小説

『永遠の出口』あらすじとネタバレ感想!永遠に惹かれる少女を描いた青春小説

「私は、“永遠”という響きにめっぽう弱い子供だった。」誕生日会をめぐる小さな事件。黒魔女のように恐ろしい担任との闘い。ぐれかかった中学時代。バイト料で買った苺のケーキ。こてんぱんにくだけちった高校での初恋…。どこにでもいる普通の少女、紀子。小学三年から高校三年までの九年間を、七十年代、八十年代のエッセンスをちりばめて描いたベストセラー。第一回本屋大賞第四位作品。

「BOOK」データベースより

永遠。

子どもの頃を思い返してみると、自分もこの言葉に憧れていたように思います。

本書の主人公はこの永遠という言葉に滅法弱く、そんな彼女が歩んだ九年間が本書の中にぎゅっと詰まっています。

時代背景的に古さはありますが、彼女の中で揺れ動く心情は青春時代であればきっと誰もが感じるものです。

今青春時代を過ごしている人だけでなく、大人が自身の過去をなぞりながら読むにもオススメな一冊です。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

本をお得に読みたい人には『Kindle Unlimited』をオススメします。

小説のみならずビジネス書、マンガ、専門書など様々なジャンルの作品が200万冊以上読み放題

新規加入なら30日間の無料体験ができるので、無料期間中に退会すればお金は一切かかりません。

また期間限定で2か月1,960円→99円のお得なプランもあります。

なかなか手に取れない数千円、数万円するような本を読むのもアリ。

マンガであれば一か月で数十冊読めてしまうので、シリーズものも無料で読破できます。

気になる人はぜひ30日間無料体験でお試しください。

【公式サイト】Kindle Unlimited

あらすじ

永遠の響き

本書の主人公の紀子は、『永遠』という響きにめっぽう弱い少女です。

永遠に見ることができない。

永遠に食べることができない。

姉が意地悪にそう言うたびに紀子は取り返しのつかないことをしてしまったような不安に襲われ、歯を食いしばって耐えていました。

しかし、一生の中で自分の経験できることは人類全体から見ればほんの一部に過ぎず、永遠に経験できないことなんて山ほどあります。

紀子も当然、成長するにつれてそのことに気が付き、やがて永遠の出口にたどり着きます。

成長と諦め

紀子は小学校、中学校、高校と成長するごとに、現実の壁にぶち当たります。

大人の決めた息苦しいルール。

男の子との恋愛。

切りすぎた前髪のこと。

説明のできない、その時期にしかないとてつもないエネルギーに振り回され、紀子は様々な経験を通して成長します。

しかし、成長することは何かを諦めることでもあります。

子どもの頃は当たり前に訪れると思っていたあれこれが、自分にはできない。

あがいてもどうにもならない現実に打ちのめされ、それでも立ち上がって自分と向き合う。

決して晴れやかな青春時代を描いた作品ではありません。

それでいて本書には絶望のような暗さもまたなく、淡々と続く日常を懸命に生きる紀子の力強さが息づいています。

感想

身に覚えのある感情

紀子は学生時代によくいた、いわゆる目立つグループに所属する少女ではありません。

どちらかというと地味で、それでも自分を大きく見せようと嘘を重ね、自分でも望まない方向に進んでしまうことが多々あります。

僕はこの心情に大きな共感を抱きました。

できないけれども、馬鹿にされたくない。

だから反射的にできると嘘をつき、やがて嘘を繕いきれなくなってボロが出て、ますますみじめになる。

それでも嘘が止まらず、ボロボロになってようやく自分に相応しい場所を見つける。

青春小説にありがちな、輝かしい青春とは正反対です。

でも、これこそが多くの人が経験のある青春ではないでしょうか。

その点において本書はありがちな青春を徹底的に掘り下げて描いていて、ものすごいパワーを秘めています。

諦めは悪いことではない

人間、どうしても人から見た自分を意識して、不相応なものを何でも望んでしまいがちです。

それが手に入ったところで、それは一瞬の喜びでしかなく、すぐにガラクタに変わります。

だから他人からどう思われてもいいと諦め、開き直る。

人生を生きる上で、幸せに生きるための第一歩ではないかと僕は思います。

自分はどこまでいっても自分でしかなく、世間の求める自分を諦めることで、ようやく本当の自分と向き合うことができます。

本書の紀子は諦めを実践し、大人になって元気でいてくれることに、僕は大きな勇気をもらいました。

おわりに

子どもの頃に描いた大人と、自分が大人になった時のギャップ。

それをどう捉え、これからどう生きるのか。

本書は『永遠の出口』の先が決して暗いわけではないことを教えてくれます。

本をお得に読みたい人には『Kindle Unlimited』をオススメします。

小説のみならずビジネス書、マンガ、専門書など様々なジャンルの作品が200万冊以上読み放題

新規加入なら30日間の無料体験ができるので、無料期間中に退会すればお金は一切かかりません。

また期間限定で2か月1,960円→99円のお得なプランもあります。

なかなか手に取れない数千円、数万円するような本を読むのもアリ。

マンガであれば一か月で数十冊読めてしまうので、シリーズものも無料で読破できます。

気になる人はぜひ30日間無料体験でお試しください。

【公式サイト】Kindle Unlimited

関連記事はこちら。