エンタメ

『開かせていただき光栄です』あらすじとネタバレ感想!18世紀ロンドンで起こる不可解な事件

18世紀ロンドン。外科医ダニエルの解剖教室から、あるはずのない屍体が発見された。四肢を切断された少年と顔を潰された男性。増える屍体に戸惑うダニエルと弟子たちに、治安判事は捜査協力を要請する。だが背後には、詩人志望の少年の辿った稀覯本をめぐる恐るべき運命が…解剖学が先端科学であると同時に偏見にも晒された時代。そんな時代の落とし子たちがときに可笑しくも哀しい不可能犯罪に挑む。

「BOOK」データベースより

第12回本格ミステリ大賞を受賞した本書。

皆川さんらしい耽美でユーモア溢れる文章が素晴らしいことはもちろんですが、練り込まれた設定は重厚で幾重にも驚きが隠されていて、ミステリが好きでなくてものめり込むこと間違いなしです。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

タイトルの意味

本書の内容に入る前の、タイトルの意味について説明します。

タイトルは本書の登場人物・クランレスが口にした言葉がそのまま引用されています。

元々、『お目にかかれて光栄です(delighted to meet you)』という言葉があり、クランレスは『開かせていただき光栄です(dilated to meet you)』と言い換え、これから解剖する遺体に会釈しています。

皆川さんのユーモアな部分がよく表れている部分で、不謹慎ながらもクスッとしてしまいました。

スポンサーリンク



あらすじ

本書は過去と現在を行き来しながら物語が進行していきます。

入れ替わった死体

物語の舞台は十八世紀のロンドン。

外科医ダニエルの解剖教室には五人の弟子がいて、彼らは違法に手に入れた遺体の解剖を行おうとしていましたが、これが一連の事件のきっかけとなります。

治安判事の助手・アンとその助手が来訪したことで一同は一度遺体隠しますが、追及されて渋々取り出します。

しかし、出てきたのは四肢を断たれた少年の死体でした。

アンたちが帰った後、隠した遺体を今度こそ取り出そうとしましたが、次に出てきたのは顔面が打ち砕かれた男性の死体でした。

元の妊娠六か月の女性の遺体もあり、それは准男爵のご令嬢・エレインでした。

エレインは誰の子どもを妊娠し、どのように亡くなったのか。

他の二つの死体はどこから現れ、どのように亡くなったのか。

謎が増えていく中で、弟子のうち、エドワードとナイジェルには四肢を断たれた少年の死体に見覚えがありました。

物語は過去に遡ります。

詩人の少年

エドワードたちは、死体が偶然知り合った詩人の少年・ネイサンだといいます。

ネイサンは都会に出てきて、自分の詩が出版されることを夢見ていました。

彼は確かに才能に恵まれていて、出版をお願いする過程で出会ったエレインに恋をします。

ネイサンの目の前には輝かしい未来が広がっているはずでしたが、待っていたのは彼の純朴さを打ち砕く非情な現実でした。

偏見に満ちた当時の状況がうかがえ、正しさなど何の役にも立たないという無力さを感じさせるエピソードです。

絡まった真実

盲目の治安判事・ジョンはダニエルらに三体の遺体の解剖を頼み、そこからいくつもの真実を得ます。

それを元に捜査をすると、これまでに得た証言や物証が真実と食い違っていることに気が付きます。

そこには様々な人間の思惑があり、ジョンは丁寧に絡まった糸と解きほぐすようにして真実に近づいていきます。

何が本当のことで、何が嘘なのか。

読者は何度も翻弄され、最後に待っていたのは哀しい真相でした。

感想

時代の香りがする

僕は皆川さんの『倒立する塔の殺人』が好きで、そこには戦時中の情景が鮮やかに広がっていました。

それは本書も同様で、まるで十八世紀のロンドンに実際に立っているような錯覚を覚えました。

光景はもちろんことその時代特有の香りも感じられ、物語の強い世界観を持っていることで読書に没頭するのに時間はかかりませんでした。

ユーモアがあることで哀しさが増す

最初は横文字の名前で、しかも登場人物が多いということで、全員を把握できるか心配でした。

しかし一人一人がユーモアに溢れ、慣れてくると誰一人として欠けても物語が成り立たないのではと強く思うようになっていました。

それだけに中盤以降から真実が明らかになるにつれてその哀しさが増していくのが辛かったです。

辛いのは物語にしっかり感情移入できていた証拠なので、この感情の揺れ幅も本書の魅力の一つです。

ミステリだけでない魅力

本書は根幹にミステリがありますが、決してそれだけが魅力ではありません。

登場人物たちのやりとりのユーモアさはもちろんのこと、徹底的に調べたことで作ることの出来る作り込まれた世界観、皆川さん自らが作詞した解剖ソングなど、見どころ満載です。

皆川さんが書きたいという欲求を持って執筆にあたったのがうかがえる作品で、自信を持ってオススメすることが出来ます。

スポンサーリンク



おわりに

本格ミステリ大賞の受賞作で、舞台は十八世紀のロンドンということもあって、自分には難しいかもと構えてしまう人がいるかもしれません。

確かにとっつきやすい部類ではありません。

しかし、読み始めればあっという間にその世界に引きずり込んでくれること間違いなしです。

タイトルや表紙に心惹かれたという理由でも構いませんので、心のどこかに引っかかるという人はぜひ読んでみてください。

ちなみに続編もありますので、読んで気に入ったという方はさらにその世界観を楽しめます。