小説

『ブロードキャスト』徹底ネタバレ解説!あらすじから結末まで!

スポンサーリンク

町田圭祐は中学時代、陸上部に所属し、駅伝で全国大会を目指していたが、3年生の最後の県大会、わずかの差で出場を逃してしまう。その後、陸上の強豪校、青海学院高校に入学した圭祐だったが、ある理由から陸上部に入ることを諦め、同じ中学出身の正也から誘われてなんとなく放送部に入部することに。陸上への未練を感じつつも、正也や同級生の咲楽、先輩女子たちの熱意に触れながら、その面白さに目覚めていく。目標はラジオドラマ部門で全国高校放送コンテストに参加することだったが、制作の方向性を巡って部内で対立が勃発してしまう。果たして圭祐は、新たな「夢」を見つけられるか―。

【「BOOK」データベースより】

デビュー十周年を迎え、湊さんが新たな挑戦を見せた青春小説です。

巷では『イヤミスの女王』と呼ばれ、かく言う僕も彼女のおすすめを紹介する記事では分かりやすいようその言葉を使っています。

しかし、全ての作品がイヤミスかというと、決してそんなことはなく、あくまでイヤミスは湊さんの強みの一つであり、魅力はその他にもたくさんあります。

この『ブロードキャスト』はその魅力を広く世間に知らしめたのではないでしょうか。

僕は読み始めて、ただの青春小説で終わったら嫌だなと不安を覚えましたが、気が付けば最後には湊さんに書いてもらえて本当に良かったと思えるようになりました。

部活という学生ならではの取り組みの中で、しっかりとメッセージを放っていく。

前向きな点では、この一つ前に出版した『未来』にも通じるものがありました。

ぜひ一度、色眼鏡を外していただき、先入観なしに本書を読んでもらえればと思います。

以下は、『君の膵臓をたべたい』、『また、同じ夢を見ていた』で有名な住野よるさんと湊さんの対談で、本書について言及されています。

https://kadobun.jp/talks/81/d14ae647

 

この記事では、そんな本書の魅力をあらすじや個人的な感想を交えながら書いていきたいと思います。

ネタバレになりますので、未読の方はご注意ください。

スポンサーリンク

挫折

物語の主人公は、陸上部に所属していた町田圭祐。

圭祐は小学校時代に大会で顔を合わせていた同級生の山岸良太に憧れていて、彼と同じ中学に入学すると、一緒に駅伝で全国を目指すことになります。

 

迎えた三年最後の大会。

良太はその前に怪我をしてしまい、治すもメンバーには選ばれませんでした。

結果、圭祐たちの学校は十八秒差で二位。

良太を出していればと、誰もが思いました。

しかし、良太は自分がメンバーから外された理由を知っていました。

二年の田中の父親が癌にかかっており、その父親を喜ばせるために田中が顧問の村岡に頼んだのだといいます。

もちろん事情は分かりますし、田中自身は自己ベストを大きく上回る走りを見せたため、頑張っていなかったわけではありません。

しかし、言わずとも圭祐も良太も納得していませんでした。

そこで良太は、推薦で県内有数のスポーツ強豪校である青海学院高等学校に進学し、改めて全国を目指すことを決意。

圭祐も一緒に行こうと誘われ、一般入試を受けることを決めます。

入試に無事に合格し、圭祐と良太は同じ夢を再び追うはずでした。

ところが中学卒業間際、圭祐は交通事故で足を負傷し、前のようには走れなくなっていました。

スポンサーリンク



新たな挑戦

失意の中、青海に入学した圭祐。

そんな彼に声を掛けてきたのは、同じ中学出身の宮本正也でした。

彼はあっという間に圭祐との距離を詰め、脚本家志望で、放送部に入部するために青海にきたことを明かします。

そして、前から圭祐の声が良いことに気が付いていて、彼を放送部に誘います。

俺の作るドラマには、おまえの声が必要なんだ。

所詮文化部だと軽んじる一方で、正也の熱意、何より自分が必要とされていることに喜びを感じます。

そして新入生オリエンテーションで放送部の部活紹介を聞き、青海の放送部が去年、JBK放送コンテストという大きな大会で全国に出場したことを知ります。

また良太は怪我のせいか、圭祐に対して遠慮しています。

 

圭祐は結局、見学してから決めると答え、正也と二人で部活中の放送室に向かいます。

そこで待っていたのは、三年生のアツコ、ヒカル、ジュリ、スズカ、部長のアカリでした。

五人は圭祐たちに対して、コンテストに応募するためのテレビドラマに出てほしいといきなり依頼。

二年生はテレビドキュメント作りで忙しいのだといい、二人は渋々ながらも了承します。

入部

二人はもらった脚本を読みます。

タイトルは『チェンジ』。

二人の女子が廊下でぶつかったことをきっかけに中身が入れ替わってしまい、外見が変わったことでこれまで気が付かなった自分の魅力に気が付いていき、最後は元に戻ってハッピーな高校生活を送るというもの。

本書中でもタイトルこそ出しませんが、去年の映画のパクリだと言及していて、一年ズレていますがおそらく『君の名は。』のことだと思います。

ありきたりな内容に辟易としつつも、やってみないことには偉そうに言えないと真面目に取り組む正也。

 

そして、本番を迎えます。

二人は緊張しながらも役をうまくこなし、正也はむしろ上級生にダメ出し。

しかし、彼女たちは悪びれる様子もありません。

むしろ顧問である秋山に責任転嫁し、去年まで顧問をしていて脚本を書いていた竹宮がいればと言い出す始末。

結局、その日は問題は解決せず、圭祐と正也は帰ることに。

翌日、二人の下駄箱にはアカリからの手紙が入っていて、昨日の謝罪、そしてヒカルの代役を探してほしいと無茶なお願いが書かれていました。

普通であれば簡単に見つかるわけがありませんが、正也には思いつく人物がいました。

それは正也のクラスメイトである久米咲楽で、圭祐と同じく、声が良いのだといいます。

昼休み、正也が声を掛けると、咲楽は声優で青海放送部のOBである小田祐輔に憧れていること、昨日放送部まで行ったのに怖くなって逃げ出したことを教えてくれます。

咲楽は代役を了承してくれ、放課後、三人は放送室に向かいます。

 

これで条件は満たしたはずですが、アカリの表情は晴れず、ヒカルはやっぱりやりたいと泣きだします。

しかし、正也はこうなることを予想していました。

アカリはあえて無茶なことを圭祐と正也に依頼し、部長の体裁だけを繕おうとしていたのです。

これにはアカリだけでなく三年生全員として謝罪し、結局、三人もドラマ制作を手伝うことになりました。

圭祐は活動を通じて、放送部の活動が自分の思っていたようなお遊びではないことを痛感し、面白さを見つけます。

まだまだ問題はありますが、三人は正式に放送部に入部届を提出するのでした。

スポンサーリンク



Jコン(JBK放送コンテスト)

正式に入部が決まり、二年生四人とも顔を合わせます。

女子が白井にミドリと本名が出てきますが、男子は圭祐がイメージで勝手にラグビー部先輩、シュウサイくんと心の中で名付けます。

白井は三年生たちの取り組みが不十分であることに不満を持っていて、正也が提案したことで、あと一か月でラジオドラマを制作することになりました。

スケジュール的にかなり無理はありますが、正也は三日で脚本を書き上げるといい、他の面々もテレビドラマを一か月で作り上げたことで自信をつけていました。

後に一年生三人で集まると、正也が実はすでに春休み中にJコンに合わせた脚本を書き上げていたことが判明。

二人は正也の脚本を見せてもらい、より良い作品にするべく意見を交わします。

家でも連絡がとれるよう無料でグループごとに通信できるアプリ『LAND』を使うことを正也が提案しますが、他の二人は使っていませんでした。

正也は中学の陸上部の同級生グループに誘われたくないことが理由でしたが、咲楽はそもそもスマホ自体を持っていませんでした。

彼女は中学生の時には持っていましたが、頑張っても同級生たちとのやり取りについていけず、やがてスマホを手にするだけで怖くなってしまって、何度も過呼吸を起こしてしまったのだといいます。

 

数日後、正也に呼ばれ、咲楽に内緒で放送室に向かう圭祐。

合流すると、向かった先は印刷室でした。

なんと正也は連休中に新しいアイディアを思いつき、本当に新しい脚本を書き上げたのです。

圭祐は半分読んだだけで、誰のために書いた作品なのかを理解します。

ここにいない、咲楽のためです。

 

二人は『ケンガイ』というタイトルがつけられたその脚本を印刷し、放送部みんなに見せます。

舞台はケンガイ、正式名称『電波防壁症候群』という謎の症状が問題となっている世界。

ケンガイに発症すると、その人物の半径一キロ以内が携帯電話の圏外になってしまい、国の施設に保護される決まりになっています。

主人公である圭司の友人・シゲルがこのケンガイに発症する中、妹の桃花が体調不良で学校を早退。

圭司は桃花が忘れていったスマホを見ますが、画面は彼女への悪口で埋め尽くされていました。

病院に行った結果、桃花は風邪と診断されますが、その夜、国の職員が家をたずね、桃花がケンガイに発症していることを一家に伝えます。

職員は、保護されずにケンガイだと周囲に気が付かれると、誹謗中傷を受け、迫害を受けるからと専用の施設で保護することを提案しますが、圭司は順序が逆だと主張。

桃花はひどい言葉を見たくなくて、スマホなんて使えなくなればいいと願ったからケンガイになったのではないかと。

桃花はそれに頷き、圭司や両親はこの家で彼女を守ることを決意。

その時、スマホが鳴り、いつの間にか圏外ではなくなっていました。

はじめてケンガイの治療法が発見され、圭司は施設にいるシゲルに手紙を書くことを決めます。

一人じゃないと、信じてもらえるその日まで。

 

脚本を読み終え、みんなから内容について様々な意見が出ます。

しかし、アカリは審査員の趣味に合わせるのではなく、自分たちの思ったことを自分たちの言葉で伝えるのが大切なのではと説明し、この内容で賞を目指すことになります。

本来参加する予定ではなかった二年生も協力してくれることになり、主役の圭司には圭祐が選ばれます。

一方、咲楽は面白かったと言いつつも走り去ってしまい、みんなに脚本を見せたことで逆に彼女を傷つけてしまったのではと心配になる二人。

それでも制作が動き出した以上、もう後戻りはできません。

せめて良い作品にしようと、二人は意気込みます。

 

制作は順調に進み、圭祐が満足感を得ている中、全校集会で良太が男子三〇〇〇メートル走で三位に入賞したことが発表されます。

信じられないことに、圭祐の胸中には黒い感情が渦巻いていました。

もし陸上部に入っていたら。

そう思わずにはいられませんでした。

『ケンガイ』で全国大会に行ければ、どんな達成感を得ることができるのだろうか。

そもそも達成感を得ることはできるのだろうかと、圭祐は不安になります。

結果

『ケンガイ』が完成し、迎えたJコンの地方予選当日。

青海はテレビドラマ、ラジオドラマ、テレビドキュメント、ラジオドキュメント、そしてアナウンス部門に参加します。

テレビドラマ部門の『チェンジ』だけは落選しますが、その他は無事決勝進出を決めます。

 

そして決勝大会。

圭祐は白井から渡された採点表に点数を書き込みながら、各校の作品を見ます。

 

そして迎えた結果発表。

ケンガイは十校中に二位につけ、見事全国大会への切符を手に入れるのでした。

他の部門は惜しくも敗退してしまいますが、これで東京に行ってさらに上を目指せることになります。

スポンサーリンク



本当の気持ち

全国大会への切符を手にするも、圭祐はモヤモヤしていました。

東京に行けるのは五人だけで、三年生五人は一番の功績者である正也を除け者にして自分たちで行くことを勝手に決めていたからです。

その話を全員のいる前でしたのは、白井でした。

三年生は何も言わないことでガマン大会に持ち込み、なんとしてもこの五人で行くことを譲ろうとしません。

咄嗟にドキュメント部門も通過してたら良かったのに、とアツコが口を滑らせてしまい、怒った白井がどこかに行ってしまいます。

二年生たちは後を追い、さすがに責任を感じたアカリが自分の枠を正也に譲ろうとします。

しかし、正也はこれを拒否。

自分の採点では『ケンガイ』は三位であり、コンテストの順位よりも大事なものがあるのではと感じていました。

結局、三年生五人で行くことになりましたが、後輩たちの糧にするためにも今後の役に立ちそうな情報をなるべく吸収し、報告することを約束。

新部長に白井が選ばれ、これから胸が膨らむはずなのに、圭祐はどこか他人事でした。

 

そんな時、圭祐は陸上部の顧問である原島から陸上部に勧誘されます。

圭祐はこれから手術を受け、成功すれば少しずつ走れるようになりますが、原島はなぜかそのことを知っていました。

原島は中学の陸上部の顧問・村岡の先輩で、そこから話を聞いたようです。

また、原島は自分と走り方の似ている圭祐に入学前から期待をしていて、改めて入部を勧めます。

信じられないと思う一方で、どちらが自分の居場所なのだろうと圭祐は悩みます。

また、問題はそれだけではありませんでした。

クラスで仕切り役の女子・木崎が、LANDをやっていない圭祐のことをやんわりと非難。

付き合いが悪く、みんなもよく思っていないと。

そこに咲楽は含まれてすらおらず、無視されていました。

圭祐は腹を立て、勇気を出して木崎と対峙します。

木崎は嘘泣きをしてクラスメイトの気を引こうとしますが、逆に嘘を指摘され、形勢は逆転。

そこで委員長が味方になってくれますが、彼女の兄はなんと、咲楽の好きな声優である小田祐輔でした。

こうしていじめはなくなりそうな気配ですが、一方で圭祐は余計なことをしてしまったのではと心配になります。

 

その後、三年生たちが東京に行く日が近づくと、正也が自分も東京に行くことを圭祐と咲楽に報告します。

彼はそのために苦手な数学で学年一位をとり、親の許可をとっていたのでした。

そして、正也が東京に行く当日。

圭祐は彼を見送りに行くと、同じ考えだった咲楽も合流。

咲楽は改めて『ケンガイ』が素晴らしかったことを正也に伝え、そして自分のことを庇ってくれた圭祐にもお礼を言います。

また咲楽は、正也から『ケンガイ』の結果を直接聞きたくて、スマホを購入していました。

正也はすぐに結果を報告することを二人に約束し、三人で写真を撮るのでした。

結末

夏休み最終日の夕方。

圭祐は学校を訪れると、良太を呼び出していました。

圭祐は手術を終え、少しずつ走れるようになっていたため、良太はまた一緒に走れるのだと思っていて、今日はその報告だと思っていました。

ところが、圭祐が始めたのは中学最後の大会で良太がメンバーから外された本当の理由に関する話でした。

 

圭祐は手術を受ける病院で田中と再会。

父親も一緒でしたが、初期の癌だったためすでに手術を受けて退院していました。

ここで圭祐は本当のことを確認しなければいけないと思い、退院してからまずは原島に会いに行きます。

なぜ中学最後の大会で村岡が良太をメンバーから外したのか聞くと、原島は簡単に答えてくれました。

良太が青海から推薦を受けるには、それが条件だったからです。

すでに怪我を経験していた良太をなるべく万全の状態で迎え入れるために、青海が条件をつけたのです。

本来であれば顧問の村岡がそのことを良太に確認するはずでしたが、村岡はあえてそれをしませんでした。

確認すれば、良太が怪我をおして大会に出ることが分かりきっていたからです。

 

その後、圭祐は村岡に会いに行き、さらに事情を聞きます。

これはインタビューだとして、圭祐は村岡の過去のことを聞きます。

村岡は大学時代、駅伝ランナーとして注目を集めましたが、二年生の時に膝を故障し、それでも無理して正月駅伝を走ります。

ところが、この無理がたたって選手生命を断たれ、激しい後悔に襲われました。

そんな思いを良太にはさせたくないと思い、村岡は田中の父親や良太の父親に相談。

田中の父親の癌を嘘の理由にして、良太をメンバーから外したのでした。

良太はこの話を聞き、自分がこの話を聞かされていたら、確かに無理してでも大会に出たことを認めます。

そして、大会に出て全国に行きたかったという未練があることを認めつつも、今もこうして陸上部で走れていることに喜びを感じていました。

 

ここまで話し終え、次は圭祐の番です。

しかし、陸上部に入るか、放送部を続けるか、手術を受ける前から決まっていました。

その決め手となったのが、正也からのJコン準決勝の結果報告です。

結局、『ケンガイ』は決勝には進めませんでした。

この時、はじめて圭祐は悔しさを味わい、それ以上に悔しさを感じているであろう正也のことを思いました。

すぐに電話をかけ、二人は声を荒らげて悔しさを言い合います。

これがきっかけとなり、圭祐は放送部を続けることを決めました。

正也から全国大会の熱気を教えられ、それを自分の肌で感じたいと思ったのです。

現代社会、伝える手段はたくさんあるのに、伝わっていない大切なことがありすぎるのだと。

しかし、少なくとも良太にはその大切なことが伝わっていました。

また彼は、ここに来た時には圭祐の答えを知っていました。

それは、圭祐が放送部で作った『SBC』とロゴの入ったポロシャツを着ていたからです。

圭祐はそのポロシャツを自慢し、思い切り胸を張るのでした。

最後に

青春小説の良さが全面的に出された中で、最後に投げかけられた言葉、それは全てのことに通じるとても大切なことだったと思います。

伝わっていない大切なことがありすぎる。

それを提示した上で、湊さんが今後、どんなことを僕たち読者に伝えてくれるのか、それが楽しみで仕方ありません。

created by Rinker
¥1,620
(2019/08/22 05:07:10時点 Amazon調べ-詳細)

湊さんのランキングを作りました。

湊かなえおすすめ文庫ベスト10!(2019年版)イヤミスの女王の傑作選! 湊かなえさんといえば、イヤミスの女王として一躍有名になり、数々の名作を生み出してきました。 イヤミスとは読後感が悪く、『イ...
スポンサーリンク

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です