ホラー

『などらきの首』あらすじとネタバレ感想!シリーズ第三弾はファン必見の短編集

「などらきさんに首取られんぞ」祖父母の住む地域に伝わる“などらき”という化け物。刎ね落とされたその首は洞窟の底に封印され、胴体は首を求めて未だに彷徨っているという。しかし不可能な状況で、首は忽然と消えた。僕は高校の同級生の野崎とともに首消失の謎に挑むが…。野崎はじめての事件を描いた表題作に加え、真琴と野崎の出会いや琴子の学生時代などファン必見のエピソード満載、比嘉姉妹シリーズ初の短編集!

「BOOK」データベースより

比嘉姉妹シリーズ第三弾となる本書は初の短編集です。

表題作を入れて六つの短編で構成されていて、いつものようにじっくり丁寧に恐怖を描いているわけではありませんが、その分、お手軽に様々なシチュエーションのホラーを楽しむことが出来ます。

また何といっても本書では野崎の学生時代、真琴と野崎の出会い、美晴や琴子の学生時代など、これまでのシリーズの時間軸では見られない話が盛り沢山なので、シリーズのファンであれば絶対に外せません。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

ゴカイノカイ

とあるビルの五階では夜になると子どもの声が聞こえ、謎の痛みを感じるということで借り手がすぐに退去してしまい、困っていました。

オーナーの梅本は『鎮め屋』と呼ばれる人に依頼しますが、効果なし。

逆に鎮め屋が恐れをなして逃げ出してしまいます。

梅本は困り果てていると、行きつけの居酒屋の女将からバーで働く霊能力者を紹介してもらい、藁にも縋る思いで依頼をします。

その相手こそが真琴でした。

真琴は自信満々でビルに乗り込みますが、なす術もなく謎の痛みに襲われ、万事休すかと思われました。

しかし、これには裏がありました。

学校は死の匂い

真琴の姉、そして琴子の妹である美晴の小学六年生の時の話。

美晴は心霊現象に興味を示し、それを解決することで琴子を見返してやりたいと考えていました。

そんな時、美晴はクラスメイトから体育館に出る幽霊のことで相談を受けます。

雨の日にだけ体育館に現れ、何人もの人の名前を呼びながら謝る幽霊。

美晴は近所に住む知人で小学校のOGの松井から、十年ほど前に小学校で飛び降り自殺をした少女がいたことを教えてもらいます。

幽霊と飛び降りた少女。

美晴は同一人物だと考え調査を続けますが、そこで知ったのは幽霊よりも怖い真実でした。

居酒屋脳髄談義

本書で僕の一番お気に入りの作品。

三人の男性は居酒屋で部下の女性社員にセクハラ、パワハラ紛いの言葉を投げかけて楽しんでいました。

いつもはオドオドするだけの女性ですが、今日は違いました。

毅然とした態度で言い返し、三人は負けじとヒートアップします。

やがて三人はさすがにおかしいことに気が付き、そこで事の真相が明かされます。

怪談を聞いているような、忍び寄る恐怖があり、話の仕掛けにファンであれば思わず嬉しくなってしまうはずです。

悲鳴

大学の映画同好会、もといホラー映画同好会の話。

無理心中した男女の霊が出ると噂されている場所で映画の撮影をしていると、誰かの声が何度もして不穏な空気が流れます。

心霊現象はすさまじさを増しますが、後に一年生で仮入会のリホの仕業だと判明。

ドッキリに参加していない学生は安心しますが、翌週に伊勢原というOBが殺害されて状況が変わります。

普通に考えれば誰かの手によって殺害された以外にありませんが、もしかしたら本物の心霊現象かもしれません。

不安に包まれる中、次第に真実が明らかになります。

ちなみにリホですが、名前と容姿から察するに前作『ずうのめ人形』に登場するあの人です。

ファインダーの向こうに

野崎と真琴の出会いの話。

『ずうのめ人形』に登場した周防と野崎、そしてカメラマンの明神は雑誌企画のために、都内の霊が棲むというハウススタジオを訪れていました。

心霊現象らしきことが起こりながらも、取材は無事に終了。

明神の撮影した画像を見ていると、一枚だけ奇妙なものが紛れ込んでいました。

それは風景写真で、怖いものではありませんがハウススタジオで決して撮影できるものではありません。

明神はファインダー越しにその景色が見えたことを認めるも、何の風景かは分かりません。

面白い企画になりそうですが落としどころが見つからず、結局、霊能力者に見てもらうことでオチをつけることにします。

周防は編集長の戸波の紹介で真琴に仕事を依頼し、これが野崎と真琴の出会いになります。

野崎ははじめ、真琴のことを怪しみますが、すぐに彼女の力が本物であることを知ります。

真琴はすぐに写真の謎を解き明かしますが、そこには意外な真実が隠されていました。

などらきの首

野崎の高校三年生の時の話。

彼の友人・寺西の祖父母の家のある地域では『などらき』と呼ばれる存在が言い伝えられていました。

この地域にはかつてなどらきという化け物が棲んでいて、毎年のように多くの人を殺してました。

ある年、などらきは首をはねられて退治されますが、胴体は逃げ出し、首だけが洞窟に祀られています。

首は取られないよう細工をされていますが、今でもなどらきの胴体は首を求めてさまよい、洞窟に入るとその人間の首を切るのだと恐れられていました、

野崎は興味を示し、そんなものは存在しないことを証明するために調査しますが、驚くべき結末が待っていました。

スポンサーリンク



感想

小粒だけれど手軽に楽しめる

短編ということで、一つの作品が長くても五十ページ程度で短めです。

これまでの長編に比べると話の展開が急であるため、正直小粒感は否めません。

身も凍るような恐怖というよりも、立ち話で怖い話を聞いた時に感じる恐怖、というと分かりやすいかもしれません。

しかし、そのおかげでサクサク読むことができ、しかもバリエーションの違う短編が六つも味わうことが出来ます。

とても手軽なので、同じ話ばかりだと飽きてしまうという人にはちょうど良いボリュームです。

ファン向けの作品

冒頭にも書きましたが、本書で描かれる人物の多くはこれまでのシリーズに登場した人ばかりです。

ファンであればどういった人物か知っているので、描写が薄くても自分で補い、彼らの知らなかった姿を見て楽しむことが出来ますが、本書から読み始めたという人にはかなり薄味に感じると思います。

作品の完成度が低いというよりも、その性質から本書はファン向けの作品です。

さすがに本書から手を出す人はあまりいないと思いますが、この点は注意した方がいいかもしれません。

おわりに

これまでのシリーズに共通した圧倒的な恐怖が薄くなったことによって、シリーズに登場してきた人たちの知らない一面を純粋に楽しむことが出来ました。

特に『居酒屋脳髄談義』は展開が非常に面白く、稲川淳二さんの話を聞いているような、ちょっとしたユーモアも感じることが出来ました。

ファンであれば決して外せない一冊なので、ぜひじっくり堪能してください。

次の話はこちら。