ミステリー

『作家刑事毒島』あらすじとネタバレ感想!人気作家は刑事技能指導員

新人賞の選考に関わる編集者の刺殺死体が発見された。三人の作家志望者が容疑者に浮上するも捜査は難航。警視庁捜査一課の新人刑事・高千穂明日香の前に現れた助っ人は、人気ミステリ作家刑事技能指導員の毒島真理。冴え渡る推理と鋭い舌鋒で犯人を追い詰めていくが…。人間の業と出版業界の闇が暴かれる、痛快・ノンストップミステリ!

「BOOK」データベースより

中山七里さんの作品には魅力的なキャラクターが多く登場しますが、本書のメインである毒島真理もその一人です。

人気作家の傍ら捜査に協力しますが、嬉しそうに相手の痛いところを突き、不快になる相手を見て喜ぶ姿はぶっ飛んでいて、魅力的ですが敵にはしたくないと何度も思ってしまいました。

また犬養隼人シリーズの高千穂明日香が毒島とコンビを組むことになるので、中山ファンは必見です。

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

あらすじ

一 ワナビの心理試験

百目鬼二郎(どきめじろう)はとある小説新人賞の下読みを担当していましたが、ある日、死体となって発見されます。

事件の目撃者はいませんが、出版社には新人賞の応募者三人から百目鬼に対する抗議文が届いていて、警察はこの三人を容疑者として捜査を始めます。

刑事の高千穂明日香は聞き込みの段階で作家あるいはそれを目指す人がいかに魑魅魍魎めいているのかを知り辟易としますが、警察には強力な助っ人がいました。

それは元刑事で今は人気のミステリ作家。

そして兼業で刑事技能指導員もしている毒島真理でした。

明日香は早速毒島のもとを訪れますがこの毒島がかなりの曲者で、終始振り回されることになります。

しかし毒島は同時に優秀であり、鮮やかな手腕で事件を解決に導きます。

二 編集者は偏執者

班目彬は有能な編集者ですが、やり方に問題があり恨みを持つ相手も少なくありません。

そんな班目が殺害される事件が発生し、編集社には班目宛の抗議文が二通届いていました。

警察は抗議文を送った二人の作家を容疑者とみて捜査を始め、明日香は再び毒島と共に捜査を進めます。

三 賞を獲ってはみたものの

ミステリ作家の大御所として知られる桐原夢幻が殺害される事件が発生します。

桐原は業界の今後を考えた活動をしていましたが、とある賞の審査員としては厳しい一面もあり、受賞者からは恨みを買っている可能性がありました。

警察はその受賞者たちを容疑者として挙げ、明日香は例のごとく毒島と共に捜査します。

四 愛瀆者

人気作家の高森京平が殺害される事件が発生します。

殺害される前にはトークショーと抽選で選ばれた三人との懇親会に出席していましたが、この懇親会に参加した三人がどれも曲者揃いで、明らかに高森を殺害する動機を持っていました。

明日香は毒島に事情を説明した上で、一緒に捜査を開始します。

五 原作とドラマの間には深くて暗い川がある

毒島の作品がドラマ化されることが決定しますが、演出側の都合でいくつも改悪され、もめていました。

そんな中、テレビ局プロデューサーの曽根雅人が殺害される事件が発生。

今回は容疑者の一人として毒島も挙がっている今までにないケースですが、今回も毒島の推理がさえわたります。

スポンサーリンク




感想

止まることのない毒舌

本書の見どころは何といっても毒島の止まることを知らない毒舌です。

切れる頭で相手の性格、置かれている状況を瞬時に分析し、一番痛いところを容赦なく突く。

仕事としてやっているのであればまだ理解できますが、毒島は相手を困らせること、苛立たせることを喜んでいる節があり、はっきりいって変な人です。

味方としてこれ以上ない人材ですが、敵に回したらこれほど嫌な相手はいません。

一方で、人間らしさをのぞかせる部分も散見されていて、ただ自分の趣味のためだけに相手を虐げているわけではないことが分かります。

このバランスが取れているからこそ毒島が魅力的に映り、本書を面白くしています。

魑魅魍魎の世界

毒島は人気のミステリ作家も兼業していることもあり、彼が助っ人として駆り出されるのは決まって出版業界の事件あるいはそれに関係した事件です。

ミステリには様々な容疑者が登場しますが、本書の容疑者たちはその中でもかなり強烈です。

創作に並々ならぬ情熱を注いでいますが、純粋に創作に没頭する人は少なく、多くは挫折して性格がねじ曲がっています。

自分の作品を過大評価する者がいれば、評価する側の資質を批判する者もいるので、事情聴取する側は一苦労です。

それゆえにミステリとして他にはなかなかないユニークなものに仕上がっているので、創作が好きな人、興味がある人はより楽しめます。

ただ創作に打ち込む人にとって痛いところを突く描写も多くありますので、その点には注意が必要です。

中山ファンが特に入りやすい

本書はミステリとして比較的ライトで読みやすいですが、中山ファンであればさらに読みやすいです。

というのも、毒島とコンビを組むのは犬養隼人シリーズでお馴染みの高千穂明日香だからです。

いつもは犬養に対して生意気な口を利く明日香も、毒島相手だと彼の毒舌に絶句することも少なくなく、同情すら覚えてしまいました。

犬養とコンビを組んでいる時とは違った顔を見せてくれるので、犬養隼人シリーズを読んだ人にとって本書は外せません。

おわりに

ミステリとして上質なエンタメに仕上がっているだけでなく、出版業界特有の事情が垣間見える良作でした。

本書を読むと、中山七里さんが作家としていかに優れているのか、いかに努力しているのかが分かります。

このレベルの作品をコンスタントに発表できるのだから、改めて凄まじいポテンシャルだと感服しました。

おすすめミステリ小説のランキングを作りました。