フルメタル・パニック

『フルメタル・パニック!悩んでられない八方塞がり?』あらすじとネタバレ感想!

神聖ラブーン王国最大の危機を救いし四人の勇者は、薔薇の花びら散る王宮の園に巡り合い、義兄弟の契りを交わした(ラブーン王国年代記)。闇の女王ヨーコ様の魔の手から麗しき乙女シアを救い出すため、勇者立つ!伝説の魔術師ザマ(風間信二)の下に集うは、姿なき野伏セガール(相良宗介)、一騎当千の僧兵バキ(椿一成)、そして可憐な女剣士トイレット・ペーパー(千鳥かなめ)!?いやまぁ。オンラインゲームなんですけどね…。陣代高校からネット世界に舞台を変えて、宗介&かなめが大暴れ!?リアルもバーチャルも手加減なしでバンバン逝きますっ!!「約束のバーチャル」他を収録の短編集。

「BOOK」データベースより

フルメタ短編集シリーズ第八弾です。

前の話はこちら。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

約束のバーチャル

宗介やかなめのクラスメイトである風間はドラゴン・オンラインというオンラインゲームにおいてザマの名前で知られていて、シアというユーザーに心惹かれていました。

ところが、そのシアが魔導士ヨーコに連れ去られてしまい、意気消沈してしまいます。

このゲームにおいて、自力で脱出するか誰かに助けてもらうまで、捕らわれたプレイヤーはゲームを楽しむことは出来ません。

そこで宗介やかなめ、椿は風間に協力して、シアを助けるために魔導士ヨーコに打倒に乗り出します。

影武者のショウビズ

吉良浩介は男性アイドルとして人気の絶頂にいましたが、あまりの忙しさに遊ぶ暇すらありません。

不満が爆発しようになっていたそんな時、たまたま映画の撮影現場に宗介が現れ、浩介は驚きます。

宗介は自分にそっくりだったのです。

浩介はある条件を出して宗介と入れ替わることにし、それぞれの日常に戻りますが、それが問題の発端となります。

対立のフェスティバル

文化祭の出し物で、かなめたちのクラスはコスプレ喫茶をすることにしますが、文化祭実行委員長である富田によって却下されてしまいます。

仕方なく喫茶店にしますが、富田のいるクラスの出し物は仮装喫茶でかなめたちのクラスと何ら変わりありません。

富田たちは昨年、かなめたちのクラスと出し物が被り、圧倒的なクオリティの差で敗北していて、今回の嫌がらせは復讐ということになります。

富田たちはあらゆる手でかなめたちのクラスの妨害をして、圧倒的優位に立ちます。

ところが、その優位な立場が揺らいだのは当日でした。

愛憎のフェスティバル

陣代高校の文化祭では毎年『ミス陣高』というイベントが催され、学校で一番の美少女が決まります。

かなめは最初出るつもりがありませんでしたが、仲の悪い東海林未亜の登場によって話が変わります。

彼女は球技大会の一件以降、努力を重ねて美しさを手に入れ、ミス陣高での戦いをかなめに挑みます。

もちろんかなめに応じる義理などありませんが、未亜と親しげに話す宗介を見て、気が変わります。

何が何でも優勝しようという意気込みに溢れ、こうして今年のミス陣高が幕を開けました。

スポンサーリンク




感想

今回はミスリル関係の話は一切なく、物語の範囲も基本的に学校と狭い範囲で展開されました。

それによって宗介とかなめの関係が分かるエピソードが多くなり、まさにボーイ・ミーツ・ガールというテイストを楽しむことが出来ました。

特に最後のエピソードにおける、宗介の最後の一言。

こんな気の利いた言葉が言えるようになるなんて、宗介も成長したなと思わされる一場面でした。

おわりに

ここまでコメディ中心に楽しませてくれた本シリーズですが、次作にて最終巻です。

寂しさもありますが、最後まで楽しみたいと思います。

次の話はこちら。

電子書籍をより楽しみたい人に『Kindle Paperwhite』をオススメしています。

『本は、聴く』を無料で体験しませんか?