンラート

コンラートは『盗人の蝋燭』という魔術アイテムを持っていました。

正しい持ち主が持つ時、蝋燭に火をつけると、姿を消すことができます。

また燃えている間、持ち主は手放すことができず、火が消えることもありません。

唯一、新鮮な母乳のみが火を消すことができますが、コンラートの周辺で入手できるチャンスはありませんでした。

そして、コンラートは事件の日、『盗人の蝋燭』を使用しています。

ここでポイントは、トーステンが犯人を目撃しているということです。

『盗人の蝋燭』を使用したコンラートは姿を目撃されることはありえないため、犯人ではないということになります。

イテル

デーン人との戦いで、イテルは左手に持った長弓を捨て、左手で剣を抜きました。

ファルクはこのことから、イデルの右手に何か不都合があることを見抜きます。

事実、イデルの右手の親指の先はありませんでした。

そして、凶器となった長剣は右手の五本指の跡が残っており、イテルではありえません。

スワイド

姿形が子どもで、ニコラよりも身長が低い。

凶器の長剣は高いところに置いてあってとるのが難しく、もっと下に凶器となる武器はありました。

その中で長剣を選んだということは、ミニオンにとって長剣が使いやすい武器だからです。

スワイドは青銅巨人を操れるので、それを利用すれば体格は問題ないように思えますが、入り口の扉は小さく、青銅巨人は通れません。

犯人

最後に残ったのはエンマでした。

その場の誰もがエンマを犯人だと決めつける中、ニコラだけがあることに気が付き、声を上げます。

エンマはミニオンではないと。

デーン人との戦いで、エンマは互角以上に戦っていました。

そして、とても普通の人間では持たない時間、水に潜っていたことになります。

エンマは、呪われたデーン人だったのです。

呪われたデーン人は血を流さないため、血が必要な『強いられた信条』は効きません。

そしてニコラは、ファルクが犯人だと指摘。

しかもミニオンではなく、暗殺騎士のエドリックとして。

エドリックはそのことを認めると、ニコラと戦い、そのまま命を落とすのでした。

結末~真実~

エンマの本当の名前はフレイア・ラルスドッテイルといい、族長の娘であり、ローレントに命を救われたことがありました。

フレイアはかつてソロンに住んでいましたが、一族の裏切り者によって島を追い出され、復讐のために魔術に頼り、呪われたのでした。

しかし、裏切り者であるローレントの祖父はすでに死んでいて、その子孫に罪はありません。

フレイアはこの復讐を終わらせると宣言し、旅立つのでした。

 

またファルクについて、死んだのは本物のファルクであり、ミニオンでした。

エドリックとして殺害したのには理由があります。

これからも暗殺騎士との戦いは続くのに、ファルクが魔術にかかって負けたとあっては次に来る騎士たちが信用されなくなってしまいます。

そこでエドリックとして倒されることで、騎士の信用を保ったのでした。

ここからはニコラの推測ですが、以前、ファルクとエドリックが戦う機会があり、そこでファルクの血をとられたといいます。

そして、エドリックはその戦いの傷が原因ですでに死亡。

宿で弟子が襲ってきたのは、師匠であるエドリックの復讐のためでした。

 

ニコラとの別れ際、アミーナは再会の約束をします。

暗殺騎士の気配を感じたら呼び戻す合言葉として、ここ数日間のことを思い出す。

そして真っ二つに折れて燃えながら沈む船を思い出し、『折れた竜骨』を合言葉にするのでした。

最後に

ファンタジー要素を含むことで特徴がはっきりし、推理の争点が分かりやすくて非常に楽しめた一冊でした。

created by Rinker
¥523
(2019/12/16 01:50:50時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥523
(2019/12/16 01:50:51時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥704
(2019/12/16 01:50:52時点 Amazon調べ-詳細)

米澤穂信さんのランキングを作りました。

米澤穂信おすすめ文庫ランキングベスト10!(2019年版)青春からミステリーまで! デビュー作の『氷菓』から常に最前線で活躍されてきた米澤穂信さん。 その魅力はミステリーという括りでは収まらず、様々なジャン...
スポンサーリンク

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です