小説

百田尚樹『永遠の0』あらすじとネタバレ感想!卑怯者といわれたゼロ戦パイロットの祖父の本当の姿とは?

日本軍敗色濃厚ななか、生への執着を臆面もなく口にし、仲間から「卑怯者」とさげすまれたゼロ戦パイロットがいた…。人生の目標を失いかけていた青年・佐伯健太郎とフリーライターの姉・慶子は、太平洋戦争で戦死した祖父・宮部久蔵のことを調べ始める。祖父の話は特攻で死んだこと以外何も残されていなかった。元戦友たちの証言から浮かび上がってきた宮部久蔵の姿は健太郎たちの予想もしないものだった。凄腕を持ちながら、同時に異常なまでに死を恐れ、生に執着する戦闘機乗り―それが祖父だった。「生きて帰る」という妻との約束にこだわり続けた男は、なぜ特攻を志願したのか?健太郎と慶子はついに六十年の長きにわたって封印されていた驚愕の事実にたどりつく。はるかなる時を超えて結実した過酷にして清冽なる愛の物語。

「BOOK」データベースより

百田尚樹さんのデビュー作であり、彼の作品の中でも特に有名な本書。

戦争という非常に重厚なテーマを掲げ、当時の様子を様々な文献から情報を得て掘り下げ、当時を知らない若い世代にもその恐ろしさを伝えてくれる。

もちろんただ恐ろしいだけでなく、その時代を生きた人たちの切なる願いもこれでもかと詰まっていて、戦争という忘れてはいけない出来事を語り継ぐ上で重要な一作になったと思います。

また、岡田准一らが出演した映画も素晴らしい出来で、『永遠の0』という作品に対して著者の百田さんだけでなく、多くの人が大事に思っていることが分かります。

本書に関する百田尚樹さんへのインタビューはこちら。

「臆病な零戦操縦士」に込めた思い 百田尚樹さんに聞く

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

祖父

物語の主人公の健太郎は祖父の影響で弁護士を目指すも、四年連続で司法試験に落ちて自信を失っていました。

そんな時、姉の慶子から祖母の最初の夫について調べてくれないかとお願いされます。

祖母は最初の夫を戦争で失っていて、健太郎たちの母親はその人と祖母との間に生まれた子どもでした。

母親は、ほとんど何も知らない本当の父親のことを知りたいと願い、慶子もその願いを叶えてあげたいと思っていました。

ところが慶子は本業であるライター業があるため専念するわけにはいかず、そこで白羽の矢が立ったのが暇をしている健太郎ということです。

健太郎ははじめ、乗り気ではありませんでした。

もう六十年も前のことであり、祖父と同じ部隊にいた人に聞いて回っても覚えていないか、亡くなっているはずだからです。

しかし、慶子の強い希望で断るに断れず、健太郎は報酬込みでお願いを引き受けることにします。

調査

健太郎は慶子にせっつかれるようにして厚生労働省に問い合わせ、祖父・宮部久蔵の経歴を入手します。

十五歳から二十六歳まで軍隊に所属し、神風特別攻撃隊員として戦死。

それ以外の情報はなく、あとは祖父の戦友たちから話を聞く以外に方法はありません。

健太郎は問い合わせていくつかの戦友会を教えてもらい、いよいよ本格的な調査が始まります。

本当の姿

健太郎は慶子と共に祖父の戦友に会いに行きますが、そこで聞かされたのは祖父の思わぬ姿でした。

宮部久蔵は海軍航空隊一の臆病者で、何よりも命を惜しむ男だった。

聞かされた健太郎と慶子は驚き、何かの間違いだと何度も聞きますが、その評価が覆ることはありません。

戦場は戦うところであるはずなのに、宮部はいつも戦場を逃げ回っていた。

具体的なエピソードを交えていかに臆病だったかを語られ、健太郎たちは信じられない気持ちです。

別の戦友は臆病者という点は否定しないものの、宮部が優秀なパイロットだと評価。

当然ですが、人によって宮部と過ごした時間が違うので、評価も違って当たり前です。

健太郎は根気強く様々な人から宮部の話を聞き、知識としてしか知らない戦争のこと、その時代を生きた宮部久蔵という人の一生に思いを馳せます。

やがて浮かび上がってきたのは、戦争を懸命に生き抜こうともがいていた一人の男の姿でした。

ゼロ

宮部久蔵という人の一生を追う中で、何度もゼロの話が出てきます。

これは太平洋戦争において、日本の戦闘機として世界にその名を轟かせた海軍零式戦闘機、いわゆる『零戦』のことを指します。

爆弾を抱えているとは思えない動きで相手戦闘機を翻弄し、乗っているのは人間ではなく悪魔ではないかと思われたほどです。

宮部の生きた時代の戦争を語る上でゼロは欠かせないもので、本書の重要なテーマの一つになっています。

スポンサーリンク




感想

時代を超えた思い

僕は戦争に関係する本や話題がどちらかというと苦手です。

ただ事実だけ羅列されてもイメージが湧かず、暗くて嫌な話だと敬遠しがちでした。

ところが、本書はそういった僕の偏ったイメージを払拭してくれました。

戦場を生きた一人の男性をテーマに掲げ、彼が本当はどのように生きたのかを、現代を生きる孫が調べるという構図です。

祖父を調べる中で当然戦争にも言及され、それぞれの人から見た戦争が語られます。

その説明がとても丁寧で、戦争を経験したことのない僕でも、目の前に当時の光景を浮かべられるほどでした。

この人間の思いが込められた丁寧な描写が本書の良さで、感情を持って読めるからこそ思うところが生まれ、ただ受け身で終わらない素晴らしい読書時間になったのだと思います。

異常な空間での人間

改めて戦争というものを一つずつ紐解いていくと、いかに異常で常識の通用しない時代だったのかを痛感させられます。

誰もが思い願ってもそれを口にすることは出来ず、国や愛する家族のために命を投げ捨てて戦わないといけない。

その観点からいえば宮部は確かに臆病者であり、彼の本心を知らない人からすれば蔑む対象であったのかもしれません。

しかし、蔑む人が悪いわけではなく、その人にもまた押し殺している本当の願いがあるはずです。

丁寧な描写の中でそういった思いが汲み取られてき、読者に少しずつ届けられます。

そうすることで戦争がリアルになり、血の通ったものであることが体験したことのない僕ら読者にも伝わるようになっています。

この感覚は他の作品では得難いものであり、これがあるからこそ本書は今でも名作として語り継がれているのだと納得することが出来ました。

おわりに

戦争についてほとんど何も知らない僕がそれについて口を挟めることはありません。

しかし、そういったことを抜きにしても本書を読んでほしいというのが嘘偽りのない本心です。

人の心を動かせる作品こそが時代を超えて語り継がれる名作であり、本書はまさに名作です。

おすすめ文庫小説もご紹介しています。

電子書籍をより楽しむために『Kindle Paperwhite』をオススメしています。

『本は、聴く』の『Audible(オーディブル)』を無料で体験してみませんか?