ライトノベル

徹底ネタバレ解説!『昨日は彼女も恋してた』『明日も彼女は恋をする』あらすじから結末まで!

小さな離島に住む僕。車いすに乗る少女・マチ。僕とマチは不仲だ。いつからかそうなってしまった。そんな二人が、なぜか時空を超えた。はじめは二人はどこにいるのかわからなかった。島の景観なんて、十年やそこらじゃ変化しないから。『過去』に来たと分かったのは、向こうから自分の足で走ってくる、『小さいマチ』を見たからだ。僕は驚き、そして思いつく。やり直すことができると。ずっと後悔していたことを、この、過去という『現在』で。『明日も彼女は恋をする』との上下巻構成。

「BOOK」データベースより

『過去の改変』から戻ったわたしに待っていたのは、彼の消失だった。そして、もうひとつ。わたしの歩けなかった足が、元通りになっていた。わたしが歩き回る姿に、島の住人は誰も驚いていない。慣れきっている。そして、この世界の『現在』では、彼は九年前に死んでいた。その蔓延する常識が、わたしを苛み、蝕んでいく。わたしが歩ける毎日。それは彼が死んだ現代。決めた。わたしは必ず取り返す。わたしと彼がいた世界を。必ず。『昨日は彼女も恋してた』と上下巻構成。

「BOOK」データベースより

読み終えた方はすでに御存知かと思いますが、タイムトラベルに加えて叙述トリックが敷かれ、読み終えた後ですら混乱しているという方も少なくないはず。

そこで、なるべく分かりやすいように解説していきたいと思います。

当然のことですがネタバレになるので、未読の方はご注意ください。。

読んでもまだモヤモヤしているという方は、読み進めてください。

以後、『昨日は彼女も恋してた』を上巻、『明日も彼女は恋をする』を下巻とします。

※初めに状況を整理し、その後、解説に移るのでご了承ください。

登場人物

玻璃綾乃=僕=ヤガミカズヒコ

井上真理=マチ=鶯谷

裏袋美佳=わたし=みぃちゃん

林田近雄=ニア

物語は『僕』と『わたし』が交互になって語り手となって進行します。

『僕』は車椅子に乗っている少女をマチと呼び、『わたし』は一緒にいる少年をニアと呼ぶので、てっきりニアとマチが一緒にタイムトラベルしたように見えます。

しかし、実際は『僕』(綾乃)とマチ、『わたし』(裏袋)とニアがペアであり、もっと言えば時間軸もずれています。

『僕』が一回目のタイムトラベルであり、『わたし』は『僕』が現在に戻ってからの、つまり二回目のタイムトラベルということになります。

スポンサーリンク




タイムトラベルのルール

簡単にいうと、上書きではなく付け足しです。

・①(現在)から②(過去)にタイムトラベル。そこから現在に戻ると、①ではなく①’に行ってしまう。①’から過去に飛ぶと②’。戻ると①’’。つまり、過去に行くと、元の現在に戻ることはできない。過去で行動しても、現在を改変するわけではなく、新たな未来を生み出す。そこから過去に行けば、当然、また新しい未来が出来てしまう。

・過去に行く場合、現在の自分はそのまま過去に行ける。だから、過去の自分と二人存在することになる。

・未来に行くと、その時代の自分から今の自分に置き換わる。記憶も今のままなので、その時代、過去で何が起きたかは分からない。

分かりにくいですね。

例を挙げると、綾乃は松平Aに協力して過去にタイムトラベル。そこで出会った若かりし松平B。そこから現在に戻ると、待っているのは松平B。

だから姿は同じでも、綾乃と松平Bとの間には空白の九年間があります。

松平Bと過ごした綾乃は上書きされて、もういません。

マチも綾乃と一緒に戻りましたが、彼女は過去を変えたことで、海で溺死することになってしまったので、現在に彼女はいません。よって、上書きするものがなく、そのまま消滅してしまいました。

世界観

タイムトラベルによって、様々な世界が作られてしまったので、分かりやすくまとめました。

世界A(現在)

・綾乃とマチは、ここから過去に向かう。

・綾乃とマチは九年前の自転車レースの後で大ゲンカ。口をきかなくなる。

・本土で事故に遭い、マチは車椅子に乗っている。

・九年前、ニアが溺死したため、裏袋が自転車レースで怪我することもなく、普通に歩いている。

・タイムマシンは軽トラ。

世界B(過去)

・綾乃とマチが飛んだ先。

・祖母の畑にある大きな石をどけた→祖母は骨折せず、ぼけることはなくなった。

・昔の綾乃とマチのケンカを止めた。

・綾乃が溺れている昔のニアと助けた。

世界C(現在)

・綾乃とマチが戻った先。

・過去でニアを助けたことで、綾乃が世界Bから世界Cに行った二週間後、マチが溺死することに。

・代わりに自転車レースで裏袋にニアが追突し、裏袋は車椅子に乗ることに。

・世界Bで松平に宝くじの当たり番号を教えたことで、松平は大金を手にした。借金を返済し、タイムマシンもデロリアン似の外車に。

・裏袋とニアはここから過去に向かう。綾乃もトランクに隠れて一緒に向かう。

世界D(過去)

・綾乃たちが未来に戻る直前の世界。

・裏袋、ニア、綾乃が飛んだ先。

・嵐の夜、昔のマチとニアが乗った船が転覆。マチは助けたが、ニアはそのまま溺死。

・綾乃は二度とマチが死なないよう、ヤガミカズヒコとしてこの時代に残る。

世界E(現在)

・裏袋、ニアが戻った先。しかし、ニアは溺死しているので、上書きする自分がなく消滅。

・ニアと自転車レースに出ることがなくなったため、裏袋の足は元通り。

・マチは無事に成長し、綾乃と仲良くしている。

・松平はこれ以上、タイムマシンで問題を起こさないよう、転覆の翌年、島を出て行った→研究所はなく、タイムマシンも存在しない。

・この時代の綾乃以外に、九年間過ごしたヤガミカズヒコがいる。

これを語り手の視点に合わせると、

上巻)僕  :世界A世界B世界C

わたし:世界C世界D世界E

下巻)僕  :世界C世界D世界E(Dの未来がE)

わたし:世界E

マチを助ければ、ニアは死んで、裏袋の足は治り。

ニアを助ければ、マチは死んで、裏袋は車椅子に乗ることになります。

どっちもは成り立たないことは、彼らの行動によって証明されています。

状況が整理できたところで、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク




叙述トリックに気が付くポイント

一見、『僕』と『わたし』は相対しているように見えますが、実は別々の組み合わせだということに気が付くためのヒントが、多く隠されています。

① 松平からの電話の順番

上巻p.21

『僕』は松平から研究所に来るよう言われ、マチも来ると知らされます。つまり、松平はマチ→『僕』の順番に電話をかけています。

ところが、p.31で、『わたし』は松平から研究所に来るよう言われた際に、ニアが来ることも知らされます。つまり、松平はニア→『わたし』の順番に電話をかけています。

ここで矛盾が発生し、おのずと『僕』と『わたし』は別々の組み合わせであることが分かります。

② 車の構造

上巻p.43

『わたし』は後部座席で物音がするのを聞き取ります。また、車椅子もここに入れてあります。しかし、軽トラに後部座席はなく、荷台があるだけです。

その証拠に、上巻p.54、荷台から車椅子を取り出していて、別の車であることが示唆されています。

しかし、『わたし』が車に興味がなく、タイヤが四つついていれば全て同じに見えるという前提のせいで、巧妙にカモフラージュされています。

スポンサーリンク




③ 停戦協定

上巻p.70

元の時代に戻るまで無視は止めようと、提案する『僕』に、マチは同意します。

ところが、p.100にて、ニアは『わたし』が返答したことに驚いています。

確かに必要なこと以外は話さないとマチは言いましたが、それにしてもこの反応はちょっと過剰だと感じました。

これが決めてにはなりませんが、違和感としては十分でしょう。

④ 裏袋登場

上巻p.181

ここでようやく裏袋という名前が初登場します。同級生ということもあり、叙述トリックに気が付けるとしたら、おそらくこれ以降でしょう。

⑤車の修理

上巻p.176

松平は修理そっちのけで、ルービックキューブ型の時計の色を揃えて『わたし』を呆れさせます。

しかし、p.201にて、車内に劇的な変化はないと『ぼく』は言っています。

確かに分かりにくいかもしれませんが、わざわざ言及しているあたりが、ヒントを匂わせているような気がしてなりません。

時間のずれに気が付くポイント

上巻において、前述の通り、『僕』と『わたし』のタイムトラベルには時間差があり、それに気が付くためのヒントが、実は散りばめられています。

と言っても、下巻を読まない限り、まず気が付きません。

① 自転車

上巻p.15

『わたし』は自転車に乗った綾乃とすれ違っていますが、p.18にて、自転車に乗ってくれば良かったと『僕』は後悔しています。

つまり、『わたし』とすれ違った綾乃と『僕』では時間にずれがあることが分かります。

② 『わたし』以外に車椅子に乗る人がいる

上巻p.37

松平と『わたし』は、過去に車椅子に乗っていた人を知っていて、これはマチのことです。綾乃とマチが過去に行ったことで、松平は車椅子を考慮したトイレを作ったのかもしれません。

③ 賽銭箱の百円玉

上巻p.140

『わたし』が入れる前に、賽銭箱にはすでに百円玉が一枚入っています。

勘の良い人は怪しいと感じるかもしれません。

その通りで、これは下巻p.107にいて、『僕』が松平からもらった百円玉です。

④ ニアの母親

上巻p.147

『わたし』がニアの母親に追い抜かれるシーンがありますが、なぜ急にニアの母親が?

これも下巻に答えがあり、『僕』に会わせるためにニアを探しているのです。

上巻の時点で答えは出ませんが、突然の登場に違和感を感じた人もいるかもしれません。

スポンサーリンク




残る謎

下巻『D.S』にて、裏袋と見知らぬ老婆が連れ添っています。

綾乃は裏袋にあんな家族がいたか? と疑問に思い、最後まで正体は明かされません。

しかし、老婆はおそらく未来からきた裏袋でしょう。

彼女は物語ラストで次元転移装置(仮)のメモを見つけたので、それを何十年もかけて解き明かし、タイムマシンを自分で組み立てたのです。

そして、その技術を現在の裏袋に教えにきたのでしょう。

ニアを取り戻すために。

もし、裏袋によって過去に介入されているのであれば、またどこかでマチが死んでしまうかもしれません。

綾乃はそれを恐れ、そうなったら、再び松平とタイムトラベルすることを決意しています。

しかし、ここで疑問が。

仮に裏袋が過去に介入して、ニアを救ってマチを殺したとしても、そこから新しい未来が生まれるだけで、今のヤガミカズヒコやマチには影響がないはずでは?

であれば、どちらも納得した世界を得ることが出来るはず。

うーん、よくわかりません。

おわりに

自分の頭の整理も兼ねて書きましたが、まだ疑問に感じる点もあります。

もし新しい事実、間違いなどに気が付いた方がいれば、コメントをいただけると幸いです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。