MENU
小説

『52ヘルツのクジラたち』あらすじとネタバレ感想!誰にも聞こえない声をあげ続ける人たちの孤独と愛の物語

52ヘルツのクジラとは―他の鯨が聞き取れない高い周波数で鳴く、世界で一頭だけのクジラ。たくさんの仲間がいるはずなのに何も届かない、何も届けられない。そのため、世界で一番孤独だと言われている。自分の人生を家族に搾取されてきた女性・貴瑚と、母に虐待され「ムシ」と呼ばれていた少年。孤独ゆえ愛を欲し、裏切られてきた彼らが出会い、新たな魂の物語が生まれる―。

「BOOK」データベースより

本書は2020年4月に刊行されると多くの読者の支持を得て、2021年本屋大賞の大賞を受賞。

TBSテレビの王様のブランチでは『ブランチBOOK大賞』に選ばれ、普段本をあまり読まない人にも浸透したのではないかと思います。

ところが、僕が本書と出会ったのは発売から約一年が経過した頃のことで、書店で見かけた濃紺のカバー、タイトルに一目惚れして購入しました。

読んでみて、多くの読者から支持を得ている理由がすぐに分かりました。

愛情を与えられずに育った孤独な人、それを大きな愛で包んでくれる人など、本書には大きな悲しみと、それ以上に大きく温かな愛が詰まっていて、以前のように人とのコミュニケーションのとれないコロナ禍において孤独な心の大きな味方になってくれました。

本書に関する町田そのこさんへのインタビューはこちら。

「52ヘルツのクジラたち」町田そのこさんインタビュー 虐げられる人々の声なき声をすくう

この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。

核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。

タイトルの意味

内容に入る前に、本書のタイトルの意味について。

作中で主人公の貴瑚の口から説明されていますが、クジラは特定の周波数の声を出すことで仲間たちと意思疎通を図り、その高さは10から39ヘルツといわれています。

ところが、世界に一頭だけ52ヘルツという普通のクジラよりも高い声で歌うクジラがいて、彼の声は高過ぎてどのクジラにも届きません。

仲間に届かない声で歌い続ける52ヘルツのクジラは世界で一番孤独といわれていて、貴瑚は孤独に押しつぶされそうになるとMP3プレーヤーでその声を聞きます。

自分もかつて誰にも届かない52ヘルツの声をあげていて、それが誰かに届いた。

だからこのクジラの声も誰かにきっと届くと信じることで、心が少しだけ救われる。

不思議なタイトルには寂しさと優しさが込められていて、読めば読むほど本書にぴったりです。

スポンサーリンク




あらすじ

逃げてきた女性

主人公の三島貴瑚が東京から大分県の小さな海辺の町に越してくるところから本書は始まります。

越してきた家は元々貴湖の祖母が所有していたもので、今は貴湖が母親から譲り受けたものです。

いくら祖母の家とはいえ、なぜ東京からわざわざ田舎の不便な町に引っ越してきたのか。

貴瑚は働いておらず、お腹には包丁による刺し傷。

地元住民からはあらぬ噂が後を絶えませんが、それも頷けるほどミステリアスな女性に見えます。

あらゆる過去を捨て、ただ一人で静かに暮らしたいだけなのに。

読者にとっても貴瑚は謎多き人物であり、その過去が明かされるたびに驚き、一人でいたいと願う彼女の気持ちを理解できるようになっていきます。

出会い

ある日、貴瑚は雨宿りしていると、見知らぬ少年に出会います。

肩まで伸びた髪に、女の子を思わせる体の細さ。

貴瑚が声を掛けても少年はいなくなってしまいますが、後日再び会った時に貴湖が呼び止め、少年を家に招き入れます。

貴瑚ははじめて会った時に嫌な予感を覚えていましたが、それはすぐに的中しました。

少年はろっ骨が浮くほど痩せていて、体中あざだらけ。

虐待されているのは明らかでした。

おまけに、何が原因かは不明ですが、声を出すことが出来ません。

貴瑚は彼に昔の自分を重ね、助けるために一時的に保護します。

筆談でコミュニケーションを取りますが、少年は自分のことを『ムシ』と名乗り、人の名前として呼ぶには抵抗のあるものでした。

そこで貴瑚は、前述したクジラの話題から少年のことを『52』と呼ぶことにして、彼を孤独から助けるために行動を開始します。

過去と現在

貴瑚は様々な人から話を聞く中で、52の置かれた悲惨な現状を目の当たりにします。

そして、それと並行して今に至るまでの自分の過去を回想します。

かつて、貴瑚は誰にも届かない52ヘルツの声をあげていて、それを聞いてくれた人がいました。

だから今度は自分が、52の誰にも届かない声を聞いてあげるのだと心に誓います。

一人でいることを望んだはずの貴瑚ですが、東京から遠く離れた大分の土地でたくさんの人の手を借り、52と共に幸せになれる方法を考えます。

感想

魂の番を見つける物語

序盤では貴瑚の過去がある程度までしか明かされていないので、52を不幸のどん底から救い出してくれる頼もしい存在のように感じます。

ところが、中盤以降になってくると貴瑚もまた52と同じだけの、もしくはそれ以上の不幸と後悔に襲われていて、今もまだ立ち直れていないことが分かります。

52を保護しているように見えて、実は彼によって心の隙間を埋める貴瑚。

本書では、そんな二人の強い孤独と、魂の番を見つけて本来の自分を取り戻す姿が描かれています。

誰かに認められたい。愛されたい。

そう願っても届かない時に味わう、誰にも届かない孤独の悲しみ。

貴瑚や52ほど絶望に追いやられているという人は多くないと思いますが、それでも多くの人はその悲しみに覚えがあるのではないでしょうか。

それゆえに感情移入度が高まり、本書はやがて貴瑚や52に自分を重ねることになります。

自分だったら、どうしてほしかったのか。どうなりたいのか。

二人が答えを見つけた時、本書を読んだ人もまた幸せのきっかけを掴める。

そんな読書に寄り添う一冊だと思います。

思い出されるあの日の感動

僕は本書を読んだ時の感動に既視感があり、いつどこでその感動を味わったのだろうと記憶をたどってみると、小さな光が僕を照らし出しました。

あれは十年ほど前のことで、辻村深月さんの『凍りのくじら』を読んだ時の感動が本書の感動とリンクしたのです。

タイトルの『クジラ(くじら)』が一緒ということも多少はありますが、最大の共通点は孤独な人を包み込む温かい存在でした。

本書においては、52ヘルツという仲間のクジラに届かない声を誰かに届けと願いながら出し続けて、その声を聞いてくれる人を見つける。

『凍りのくじら』では、周囲との関係で自身の『不在』を感じる少女が作中のとある出来事によって救われる。

どちらにも他人には理解されない孤独があり、でもそれを受け入れてくれる大切な存在がありました。

十年経っても前と変わらない感動を味わえたことは言葉にできないほど嬉しいことで、本書の感動もまた十年後も胸の内に残ってくれるだろうと確信しました。

不幸のオンパレード

基本的に僕は本書を大絶賛していますが、多少気になる点もあります。

それは、中盤~後半にかけての不幸のオンパレードです。

貴湖や52の過去が壮絶であることはまだ良いとして、その他にも想像もしていなかった不幸がいくつも転がっていて、不幸が不幸を生み出す負の連鎖が出来ていました。

物語のメッセージを考えると、これくらい徹底的に描いた方が伝わるというのは理解できます。

しかし、どうしても途中で創作の匂いを感じてしまい、リアリティが薄まってしまったことは否めません。

事実、この点に対して否定的な意見もいくつか見られたので、賛否両論のポイントになるかもしれません。

一方で、そういった気になる点を踏まえても本書が人の心にメッセージを届けてくれる真っすぐで温かい作品に変わりはありませんので、表紙やタイトルに惹かれたという人はその感覚を信じてぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク




おわりに

本の衝動買いというのが年々減ってきている僕ですが、これは運命の出会いといっても差し支えがないほど衝撃的で感動的な一冊でした。

アイディアが出尽くしたと思えるこの時代でもこれだけの作品が生まれてくるのだから、本の未来はまだまだ明るい。

そんなことを素直に思えた読書でした。